塩蟹

日本ではAmazonメインで買い物してましたが、
中国に来てからは淘宝ばかり。
Amazonと同じように、ユーザーの購入傾向から
自動的にオススメ商品をわりだしてくれるのですが、
それがどんぴしゃすぎて感動しました。

オススメされたのは、これであります。

0211_01.jpg

寧波特産、蟹の塩漬け。
商品名も知らないし、こんな食べ物があるのも知らなかったけど、
淘宝先生が激押ししてくるので、思わずぽちってしまいました。

中身はこんなの。

0211_02.jpg

こ、、、これは……!そそる見た目!

届いてすぐの晩に食べましたとも!
う、うめーーーーーーーーーーー!!
日本酒と超あう!!

ワタリガニの仲間を、生きたまま塩漬けにしたものらしく、
原材料は蟹、白酒、黄酒、塩、化学調味料。
酒のアテすぎてうますぎる。

塩辛のような、すじこのような、ちょっと発酵した風味もあり、
蟹は全然生臭くなく、
韓国のカンジャンケジャンを和風にしたような感じです。
上海の酔っぱらい蟹より、和風の味で、好みに合う。

これは青森の陸奥湊の市場で売ってても全然違和感ない!

0211_04.jpg

↑割とこっち系の味なのでやんす。




紅膏蟹で検索するといっぱい出てきた。
寧波や舟山の特産みたい。

淘宝先生はわりと的確に好みを突いて来てくれるので、
お買い物が楽しいのでした。

そしていま先生が渾身で推してくるのが、これ。



海に住む生の貝を漬けたもの。
貝…!生…!さらにハードル上がってるやんけ。
しかし淘宝先生をリスペクトする身としては、
トライしてみなければ…。

日本酒足りないのであった。

0211_05.jpg

昨日食べたまぐろすき身丼。大トロのすき身入り。
美味しかった。
昨日の夜はスッポン鍋でしたし、なんていうか加速度でぶである。



前回の鍋のときは、捌いてもらうときに内臓を捨ててもらってたので、
今回は入れてもらいました。
ハツ、レバー、腸を入れてもらった。美味しかった。とくにレバー。
「胆のうは捨ててちょ」とお願いしたら、
「どうして胆のう食べないの?!ここが美味しいのに!」と魚屋さんに言われ、
日中の差を感じたのであった。なんだろ、秋刀魚の肝みたいなことかな?

壁の黄色い貼紙は「迎春プロモーション、スッポン、アワビ」。
そうそう、今週は大晦日やお正月ですので、ごちそうが必要なのです。



街を歩けば、お正月に欠かせない干し魚が洗濯物と一緒に揺れてたり、
市場に掛けてあったこれは…巨大ハモですかね?顔はハモ似でした。
一尾8,000円前後です。
日本の新巻ジャケみたいなもんか。



魚の干物=年越しの風物、なのですが、何で年越しで魚を食べるかというと
日本のおせち料理の素材みたいに掛詞があって、
来る年もお金に恵まれますように、という意味なんだそうです。
海渡っても大体、文化の根っこは似ているな。

- - -

先週の週末から、まるのびびり風がだいぶ良くなってきたので、
お散歩の距離を伸ばしてみました。
秋から初冬にかけては、マンションの入口から30mいったとこで怖くなり、
パニックになるのでお散歩どころじゃなかったのだ。
だんだんと良くなってきて、ようやく「お散歩」と言える状態に戻ってきた。



1kmほど歩いてコーヒーのお店へ。
まるがちゃんと歩けたー!クララが立ったー的な。
こんなちゃんと街中を散歩できたの5ヶ月ぶりくらいだ。



つまらなくてむすっとしている、まる。
このあとまるが大好きな知り合いがやってきたら、
満面の笑顔で超嬉しそうなまるに変身したのであった…。

久しぶりに長距離のお散歩したら、下半身がネズミ色になって
汚れた体操服のようなテクスチャになったまる犬なのであった。
 

ヨモギ団子つくるよ

0115_22.jpg

月湖公園で摘んで来たヨモギで、白玉団子つくるよー

0115_23.jpg

まだまだ小さかったので、両手にかろうじて一杯分くらいしか採れなかった。
流水で良く洗います。

0115_24.jpg

葉の軸や茎など、固そうなところを取り除いて

0115_25.jpg

沸騰した湯にいれ、さっと湯がきます。今回は30秒くらい。
冷水にさらし、軽く絞りました。

0115_26.jpg

少量の水と一緒にガーしまして

0115_27.jpg

白玉粉を適当量用意します。
白玉粉は水分量が厳密じゃなくて大丈夫だし、扱いやすいので、失敗しらず。

0115_28.jpg

さっきのヨモギ青汁を投入〜。
捏ねてみて耳たぶになるくらい、さらに水を足します。

0115_29.jpg

よいしょよいしょ。
色素を入れたみたいにきれいな色になった。

0115_30.jpg

したらそれを一口大に丸めまして。そんな大きくないので、赤血球の形にしなくて大丈夫です。
沸騰したお湯を用意し、くっつかないように一粒ずつ入れていきます。
浮き上がってきたら茹で上り。

0115_31.jpg

冷水にとって、よく冷やして。

0115_32.jpg

できたー!ヨモギ団子。

0115_33.jpg

ぷよぷよ、もちもちである。
そしてなにより、いいにおい〜。

0115_34.jpg

既製品のあんこときなこを乗っけて、完成〜。
ちなみにあんこは中国でも台湾でも売ってますだ。日本のあんこが一番甘いよ。

あーもちもちもちもちと噛むと、よもぎの良い香りが…。
美味しいな〜。

ヨモギ団子=青团チントゥアンは中国にもありまして、
清明節のときに食べる風習があります。
清明節は4月の頭くらいなので、ちょうどヨモギの季節ですね。
餅米粉とヨモギでつくった柔かい皮に、あんこが入ってます。
季節になるとコンビニなんかでも良く売られるので
日本の柏餅とか桜餅とポジションが似ているかも。

最近はドリアン入り青团とかあったりして、
日本人には大顰蹙をかうアイテムとなっております。
美味しいなのにな〜

 


すっぽん

1224_18.jpg
 

ずっと食べたかったすっぽん、とうとう買ってきたやでー。
いままで一回もすっぽん食べたことなかったので、食べてみたかったのです。
やっほー、人生初すっぽん!
以下、すっぽんを捌く写真がありますので、苦手な方はそっとじ推奨。
 

1224_01.jpg

いつもの市場の、いつもの魚屋さん。笑顔ですっぽんを計量する兄さん。
ちなみにすげえ高かった。
1斤(500g)あたり180元(3,060円)のすっぽん。640gということは…
3,900円である!たっか!上海蟹より全然高い。
ほかに安いすっぽんがいて、そっちは1斤120元。2/3の値段である。
そっちにしよっかな〜と思ってたら、兄さんが高い方激押しで
「こっちが一番美味しいよ!5〜6年ものだよ!」とのことでした。
 

1224_02.jpg

にこにことキッチンばさみですっぽんを捌いて行く兄さん。
日本の捌き方とちょっと違って、まず首締めて、甲羅側と腹側を分けて、
モツを全部出しちゃいます。であとはひたすら内臓についた黄色い脂肪を
ちょきちょきと取り除いていく。鶏の脂肪みたいなもんですかねえ。

捌いてる最中に「お湯するか?」と聞かれるので「するする」と答える。

1224_03.jpg

内臓が全部きれいになったところで、お姉さんが召還されて、沸騰したお湯をじゃばじゃばと。
日本の捌き方と同じですな。

1224_04.jpg

お湯をかけたら、甲羅やお腹、手足の表面の薄皮をむいてきます。
初心者には嬉しいこの丁寧さ。この魚屋さんは蟹買ったときでも
しっかり洗ってくれたり、仕事が良いのだった。
のど元に溜まった血なんかも全部きれいにしてくれる。

1224_05.jpg

お湯を捨てて、きれいな水でもう一度すすぎ、最後に手足の爪や、鼻先をおとして、おしまい。
わー!あとは料理するだけじゃん!
八百屋さんで、白くてむちむちのネギと、芹、哇哇菜(小型白菜)を買ってかえる。

1224_06.jpg

さて…と。
これを切り分けにゃならんのだが

1224_07.jpg

とりあえず、キッチンばさみと小出刃でなんとかなるやろー。
蛙のときもなんとかなったし。

1224_08.jpg

おりゃー。なんとかなった。
甲羅のまわり、えんぺらの部分は柔らかいので、はさみでちょきちょきと。
軟骨でつながってるところも、はさみや出刃で切れました。

1224_09.jpg

じゃあ、足2本は、美味しいと噂の、唐揚げで!
塩振って、胡椒して。

1224_11.jpg

片栗粉〜。

1224_12.jpg

初めての食材なので、塩加減や油の温度は、鶏の唐揚げな感じでやってみました。

1224_13.jpg

で き た や で !
これは…くせがなくて、いい香り。

1224_14.jpg

ビール召還してしまいました!
いっただっきまーす!(台所で立って食べております)
はむっ かりっ じゅわわ〜

な、 な、 なんじゃこりゃ〜〜〜!

味つけ、塩だけなのに、めっちゃ旨味が強い!
「なにこれなにこれなにこれなにこれ」とつぶやきながら、
ビールとともに2足とも完食。
ふぐの唐揚げより旨いかも…。

脳天にがつんとくる旨味の強さで、
もちろん素材由来なので嫌らしくなく、
しかも全く臭みがない。最強の素材なのでは。
火を通してもぱさぱさにならずにジューシーな肉質、
旨味を包みこむコラーゲンのぷりぷりさ。
脳内に栗田さんが光臨しそうである。



唐揚げをつくる隙に、火を通してた鍋の方も見てみましょう。

1224_15.jpg

水たっぷり、昆布ちょっとに、日本酒としょうが。あとすっぽん(甲羅、骨含む)。
アクが出てくるのでこまめにとって、15分程煮込みました。
塩少々と、醤油ひとたらしして、味見したらば。
なんじゃこりゃー!(本日2度目)

すんげー濃厚な旨味かつ、臭みがない出汁なので、
このままスープとして飲んでしまいたいほどである。
塩だけとは思えない。短時間で煮出したとは思えない。
神様を絞って出汁じるとったらこんな味なんじゃないか。
あ、そういやベトナムのホアンキエム湖の神様はスッポンですね!
なんとなく理解できます!
旨味が強くて、しかもコラーゲンが含まれてるせいで、
口の中に旨味がまとわりついて離れない。
すっぽん…恐ろしい子!!

1224_17.jpg

野菜はシンプルに、ネギと白菜、芹で。

1224_19.jpg

できたよん。つやつやした部分は、ぷりぷりのえんぺらです。
う、うめー。肉も旨いけど、やっぱりこのスープが本当に美味しい。
ふぐちり抜いたかも。本場のまる鍋食べに行ってみたい。
堪能しました。

杉浦日向子の名作「百日紅」のなかで、
北斎と愛人がすっぽん鍋を食べる話があるのですが、
たしかにちょっと残酷で、官能的な旨さがあるものだ、、と思います。
こんな食べものがあるんですねー。ほえー。

  

ところで話が飛ぶのですが、先日、
スーパーの葉もの野菜コーナーで

1224_21.jpg

こ、これは

1224_22.jpg

野蒜ノビルやんけーーー!!漢字もそのまんまだし。

中国でノビル生えるのね、と驚いたんだけど、
スーパーで売ってるのか。
と思って調べたら、中国、朝鮮半島、日本で
古くから食べられている野草なのだそうで!
古事記や万葉集にもノビルが出てきたり、
もちろん韓国でも普通に食べる食材だそうです。

薺や蓬、零余子、野蒜と、日本古来の野草だと思ってたのですが、
意外と大陸と共通なものが沢山あり、面白いな〜と思う日々です。
 


電動バイクのナンバーを取りに行く

1112_33.jpg

金曜日の朝ご飯。
思ったよりずっとバター成分が多いバターロールで、超高カロリーになってしまった。
そしてプレゼンに10分遅刻した。いろいろダメである。

1112_34.jpg

おやつがもらえずに不機嫌なぽんすけ。
最近の我が家ではやっているおやつは、きびなごです。
犬も猫も大好き!という珍しいおやつ。



まるに犬ガムを、猫にちゅ〜るをあげると、
「あっちの方が旨そうじゃないか!」と双方で嫉妬の嵐が吹き荒れるので、
同じおやつをあげるのが一番平和なのだった。

さて金曜日は夜に飲みの誘いがあったので、一足先に家帰り、
まると猫にご飯をあげ、まるの散歩をし、それから飲みに出かけました。
気がつくと朝日〜。

その日はネット通販で買ったものを返品予定で、
返品の引き取りに宅配業者が来るんだった!
慌てて家に帰り、まると猫にご飯をあげ、
返品する荷物を梱包し、業者に引き渡し。

その後2台目の電動バイクのナンバーを取りに行く予定だったので
へろへろになりながらバイク屋へ。
ナンバー取得のための領収書や書類などを持って、
バイクに乗って指定された交通警察へ。
しかし、微妙に遠い。
家からバイク屋まで2km、そっからナンバーがとれる交通警察まで3kmである。
うっかり薄着で来たため、寒風に絶えながらバイクで走る。

1112_35.jpg

交通警察到着〜。寒い〜ぶるぶる。
1台目のナンバーはバイク屋さんがとってくれたので、手続きが全然わからん。

1112_36.jpg

とりあえずバイク持ったおっちゃん達が列を作っていたので、最後尾についてみる。
「これは行列でありますか」と聞くと、前のおじちゃんが丁寧に
「電動バイクのナンバーをとるための行列だよ」と教えてくれる。

1112_37.jpg

列の先頭で、交通警察の係の人が、書類が全部そろってるかのチェックと、
バイクの車体番号のチェックなどをしている。なるほど。
後ろに並んでたおじちゃんが、丁寧に「身分証はコピーが1部必要だよ」と教えてくれる。
上海人はみんな世話焼きで親切だな〜。

1112_38.jpg

ちょっと前まではナンバー無しで走れたり、外国人が乗れなかったりだったのですが
法改正があり、新しいバイクでナンバーを取得すれば、外国人も乗れるようになったのだ。
ナンバー無しで走ってると罰金もしくは没っシュートになります。
ナンバー取得手数料は、ただ。

自分の順番になって、どの書類を出したら良いかもたもたしてたら
いきなり係員さんに怒られる。いわく
「列で待ってる間に、すぐに出せるように書類を準備しなきゃだめじゃないか」
怒られるのは慣れてる、かつどの書類を出したらよいかわからないので
「すみませ〜ん」と言いながら書類の束を係員さんに渡す。丸投げ。
係員さんは書類を一枚一枚確認しだす。
すると、納品書の一部に、店の社印が押されていないこと発覚。
「これこれ、ここにも社印がないとだめだよ」と突き返される。

えー!また3km走って、バイク屋に戻るの?!
憮然とした顔をしてたら、周りのおじちゃんたちが
「まあまあ、次来たときは、この列に並ばなくていいから!」とアドバイスをくれる。



寒さに絶えながら3kmの道を戻り、バイク屋の整備のお兄ちゃんに
「ここに判子くれえ〜」と書類をつきだし、判子をもらいまた3kmを走り交通警察へ。

列には並ばず、係員のおじさんをつかまえ、書類を見せるとようやくOKが貰えた。
建物の中に窓口があるので、番号カードを手に順番を待ち
書類一式を提出すると、窓口の人が情報をシステムに登録し、
晴れてナンバーを手にすることができるのだった。
やったー。

その後、また寒さにやられながら、4kmの道のりを家に戻ったのだった。



合計15kmの寒風に耐えた証。
そして右上の「自行車」は、すなわち「自転車」。
全然自転車じゃね〜!と突っ込みつつ、中国のゆるやかさに感謝をするのだった。
ちなみに購入後15日間は、領収書を持っていればナンバーがなくても走れます。

家に帰ると昼の12時を過ぎていたので、マクドナルドを出前し、
ビックマックセットをたいらげ、その後夜まで爆睡したのでした。

なんで2台目かというと、やっぱり充電池を取り外して家で充電したかったから。
冬で気温が下がると、充電池の性能が下がるので、充電頻度があがるのだ。
まるのキャリーを乗せなくてよいので、一回り小さいやつにしました。
バイクにこたつをつけたので、次回はこたつを紹介します。
 

シオフキまたはホンビノスチャウダー

1105_01.jpg

明日からに備えて、またクラムチャウダーつくりました。
たまねぎ、にんじん、ジャガイモ、しめじ、フクロタケ。
貝は干貝と、スーパーで売ってた2枚貝。

1105_02.jpg

これじゃあ。
ざっくり「蛤蜊グーリー」と書かれて売っていた貝で、上海では良く見かけます。
アサリより安いので、海鮮パスタとかによく入っている。

「蛤蜊」はアサリのような貝の総称…的に使われることが多く、
ずばりハマグリということではありません。
じゃあこの貝が何なのかと調べてみたら、似てるな〜というのが
「四角蛤蜊」=シオフキ もしくは
「白蛤」=ホンビノス。

シオフキは砂を噛むので日本の潮干狩りだと捨てられちゃったりしますね。
蝶番のまるく山になったところは、シオフキっぽいな〜。
ホンビノスは東京湾の干潟にもいる化け物サイズの二枚貝ですが、
小さいものが「白ハマグリ」という名前でも売られているそうです。
貝殻がまるっとなったとこはホンビノスっぽい。
同定できず。しくしく。
美味しいです。

1105_03.jpg

10月頭、お客さまを家に呼ぶ準備中。猫は準備に含まれておりません。
テーブルを歩くなつーの。
朝だったのでお粥や中華式朝ご飯の出前に、あとで蟹追加した。

1105_07.jpg

寝起きでぼさぼさなぽんすけ。
子供のときの猫風邪の後遺症の涙目は、
薬もいろいろ試したけどこれといって決定打がなく
めににゃんを続けることで安定をはかっています。
めににゃん効くんだよな〜。

1105_08.jpg

どこに行っても病院の先生に最終的におすすめされる。
上海でも2件の病院の先生からおすすめされました。
「鰹フレーバー」といういかにも日本的に細やかなとこもよい。

朝晩は冷えるようになり、バイク乗るときはダウンが欠かせません。
ダウン着て、帽子かぶって、手袋して、ネックウォーマー顔まであげて…とやってると
「ありゃ、これ11月の1500mくらいの山頂付近の服装だわな」と思う。
バイク乗るときの風速が、ちょうどそんくらいの高度の山頂と同じなんですよ。
とまた役に立たないことを発見してしまったのであった。

人間だけでなく、猫も犬もふわふわの毛が生えてきて、
全体にふっくらしきて冬の訪れを予感させるのでした。

 

     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif