デザート付き弁

0118_03.jpg

ヨーグルトとこんにゃくゼリー付き弁当。
シャウエッセン(またか)、青ネギ入りだし巻き、白菜いため、いぶりがっこ、梅干し、実山椒。
ヨーグルトは味全という台湾系の大手メーカーのものです。

0118_02.jpg

こんにゃくゼリー。
日本のORIHIROのとパッケージが似ているが、、
中国の大手メーカーが出してるパクリ商品でしたー!!
すっげーそっくり。

0118_01.jpg

味全のヨーグルトは、燕麦入りです。ぷちぷちして美味しい。
つぶつぶとしたシリアルが入ってる感じ?

0118_04.jpg

冷蔵庫の上から、吊り戸棚の上に飛び乗り、にゃーにゃーと鳴くぽんすけ。

0118_05.jpg

早くおりてきなさい

0118_06.jpg

あぶないでしょー

0118_07.jpg

自分で下りられるくせに、下りられないふりをし、
人間から優しく声を掛けられるのを待っている、演技派のぽんすけなのだった。

0118_08.jpg

ほらほら、早くおりてきて

0118_09.jpg

3mくらいあるから、おちたらけがしますよ

0118_10.jpg

図にのって、たいてい下りてこないのである。
しょうがないのでオヤツが入っている扉を開けると、
しゅたっ!と3秒で下りてくる。

毎日これをやられるので、非常に面倒くさいのであった。
 

豚だいこん弁

0117_01.jpg

週末にネットスーパーで買い物をしなかったので、微妙に食材が足りない。
野菜は市場で買ったんだけどなー。
肉は市場でも買えるのですが、例えばこの豚コマと大根の煮物のような
「日本風に薄切りにしてパック詰めした豚肉」は市場では売っていません。
なので和食をつくるとき用にネットスーパーでまとめ買い。

0117_03.jpg

大根が白くてつやつやと美味しそうだったので、買ってきた。
とぎ汁で下茹でして、豚コマと煮ました。しらたき入り。
あとはゆで卵、ブロッコリー、梅干し。

0117_02.jpg

デザートにこんにゃくゼリーも持った。
しばらく見ない間にこんにゃくゼリーがチューブ型になってたんだけど、
日本のもそうなのかな?!

0117_05.jpg

週末にベッドカバーを干して、取り入れたら、即効で猫に乗られた。
せっかくまるの毛を取り除いて干したのに…。
猫も犬も一緒に住んで似たものを食べてるので、だいたい同じにおいがする。
というかほとんどにおいがしない。干した洗濯物のにおいがする。
厳密にいうと、ほんのり遠くでボールド(うちで使ってる洗剤)の香りが…
ボールド一家である。

0117_04.jpg

休日ランチ。平日に嫌というほど弁当でシャウエッセンを食べているのに、
休日にさらに追い打ちをかける。
ウィンナーカレーゆで卵つきでした。
ちなみに自分でつくる料理の中で「一番まずいなあ」と毎回思うのは、カレーです。
なんかねー。パッケージの指示量通りにつくれてないのかなあ。
なんかいまいちなんですわ。おかしいなあ。

 

赤カブ弁

0115_19.jpg

ようやく寒さの底を抜けまして、今日はくもってるけど暖かい〜14度。
せっかく風邪で1.5kg減ったのに、気がついたら2kg増していた1月2週目。
ぬか喜びってやつな。
ぬか喜びのぬかは「小さい」「はかない」などの意味の糠だそうです。

0115_20.jpg

年末に日本に帰ったときに、横浜そごうの地下食品売り場で
あつみの赤カブを発見〜!懐かしくて買ってしまいました。
あとは一湖房の鴨ロースとか!
上海でも鴨、、というかアヒルを買えるのですが、やっぱり肉の味が全然違う。
弁当はソーセージ、赤カブ、だし巻き卵、春菊のナムルでした。

0115_21.jpg

あつみかぶのふるさとの熱海温泉は2度ほど行ったことがありますが、大好きです!
だけど遠いんだよね〜。
寒いので、温泉行きたいなーと思う毎日。

- - - -

まるやんがうちに来て半年たつのですが、昨日
「そーいえばまるの前回の狂犬病予防接種いつだっけー」と思い
予防接種手帳を見たら、なんと!期限がまさに昨日まで!
あっぶなーーー。

犬も猫も狂犬病予防接種の有効期限は1年間で、
それが切れてしまうと、日本でわざわざ行った
抗体価検査の証明(2年有効)も無効になってしまうのです。

上海で検疫関係の手続きを一手に行っている
動物病院が24時間営業で助かりました。。
会社終わってからまるを連れていき、無事摂取できたー。

次のイベントはまるのフィラリア予防で、
5月にはけろとぽんの狂犬病予防注射がある。
うっかり防止用カレンダー作らなければ。。



 

中落ち弁

先週の木曜の弁当です。
水曜日に伊勢丹に寄る用事があったので、地下の食品コーナーで中落ちゲット。
この中落ちが安くて旨いのだ。たぶん本マグロ。
中落ちは赤身に近い中落ちと、トロに近い中落ちの部位があるんだけど、
ここの魚屋のはいつもトロに近い中落ち!

1120_01.jpg

これが2人前くらいで、38元=650円くらいと、上海の物価にしては
非常にコスパが良いのである。このために伊勢丹行くことがある。
隣で売られているまぐろのさくは、2000円以上である。

なんで安いかっていうと、多分みんな食べ方や味がわからないから…。
しかも見た目が「刺身」とはほど遠い。
上海の高級スーパーの魚売り場では、
サーモンのさくや、まぐろのさくがお刺身用に売られています。
アッパー層の間では刺身はヘルシーでおしゃれで、
少しハイソなもの、と捉えられており、
かつサーモンや鰻のこってりした脂が好まれるので、
売り場には少ないなりにもお客さんがいます。

日本のように「今日のおかずはどの魚にしようかな」というより、
「たまには奮発して、このサーモンか、高級牛肉でも買おうかな」
という冷やかし半分な感じではありますが。
「テーブルにこのサーモンが並んだら、ちょっと豪華よねえ」とか。

なので、こんなぐちゃぐちゃで、訳がわからない「中落ち」などは、
お呼びじゃないのでえす。
第一印象が、豪華で、誰がみても「わー!」となり、
SNSでアップして周りの人が羨ましがるアイテム…じゃないと
上海人は納得しないのです。

という訳で、大体いつも売れ残っているこの中落ちを、
2パックとかまとめて買っていくのです。
一度売り場で上海人の奥様に
「ねえ、それどうやって食べるの?」と聞かれたことも。
その日は手巻きの予定だったので「寿司ですよ」と答えましたが
奥様は納得せず、さらに売り場の人にも聞いてました。

以前は古北の高島屋でも同じような中落ち売ってたんだけど、
なくなっちゃったんだよな〜。

1120_02.jpg

先週は一週間ずーっと雨でしかも大風が吹いて荒れ模様。
平均して穏やかな気候の上海なのに、珍しい天気でした。
日曜日の朝はぐっと冷え込んで、朝起きたら窓が白い。

1120_03.jpg

6度、今年一番の冷え込みだー。

1120_04.jpg

ナンキンハゼもすっかり紅葉してます。
マンションの庭のピラカンサが真っ赤な実をつけていて、冬が来るな〜という感じ。

1120_05.jpg

寒かったのでお昼ご飯は、かきあげ温素麺。
漫画の「そばもん」にハマっていて、でもそばが嫌いなので、いつも素麺でお茶を濁す。
そばが嫌いというか、小麦粉が好きなんだな。
かきあげは冷蔵庫にあったごぼう、にんじん、たまねぎです。おいちー。

土日は寒いのでずっと家にいて、せっせとドラクエ11を進めていました。
ようやっと昨夜クリアできたー!54時間くらいかかっている。。
据え置きゲーで54時間は正直しんどい。
3DSにしておけばよかった。

ドラクエ9のときは、会社の周りの人もやってて、空き時間や通勤時間に
ちょこちょこ進めていたので楽だったのですが。
年末年始はこのままドラクエ11をやりこむか、別のゲームにするか悩み中。

 

豚炒め弁

1115_20.jpg

月曜日の弁当です。
巨大になってしまっただし巻き卵、豚と野菜炒め、めんたいこふりかけ。
ふりかけは頂き物〜、ごちそうさまです。

1115_21.jpg

卵がまだ8個あるのに、間違ってもう1パック買ってしまったので、
さっさと食べないとなんだよー。
豚炒めは、パプリカ、人参、たまねぎ、しめじ、豚。

朝、まるの散歩に行ったついでに、八百屋へ。

1115_10.jpg

寒くなると野菜の鮮度がぱりっとし、買いたくなるものが沢山。
流通の過程で冷蔵しないので、夏場の野菜はどうしてもぐたっとするのです。
八百屋さんは冷蔵設備ないし。

1115_11.jpg

もう芹がでてる!しかも柔らかくて美味しそう!
鍋にしようか、お浸しにしようか、一束買いました。

1115_12.jpg

早くもウマゴヤシ=クローバーが出ている。冬〜早春のものだと思うんだけど、気が早い。
草頭ツァオトウと呼ばれ、白酒と一緒にさっと炒めるのが上海風。

1115_13.jpg

足元に、みかんーと、あ、なずなもある。

1115_14.jpg

ナズナも冬〜早春の野菜です。荠菜ジーツァイと呼ばれ、まさにナズナそのもの。
上海風ワンタンの具といえば、これ。
上海風のワンタンは皮が厚く、具が大きく、どっちかというと餃子っぽい食べ物です。

1115_15.jpg

八百屋の帰りに欧米人向けグロサリーに寄って、ワインとチーズ、りんご購入。

1115_16.jpg

これだけ買ってきました。
芹、みかん、ほうれん草、トマト、ピリ辛ピーマン、にんじん、きゅうり。
八百屋さんはバラ買いできるので一人暮らしにも便利〜。
朝買えばどれも鮮度ばつぐんです。

1115_17.jpg

ぴきぴきのほうれん草は、晩ご飯の常夜鍋にしよ〜。

1115_18.jpg

ピリ辛ピーマンはピザトーストになりました。
上海は日本と同じようなピーマンがほとんど売っておらず、
大半がパプリカ、もしくはこのピリ辛ピーマンです。
ピリ辛っつーか、かなり辛い。
最初は「ええっこんな辛いんじゃ料理に使えないじゃん」と思ってたのですが
食べ慣れると「辛くないピーマンなんて、物足りない…」と思うように。
ピザトーストにしても、このピリリとした辛みが
甘いピザソースとハーモニーを織りなし、なんていうか、酒が止まりません。

1115_19.jpg

芹は油揚げと炒めました。こちらだと、細切り湯葉や、細切り薄豆腐と一緒に炒めます。
油揚げも似たようなもんだろう、と、今日は油揚げ。

こっちに来てびっくりしたのが、野菜炒めに、
お湯か水、もしくはスープを足して炒めてあること。
日本だと野菜炒めはいかに水分を出さないか血眼!ですが、そうじゃないみたい。
もともとこちらの青菜は、炒めたときに水分が出にくいです。
なので日本の家庭料理風に炒めるだけだと、
なんかぱさつくし、味の回りが悪い。
お酒入れたりしますが、お酒だけでは水分が足りません。

よくものの本に「中華は火力が大きいからぱりっと炒められる」とか
書いてありますが、普通の家のコンロは日本と一緒。
野菜がぱりっとしてるのは、野菜から水分が出にくいからだし、
炒飯がぱらっとしてるのは、こっちのお米と水で炊くご飯が炒飯に向くからです。

んで、野菜を炒めてる最中に、水分を足してよく煽ると、
油と水が乳化して野菜に絡み付き、味がよくまとまり、
仕上がりもつやつやジューシーになる。
ペペロンチーノを作るときに、
最後にゆで汁を混ぜて乳化させますが、あんな感じ。

土地が変わるといろいろ違うもんだなーと思います。

 


     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif