ひんやりしよう

 

なんで行ったかというと、この遊園地の中に

台湾の士林夜市が出張してきているのです!

数年前から夏限定イベントでやっているみたいで、

今年も士林夜市が上海で楽しめる〜!!

 

ということで冷えたビールを持って(ビールが割高)

士林夜市に行ってまいりました。

3500円チケットがあれば2人でじゅうぶん楽しめて、

思ったよりきれいだし、まともでした。

 

3500円が高く感じますが、上海は物価が高いので

これは安いです。

屋台は全部台湾の人がやっているらしく、

おなじみの牡蠣オムレツや、麺線、ミルクかき氷、豆花など

懐かしいアイテムがたくさん!

 

味は台湾の味をベースに、上海風にアレンジしてありました。

これまたおいしい。

東京と上海の味の好みは近いので、より日本人受けする味に

なっていると申しましょうか。。

とくに麺線と海老の塩焼きが美味しかった〜。

 

ビールは一杯400円くらいなのですが、クラフトビールで

これまた美味しかったです。

 

上海が面白いなあと思うのは、

外来文化に超寛容なところと、外国人扱いに慣れているところ。

街の歴史が関係してるのだろうか。

 

とはいえ上海人には上海人のつながりが強くあって、

上海弁をしゃべれるかどうかで人を見てるところもあり

不思議な街なのでありました。

 


屋根がないんだな


この家はリビングに屋根がないんだな。
日本はまだゴールデンウィークですね、うらやましい!
 

春の新生活その3







この圧縮梱包の技術めちゃくちゃすごい。ホイポイカプセルですよ(古い)
その後、旧居に荷物を取りにいき、人力引越しを終えたのでした。
 

春の新生活その2




上海の家探しをするときに、
自分も老房子ラオファンズを中心に探しました。
上海は古い建物(老房子)が多く残っていて、
そこをリノベーションして
若い人や外国人に貸すことが流行っています。
家賃はかなり高いです。(東京以上、ちょっと目玉が飛び出るレベル)

ひとくちに老房子といっても、
古い部屋を東京R不動産風にオシャ改装した部屋(超高い)から、
まじで本気のボロボロ物件(普通の家賃)まで、いろいろ!

大手企業の日本人駐在員が選ぶのは
豪華なタワマン型物件で、老房子など選びません。。
そういう物件はプールやジム、クリーニング屋、
お手伝いさんまでついてます。

どこに住んでも住めば都ではありますが、
東京と同じく夏暑く、冬寒い上海なので、
気合は必要かも。

ベッドマットが届くのは明日の朝!
乞うご期待!
 

春の新生活

01.jpg
02.jpg
03.jpg

好きで選んだそうです!
駐在してる人にはいろいろな人がいます。
フェイウォンの恋する惑星のセットより
もっとドローカルだった。
(正確にはあっちは香港の重慶マンション)

 

     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif