ガングロ弁

今日の敗因は、グリルの火加減が強すぎたこと…。



これじゃあ、のどグロじゃなくて、がんグロじゃないかよーっ



こげっ。
のどグロの干物以外は、昨夜のおかずのスライドです。
若竹煮(うど入り)と、たけのこ五目ご飯。



小丸は、白和え。
春菊、絹さや、人参、たけのこ、しめじ、油揚げ、こんにゃく。
和え衣はミルサーを使って作ったのであっという間。

   

ミルサーは、一人暮らし始めたばかりのときに
近所の安売り店で1980円で買ったもの。
カップ型のやつ。
これは買って良かった!と思う調理家電です。


迷いの日曜

なんだか、また寒くなってきたぞ。

今日は、どこにでかけようか迷ったあげく、
どこにも行かなかった。
IKEAに暇つぶしに行くとか、近所のスーパー巡りをするとか、
銀座のcanon行くかとか、迷ってるうちに、夜になった。

あったかい部屋で、
コーヒー牛乳を飲みながら
料理の下ごしらえをしつつ、
どこに出かけようか考えるのはとても楽しい。

出かけるより、楽しい気が。(うしろむき)

- - - - 

たけのこ茹でたり、白和えの衣つくったり。


和食は材料を使い回せるのが良いねえ。
一人暮らしだと、材料が余ってしまうので。

たけのこは、若竹煮、白和え、たけのこご飯に。
白和えの具(にんじん、こんにゃく、油揚げ)は、たけのこご飯に。
わかめとうどは、若竹煮と、ぬたに。



たけのこ五目ご飯。たけのこ、しめじ、にんじん、油揚げ、こんにゃく。
白和えと同じ下ごしらえで、下味をつけて煮てあります。

なんだかばあちゃん家みたいな献立だなあ。
食事を節制してないときは、
豚ロースとか、鶏モモとか、がつがつこってりをメインで
作ってたんだけど、今はお休み中。

   


↓ 心の栄養 (^^;



カボチャ入りパンケーキ。イーストのレシピ。
上に乗っかってるものは、見なかったことで。



市場

取材時の写真の現像が終わらない…。

ついでなので、市場の様子でも。



大きなスーパーマーケットの裏側に、昔ながらのマーケット。



ゴーヤが、日本のと比べて、青臭さが少なくておいしかったです。
このトマトうまそうだなあ。ゴーヤの手前は瓜。



香草類を束ねたもの。ベトナム料理には、
添えるための葉っぱがよくついてきます。
(フォーに山盛り入れたり、ライスペーパーで魚やらと包んだり、
日本の紫蘇とかみょうがとか大根おろし、以上によく登場する)



有名なのはコリアンダーだけど、それ以外にも何種類も混ざってて、
何ともいえずおいしいものです。さっぱりするし。
上は、タデやドクダミ、ミントなんかも混ざってます。
紫蘇もよく見かけました。



八百屋でうらやましいのは、この小茄子。
これが日本にあったら…



小茄子はよく漬け物にしてるのを見ました。
白い小茄子を柴漬けのような風味で発酵させたものとか、
この漬け物屋さんは、多分塩辛系のタレと、唐辛子で漬けてると思います。
日本の漬け物とそっくりで、かもされた良いにおい。



小茄子の漬け物は、スープをかけたご飯と一緒に食べるのが現地式。
小茄子に塩辛をちょっとつけて、汁かけ飯と一緒にかっこみます。
なんというか、青森とか岩手とかにありそうな味。



魚屋さん。
あ、しらす。お、ホタルイカ。



青いのは、上にブルーシートのテント張ってあるから。
しらすとザルだけ切り取ると、完璧、日本。
スルメも食べるしねえ。



アフラック〜 (;_;)
食べられても保険はきくのかな。


- - -

東南アジアの中で、ベトナムの料理は
日本に似てる点がたくさんあり面白いです。

味の構成(魚系の旨味がベース)だったり、
野菜を沢山食べるところや、
香草の種類が豊富で、色々な食材に使うこと。

距離でいうと、沖縄料理くらいの距離しか
ないんじゃないかと思う。

中国や韓国とはこんなに、味の系統が違うのに、
不思議なものです。


     



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif