懐メロ

1231_01.png
1231_02.png
1231_03.png

26日から昨日まで日本に帰ってました。
新橋から野毛で連日飲みまくり、風邪がちっとも治らん。
最高日は野毛で6軒はしご酒でした。

1231_04.jpg

2017年最後につくったのは、まる用かぼちゃクッキー。

1231_05.jpg

砂糖が入ってないクッキーなんだけど、まるにあげたら
「イマイチやな〜」って顔して食いやがった。
まあ、たべっこどうぶつとか、うなぎパイを
一口だけ嗜まれるまるぞうさんにしましたら、
バターも砂糖も入っておらず、イマイチかもしれませんけど!

昨日の帰り道で、横浜そごうの地下食品街寄ってきた〜
骨と犬の型は富澤商店で買いました。
あとは正月用の魚とか肴とかも。
年越しそばは鰊そばです。

ではよいお年を〜
 

すっぽん

1224_18.jpg
 

ずっと食べたかったすっぽん、とうとう買ってきたやでー。
いままで一回もすっぽん食べたことなかったので、食べてみたかったのです。
やっほー、人生初すっぽん!
以下、すっぽんを捌く写真がありますので、苦手な方はそっとじ推奨。
 

1224_01.jpg

いつもの市場の、いつもの魚屋さん。笑顔ですっぽんを計量する兄さん。
ちなみにすげえ高かった。
1斤(500g)あたり180元(3,060円)のすっぽん。640gということは…
3,900円である!たっか!上海蟹より全然高い。
ほかに安いすっぽんがいて、そっちは1斤120元。2/3の値段である。
そっちにしよっかな〜と思ってたら、兄さんが高い方激押しで
「こっちが一番美味しいよ!5〜6年ものだよ!」とのことでした。
 

1224_02.jpg

にこにことキッチンばさみですっぽんを捌いて行く兄さん。
日本の捌き方とちょっと違って、まず首締めて、甲羅側と腹側を分けて、
モツを全部出しちゃいます。であとはひたすら内臓についた黄色い脂肪を
ちょきちょきと取り除いていく。鶏の脂肪みたいなもんですかねえ。

捌いてる最中に「お湯するか?」と聞かれるので「するする」と答える。

1224_03.jpg

内臓が全部きれいになったところで、お姉さんが召還されて、沸騰したお湯をじゃばじゃばと。
日本の捌き方と同じですな。

1224_04.jpg

お湯をかけたら、甲羅やお腹、手足の表面の薄皮をむいてきます。
初心者には嬉しいこの丁寧さ。この魚屋さんは蟹買ったときでも
しっかり洗ってくれたり、仕事が良いのだった。
のど元に溜まった血なんかも全部きれいにしてくれる。

1224_05.jpg

お湯を捨てて、きれいな水でもう一度すすぎ、最後に手足の爪や、鼻先をおとして、おしまい。
わー!あとは料理するだけじゃん!
八百屋さんで、白くてむちむちのネギと、芹、哇哇菜(小型白菜)を買ってかえる。

1224_06.jpg

さて…と。
これを切り分けにゃならんのだが

1224_07.jpg

とりあえず、キッチンばさみと小出刃でなんとかなるやろー。
蛙のときもなんとかなったし。

1224_08.jpg

おりゃー。なんとかなった。
甲羅のまわり、えんぺらの部分は柔らかいので、はさみでちょきちょきと。
軟骨でつながってるところも、はさみや出刃で切れました。

1224_09.jpg

じゃあ、足2本は、美味しいと噂の、唐揚げで!
塩振って、胡椒して。

1224_11.jpg

片栗粉〜。

1224_12.jpg

初めての食材なので、塩加減や油の温度は、鶏の唐揚げな感じでやってみました。

1224_13.jpg

で き た や で !
これは…くせがなくて、いい香り。

1224_14.jpg

ビール召還してしまいました!
いっただっきまーす!(台所で立って食べております)
はむっ かりっ じゅわわ〜

な、 な、 なんじゃこりゃ〜〜〜!

味つけ、塩だけなのに、めっちゃ旨味が強い!
「なにこれなにこれなにこれなにこれ」とつぶやきながら、
ビールとともに2足とも完食。
ふぐの唐揚げより旨いかも…。

脳天にがつんとくる旨味の強さで、
もちろん素材由来なので嫌らしくなく、
しかも全く臭みがない。最強の素材なのでは。
火を通してもぱさぱさにならずにジューシーな肉質、
旨味を包みこむコラーゲンのぷりぷりさ。
脳内に栗田さんが光臨しそうである。



唐揚げをつくる隙に、火を通してた鍋の方も見てみましょう。

1224_15.jpg

水たっぷり、昆布ちょっとに、日本酒としょうが。あとすっぽん(甲羅、骨含む)。
アクが出てくるのでこまめにとって、15分程煮込みました。
塩少々と、醤油ひとたらしして、味見したらば。
なんじゃこりゃー!(本日2度目)

すんげー濃厚な旨味かつ、臭みがない出汁なので、
このままスープとして飲んでしまいたいほどである。
塩だけとは思えない。短時間で煮出したとは思えない。
神様を絞って出汁じるとったらこんな味なんじゃないか。
あ、そういやベトナムのホアンキエム湖の神様はスッポンですね!
なんとなく理解できます!
旨味が強くて、しかもコラーゲンが含まれてるせいで、
口の中に旨味がまとわりついて離れない。
すっぽん…恐ろしい子!!

1224_17.jpg

野菜はシンプルに、ネギと白菜、芹で。

1224_19.jpg

できたよん。つやつやした部分は、ぷりぷりのえんぺらです。
う、うめー。肉も旨いけど、やっぱりこのスープが本当に美味しい。
ふぐちり抜いたかも。本場のまる鍋食べに行ってみたい。
堪能しました。

杉浦日向子の名作「百日紅」のなかで、
北斎と愛人がすっぽん鍋を食べる話があるのですが、
たしかにちょっと残酷で、官能的な旨さがあるものだ、、と思います。
こんな食べものがあるんですねー。ほえー。

  

ところで話が飛ぶのですが、先日、
スーパーの葉もの野菜コーナーで

1224_21.jpg

こ、これは

1224_22.jpg

野蒜ノビルやんけーーー!!漢字もそのまんまだし。

中国でノビル生えるのね、と驚いたんだけど、
スーパーで売ってるのか。
と思って調べたら、中国、朝鮮半島、日本で
古くから食べられている野草なのだそうで!
古事記や万葉集にもノビルが出てきたり、
もちろん韓国でも普通に食べる食材だそうです。

薺や蓬、零余子、野蒜と、日本古来の野草だと思ってたのですが、
意外と大陸と共通なものが沢山あり、面白いな〜と思う日々です。
 


山の犬

1220_14.jpg

東京が寒い12月だそうですが、上海も今年はすごい寒いです。
日曜日、遠足行ってきた。

1220_02.jpg

公園もすっかり冬で、日中10度に達していないせいか、人もまばら。犬もいない。

1220_04.jpg

まるぞうに服を着せてみた。いただきもののフリースの服です。胴長のまるぞうでも、ぴったり!
ありがとうございます〜。

1220_05.jpg

で、ふと下を見てみたら、ノビルじゃないの〜

1220_06.jpg

ざっくざくやでえ!3月までお預けな。
いや、公園だから採っちゃだめか。
いやいや、公園のなかに畑あるし…。
いやいやいや、黒鳥穫ってる人がいるくらいだし!(混乱)

1220_07.jpg

あ、ヨモギ。
!ピコーン!
ここでヨモギ摘んで、家のゴパンで餅つけば、ヨモギモチできるんじゃねえ?
はあはあ。

一体全体、上海まで来て何をやっているのか。

1220_08.jpg

まるぞうが大好きな、山の裏の獣道へ。
本当〜に面白いらしく、蔓をくぐったり、枝を飛び越えたり、狐のようにはしゃぐ。

1220_09.jpg

まるはこの後空き地で、柴を束ねた小山にずっぽりハマってしまい
「わわわわわ!」となっていた。
自力で脱出し「あっぶね〜!」とぴょんぴょん跳ねて盛り上がっていた。
服にはヌスビトハギがみっしりついていて、あとで取るのに難儀した…。

1220_10.jpg

そうそう、前回見たツタ植物、同定したかったのでもう一度写真撮ってきた。
なんだー、葉っぱの形は山芋の仲間とちがうじゃんー。

山芋だったら掘るかっつーと、掘らないですが。
ここ平地だし、他の草木の根っこが張り巡らされてるので、
掘る場所としては相当コスパ悪い。

1220_11.jpg

山道から下りてきたところ。
実はこの山はバリアフリーのエスカレーターも完備されている(写真後ろ)。
遊歩道が張り巡らされてるので、好きに歩けるので、まるは楽しいみたい。

1220_12.jpg

山道に小一時間ほどいたのに、まるはこのあと回れ右をして、
「もう一回山道いこう!」と未練たらたらでした。
そんなに山が好きなのか。山犬だなー。

1220_13.jpg

夕暮れ時で、じっとしてると寒いので、さらにダウンを着せた。
こちらもいただいたものです…。まるぞう、飼主より良い服持ってるな。

1220_01.jpg

かなり寒かったけど、まるぞうはご機嫌な遠足でした。
まってろよ、よもぎ餅〜
 

     



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif