冬の蟹まつり

週末に日本からお客さんが来てたので、蟹買いに。

1217_01.jpg

上海蟹のシーズンは9月くらいから年明けまで。
9月中はメスの時期で、サイズは3.5两(175g)前後。
12月になるとオスもメスもすごく大きくなって、
オスは6两(300g)なんてのも出てきます。

1217_02.jpg

いつもの魚屋さん。6公と書いてあるのは「オス300g」という意味。
さすがに高くて1匹68元(1,300円くらい)だって。
この魚屋さんはウシガエルも売っている。
このとき唐揚げにしました。

1217_04.jpg

これはスッポン。いまシーズンだし、まる鍋やりたいなあと思うんだけど
いつもこの魚屋に来ると蟹を買ってしまう。

1217_05.jpg

はい蒸せました。

1217_07.jpg

蟹をめぐる攻防戦である。

1217_06.jpg

オスは白子みっちりで美味しい。
メス派とオス派の人がいますが、自分はだんぜんオス派なので
オス2匹で買います。お客さんはオスメス1匹ずつ。
メスは白子のかわりに卵が入っております。

1217_08.jpg

けろも参戦。

1217_10.jpg

真剣すぎて変な顔になる、けろ。

1217_11.jpg

はむぅ。

1217_12.jpg

ぽんはより目になる。
冬の蟹まつりでした。

先週近所の公園にいったら、このときのニュースの黒鳥を発見!

1217_13.jpg

よかったねえ、お前は食べられなくて…。
っていうかまずそうでしょう、これは。
しかしすごい人懐っこい。

1217_14.jpg

これは…たしかにすぐ捕まえられそう。

公園にはロケ撮影で行ったのですが、すごく寒い日で凍えそうになりました。
今年は寒くなるのが早いなあ。
あともう少しで年末休みなのでがんばろー。
 

こたつに関しますご提案

1214_01.jpg

買っちゃったよー。上海3回目の冬にして。
いま買うのだったら、1年目から買ってしまえばよかった…。
ぬくぬくすぎぃ!
うちのこたつにつられて、中国人の後輩女子もこたつを買っていた↓



こたつ知ってるの〜?と聞いたところ
「ちびまる子ちゃんに出てくるから知っている」
なるほど!!!
彼女はすごいかわいいラグドールと、グレースコを飼っているのでした。
血筋正しい〜。

1214_02.jpg

薄々予想してましたが、やはりこうなった。
猫に占領されるの図。

1214_03.jpg

え、えーと、その席は人間の席なんですが〜

1214_06.jpg

もちろんこの人も

1214_07.jpg

夜にこたつでご飯食べてぼーっとしてると、もれなく沈没します。
下手な睡眠薬よりよく効くのでは。
猫犬にも効くのがすごい。

1214_04.jpg

こたつエリアにおける覇権争い。

1214_05.jpg

勝ったもよう。

1214_08.jpg

敗れたもよう。

これが2月とかになると、こたつ布団が毛だらけで
にっちもさっちもいかなくなるんだよなー。早くも頭痛い。
3月になると換毛期でさらにひどいことになるし。
でもこたつ欲しい。

1214_09.jpg

寒くなってきたから、白菜漬け。大根と人参も入ってる。
柚子は1シーズン前に皮を冷凍しといたやつ。

1214_10.jpg

おいなりさん大量生産したりとか。
師走なりに忙しいなー。
毎年年末から、春節明けくらいまでに仕事のピークが来るので、
予算消化とかがそこらへんにかかってるのかもですね。

そういえば、昔は広告は印刷媒体が多かったので、
「年末進行」「GW進行」「お盆進行」やらに苦しめられました。
ここ数年はめっきり聞かなくなりました。
新聞や雑誌から、デジタル媒体に移ったからでしょうね〜。

中国はその変わり春節前後は
社会全体ががっつり休みモードになります。
春節をはさんだ1ヶ月くらいは、大体誰かが休んでるので
仕事が動かなかったりする。
みんなで休めば怖くない!状態で、ちょっと面白いのでした。


 

北京行ってきた

1203_01.jpg

木曜日から出張で北京行ってました。
天気予報で見てはいたけど、夜になると氷点下で寒い!-6度とか。
日中は3度くらいなので、そこまで寒くはなかったです。

1203_02.jpg

なにより建物の中がどこもあったかくて…というより、暑すぎる!
仕事中はTシャツでした。でかいスタジオ中が床暖でほかほかだった。
冬の北海道ってこんな感じなんだろか。

1203_04.jpg

夜はヤンジンビール。北京といえば燕京啤酒。

1203_05.jpg

同じく名物のジャージャン麺。っぽく発音すると、ヅァージャンミエン。
ここの店のはひら打ちの縮れ麺で、味噌(炸酱)も素朴な味で美味しかった。

1203_06.jpg

北京はじめての人がいたので、大衆点評(中国の食べログ)の
北京ダック特集で1位のお店へ。まずいわけがない。美味しい。
だいたい人気店はどこも同じような味なので、どこで食べても良いような…

90年代初頭に北京で食べたダックは
もっと薄餅や味噌が素朴だった記憶があります。
全聚徳の味が近いかな。

1203_03.jpg

お昼に食べた四川料理。これが安うまかったー。
上海で食べるのは上海風四川料理、ここは北京なので北京風四川料理。
両方とも四川の四川料理とは違うんだけど、
個人的に「北京風四川料理」はかなりツボでした。
「上海風四川料理」はイマイチなんだよなー。
北京は上海より食事が安いので、
「この味でこの低価格!」という喜びもあります。

仕事も無事終わり、今朝の早い便で上海に帰ってきました。
上海あったけ〜。

1203_15.jpg

木に葉っぱついてるし。
うちのマンションの前の通りです。ナンキンハゼがきれい。
北京と上海は同じ大都市でも、街並や文化が全く違うので面白い。
広州やウイグルや雲南、内モンゴルとか、
中国はあまりに風土も文化も多彩すぎて、
ひとつの国という感じがしないのである。

1203_13.jpg

3日間留守にしていたので、むっすーとしている、ぽん。
ペットシッターさんに沢山遊んでもらったくせに…。

1203_12.jpg

「お詫びのしるしにカリカリ大盛りよこせー!」

1203_11.jpg

よこしません。というか、ルスモの上から降りなさい!

1203_09.jpg

ぬくぬくと眠る母親。

1203_10.jpg

起こしたら不機嫌に。
せっかく毛だらけの毛布を洗濯して干したのに、また上で寝られてしまい元の木阿弥。

1203_14.jpg

まるぞうは明日帰ってくるので、人間も猫ものんびりしている。
まるぞうがいないと静かだなー…。
そんな週末でした。
 

     



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif