唐変木食べるよ

だんだん春めいてきて、野菜も春のものが美味しくなってきました。

0305_10.jpg

市場の八百屋さんで。
この八百屋さん、品揃えがちょっと変わってるー。ヤングコーンや花つきズッキーニ売ってます。
あ、香椿発見!

0305_9.jpg

香椿シャンチンは春の山菜です。
香椿と、百合根を購入〜。

0305_12.jpg

こんなもの。これ一束で30元、510円なので高い。山菜値段ですね。
日本の庭木でもあるセンダンの仲間の若芽で、中国では春先に山菜として食べます。
メジャーなのは卵炒め。卵と一緒に炒め、風味を楽しみます。
で、これの別名がトウヘンボクらしく!

「唐変木とは、先生なんぞなもし」(by坊ちゃん:夏目漱石)

食えるのか…。知らんかった。
今日は他の野菜もいれて、春野菜の天ぷらだよー。

0305_11.jpg

香椿、春たけのこ、しいたけ、ピーマン、レンコン、蚕豆。

0305_13.jpg

しゅわーっとな。コツのいらない天ぷら粉は神。

0305_14.jpg

からぁっやでー。
香椿の味は超不思議。葉っぱなのに、ゴマの香りがする。味は、コクのあるナッツの味。
不思議〜。何食べてるのかわからなくなってくる。日本の山菜と方向性が全然違う。

0305_15.jpg

いちばん美味しかったのはたけのこー。穂先の天ぷらが甘くて、
ちょっとトウモロコシのような風味もあり。いくらでもいける。
蚕豆も美味しかったです。

春やなー。

 

ひなまつり

0305_01.jpg

灯りをつけましょ爆弾に〜お花をあげましょ枯れた花〜
歌いながらちらし寿司つくるよ。
中の具は、レンコン、人参、油揚げ、干し椎茸。
上の具は、酢蓮、海老、さやえんどう、ガリ、錦糸卵、海苔、ゴマ。

レンコンと干し椎茸うまい。滋味〜
上海は干し椎茸とレンコンが安くて美味しいです。
お婆ちゃんがよく、山芋とかレンコンとか百合根とか買ってる。
どこの国でも年をとると味覚が似てくるのか。

前日の3/2は元宵節でした。
中国のお正月は、この日で打ち止め、という大切な日です。

0305_07.jpg

湯圓子タンユエンズという、お団子を食べます。
外側は餅米の柔らかい皮、中はこれは胡麻餡が入ってます。
冷凍食品で買ってきた↓

0305_08.jpg

冷凍のでも、生のでも、お湯で茹でるだけ。
茹でたお湯と一緒にお椀に入れて食べます。小さい団子と大きい団子がある。
外側の皮はみにょーっと柔らかく、中のゴマ餡はとろとろ。なめらか〜
ゴマの香りが香ばしく、美味しいのです。日本で売っても売れると思う。

お正月の始めは、東北地方は水餃子、上海は春巻きで始まり、ごちそうを食べ、
最後はこの団子でしめる、というのが流れみたい。
だがなー、正月が終わった翌日がひな祭りというのは、
日本人的にものすごく変な感じな訳です。

二十四節気は非常によくできていて、
雨水を過ぎたら春の嵐があったり、雨がよく降ります。
上海だとほぼドンピシャで季節が変わっていくのが面白い。
日本だとずれちゃいますので。

0305_02.jpg

ひな祭りにいいもの届いた〜

0305_03.jpg

ねこのきもちでした!

0305_04.jpg

残念でしたー。でもまるちょっとだけ載ってるよ。

0305_05.jpg

「世界のねこ暮らし」コーナー、中国編で掲載していただいてます。
冒頭は譲渡会のようすなども。
上海で猫を飼う環境はほぼ東京と同じなので、駐在時も心配なしです。
駐在中に猫(や犬)のお迎えを考えるときは、
保護猫、犬の譲渡会があるのでぜひ候補に入れていただけると。
興味がある方は微信ID:kussi94まで。

ぽんー、写真が載ってるよー

0305_06.jpg

興味なし…と。
下の段で寝ているけろが、芋のようだ。

そんなひなまつり。

ちなみにうちの小学校の替え歌は
「灯りをつけましょ 爆弾に〜 お花をあげましょ 枯れた花〜
五人囃子も死んじゃって〜 今日は悲しい ひなまつり〜」
でした。地方によって違うらしいです。


 

上海大ワンタン

0219_01.jpg

バイオ7、イージーを2周(=2回クリア)したので、
今日からノーマル!と思いきや
最初のミアで3回も死んだ。エイムが合いずらいんだよー
しかしいい年になっても周回で遊べるゲームがあるってすばらしいな。

さてワンタン。

0219_01.jpg

市場の出前でワンタン買ったー。
上海は地区ごとに「菜市場」があるのですが、
大体どこの市場も野菜肉魚以外に、
豆腐湯葉屋、乾物屋、漬け物屋、卵屋、そしてワンタン屋がある。
そのワンタン屋さんで買ったものです。

左側が上海大ワンタン。
右は一般的なワンタンです。小ワンタン。
上海のワンタン、でかいんですね。

0219_02.jpg

昼飯だったので、スープで煮て、そのまま食べました。
大ワンタンは、茹でてタレをつけて食べることもできます。水餃子と似てる。
夏は茹でたものを冷まして食べたりもするみたい。

0219_03.jpg

お箸で切ったところ。中身がナズナで、これぞ上海風。
ワンタン=ナズナ、というくらい好まれている感じ。
ナズナたっぷりに、豚肉少しで、さっぱりしてますが、
一個が大きいのでかなりお腹がふくれます。
辣椒酱(ラージャオジャン、食べるラー油)つけても黒酢でもうまい。

お店ごとにワンタンの味が違うので面白いです。
今日のワンタン屋さんは、大ワンタンは美味しくて、
小ワンタンは皮が厚くてイマイチ。



菜市場。
こういう古いタイプの市場は消え行く運命なのかしら…と思いきや、
こういうとこでもしっかり出前appで買えちゃったりする。



appの画面。葉もの野菜。
市場で見て名前がわからない野菜も、これならわかるので密かに便利。
上から2番目はナズナです。
鶏肉コーナーでは鶏やアヒルを一匹丸ごと
活け締めで売ってたりもします。うおう。



ナズナ大ワンタンは12個220円。
今日は雨降りの一日だったので、
市場に野菜買いにいくのもおっくうで、全部出前。

市場の中は沢山の小売りの店で出来てますが、app内は全て一括。
とりまとめる組織があって、そこが出前に対応してるのだと思いますが、
ここは「2,200円から宅配します」方式。
ちゃんと利益や手間のことも考えられてる。

日常生活の中での消費スタイルがIT化していくと、
昔ながらのお店は不利なんじゃないか?と思っていましたが
そーでもないな、と思った次第です。

なんてーか、中国って中国で中国なのに、
なぜこんなに老若男女問わずITと親和性が高いのか、
日本人からすると不思議である。

ちょうど経済成長期と
IT技術によるライフスタイル変化の波が重なって、
変化する=自分に利益がある、というイメージがあるからかな?

逆に、変化の波に乗れない=稼げなくなる、に直結でもあるので、
皆大変なのかもな〜とタクシーの運転手さんを見ると思います。
 

バイオ7

春節11連休中でえす。

0218_01.jpg

予定通りバイオハザード7のノーマルクリアを目指す。
おもろい!一番好きなのが4なんですが、ついで好きかも。
ガンシューティングよりホラー要素が多いとことか、
敵に突っ込み要素が多いとことか。
もっと早くやってればよかった。そしてPSのVR欲しい。

0218_01.jpg

塩漬け蟹と田酒をちびちびやりつつプレイしてたら、猫と犬が引き寄せられてきた。

0218_02.jpg

我が家の魔犬。

0218_03.jpg

近いわ!

今作はクリーチャーが怖くなくて良かった。(まだ怖くない)
4〜6までと比べるとガナードが出てこないぶん攻撃する場面が少ないので
おつまみ食べながらできるな…と油断していたら

0218_02.jpg

左手がちょんぎれたり、臓物食べさせられそうになったーー
全然チェックせずにAmazonで買ったのですが、グロテスク表現が
北米版>日本グロテスクver.>ふつうの奴
と3段階あるらしく、割とグロい。
蟹の塩漬け食べながらやるゲームじゃないな。

あとは

0218_04.jpg

あ!これは

0218_05.jpg

このケージ!まるのケージと同じでは?!

0218_06.jpg

↑まるのお散歩ケージ。さてはベイカー家も犬か猫を飼っていたのか。
これより一回り小さいケージのようなので、小型犬か、猫ですね。
本館の中に複数ありましたので、多頭飼いとみました。
やっぱりベイカーのお父さん↓人気者だけあるわ。



ベイカー家の人たちは基本的に失敗しても懲りず、前向きで、いいですよね。
息子のホスピタリティもすばらしいし。コミニケーション難しいですが。
廃船ステージに移って、お父さんが出なくなってがっかり。

0218_07.jpg

飼主がゲームしてるときは、だいたいおざぶの上で寝ている。

0218_08.jpg

どうでも良い顔。


↑グロテスクver.じゃない方です。

 

塩蟹

日本ではAmazonメインで買い物してましたが、
中国に来てからは淘宝ばかり。
Amazonと同じように、ユーザーの購入傾向から
自動的にオススメ商品をわりだしてくれるのですが、
それがどんぴしゃすぎて感動しました。

オススメされたのは、これであります。

0211_01.jpg

寧波特産、蟹の塩漬け。
商品名も知らないし、こんな食べ物があるのも知らなかったけど、
淘宝先生が激押ししてくるので、思わずぽちってしまいました。

中身はこんなの。

0211_02.jpg

こ、、、これは……!そそる見た目!

届いてすぐの晩に食べましたとも!
う、うめーーーーーーーーーーー!!
日本酒と超あう!!

ワタリガニの仲間を、生きたまま塩漬けにしたものらしく、
原材料は蟹、白酒、黄酒、塩、化学調味料。
酒のアテすぎてうますぎる。

塩辛のような、すじこのような、ちょっと発酵した風味もあり、
蟹は全然生臭くなく、
韓国のカンジャンケジャンを和風にしたような感じです。
上海の酔っぱらい蟹より、和風の味で、好みに合う。

これは青森の陸奥湊の市場で売ってても全然違和感ない!

0211_04.jpg

↑割とこっち系の味なのでやんす。




紅膏蟹で検索するといっぱい出てきた。
寧波や舟山の特産みたい。

淘宝先生はわりと的確に好みを突いて来てくれるので、
お買い物が楽しいのでした。

そしていま先生が渾身で推してくるのが、これ。



海に住む生の貝を漬けたもの。
貝…!生…!さらにハードル上がってるやんけ。
しかし淘宝先生をリスペクトする身としては、
トライしてみなければ…。

日本酒足りないのであった。

0211_05.jpg

昨日食べたまぐろすき身丼。大トロのすき身入り。
美味しかった。
昨日の夜はスッポン鍋でしたし、なんていうか加速度でぶである。



前回の鍋のときは、捌いてもらうときに内臓を捨ててもらってたので、
今回は入れてもらいました。
ハツ、レバー、腸を入れてもらった。美味しかった。とくにレバー。
「胆のうは捨ててちょ」とお願いしたら、
「どうして胆のう食べないの?!ここが美味しいのに!」と魚屋さんに言われ、
日中の差を感じたのであった。なんだろ、秋刀魚の肝みたいなことかな?

壁の黄色い貼紙は「迎春プロモーション、スッポン、アワビ」。
そうそう、今週は大晦日やお正月ですので、ごちそうが必要なのです。



街を歩けば、お正月に欠かせない干し魚が洗濯物と一緒に揺れてたり、
市場に掛けてあったこれは…巨大ハモですかね?顔はハモ似でした。
一尾8,000円前後です。
日本の新巻ジャケみたいなもんか。



魚の干物=年越しの風物、なのですが、何で年越しで魚を食べるかというと
日本のおせち料理の素材みたいに掛詞があって、
来る年もお金に恵まれますように、という意味なんだそうです。
海渡っても大体、文化の根っこは似ているな。

- - -

先週の週末から、まるのびびり風がだいぶ良くなってきたので、
お散歩の距離を伸ばしてみました。
秋から初冬にかけては、マンションの入口から30mいったとこで怖くなり、
パニックになるのでお散歩どころじゃなかったのだ。
だんだんと良くなってきて、ようやく「お散歩」と言える状態に戻ってきた。



1kmほど歩いてコーヒーのお店へ。
まるがちゃんと歩けたー!クララが立ったー的な。
こんなちゃんと街中を散歩できたの5ヶ月ぶりくらいだ。



つまらなくてむすっとしている、まる。
このあとまるが大好きな知り合いがやってきたら、
満面の笑顔で超嬉しそうなまるに変身したのであった…。

久しぶりに長距離のお散歩したら、下半身がネズミ色になって
汚れた体操服のようなテクスチャになったまる犬なのであった。
 

     



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif