九重連山その1

1130_01.jpg

土日と、九州の九重連山に登りに行ってきました。
木曜日、金曜日は上海も日本も寒気が来ていて、かなりの冷え込み。
九州の山でも初冠雪観測。

先週は水曜日くらいから天気図を見ながらやきもきし、
金曜日に山小屋の人に登山道の様子を聞き、
土曜の朝の予報が好転してたので、計画決行〜

1130_02.jpg

いつもの上海8時発の春秋航空で、佐賀へ。
ヤマダ電気に寄ってトラベルSIMを買って、急ぎ気味で大分道を東へ向かう。
九重ICでおりて、やまなみハイウェイを一路、長者原登山口へ。
ここは先月来た、うけの口温泉のすぐ近く。

1130_03.jpg

登山口から山小屋に入山の連絡をしたのが16時…。
遅すぎる!ヘッドライトをすぐに出せる場所にしまい直しました。
装備はあれど夜の山歩きは良くないので、さくさく進みます。

1130_04.jpg

冬枯れのタデ原。
おお、山の頂上付近、雪ではないか…。
長者原の登山口じたい1,000m以上の標高があるので、寒いです。

1130_05.jpg

すぐに広葉樹林帯に入って、ゆるい登りが始まる。
急げ急げー。
当たり前だけど下山客ばっかり。

1130_06.jpg

じきに雪が!
登山道自体はぬかるんでもおらず、歩きやすかったです。

1130_07.jpg

どんどん暗くなってくる。
ハイペースなので暑くなって、かなり薄着。
荷物の重さは5.5kgくらい。なんとか走れるくらいでした。

1130_08.jpg

雨ヶ池越に到着ー。池沿いに木道が伸びています。
しゅたたーと通過。

1130_09.jpg

春から秋は本当にきれいなんだろうなあ。
今は残念ながら、日暮れかつガスってきてるので、ホラー映画風。

1130_10.jpg

さらに進むと、おおー!ゴールにほど近い、坊がツルの湿原が見えた!
これはもしや暗くなる前に着けるかも。

1130_11.jpg

展望台のベンチの上に、かわいい雪だるまが。

ここで初めて同方向に向かう人に遭遇。
テント背負ってゆっくりペースの人でした。
坊がツルのキャンプ場かな?
抜かさせてもらって、さらにペースアップ。

1130_12.jpg

ついたでー!
ここまで来れば、あとは坊がツルのそばのわかりやすい道なので安心。

1130_13.jpg

登山道は林道に合流するので、草原を横目に林道を進むと

1130_14.jpg

見えたー!
今晩のお宿です。

1130_15.jpg

あー本当に、見えなくなるぎりぎりだった。

1130_16.jpg

法華院温泉山荘。
なんと温泉がある。個室もある。生ビールもある。

つづく!


富士山2015またか

なんかもう見飽きたかと思いますが

0802_09.jpg

昨日また日帰りで行ってきました。
あーいい天気。

0802_00.jpg

昨日は、富士宮ルート選択。5合目の登山口です。
この時点で気温は18度、灼熱の東京横浜から逃れてきたでよ。

0802_01.jpg

あと1400m弱登れば頂上。気分が楽な富士宮ルート。
天気はピーカン、頂上まで見えてます。
残念ながらここより下は低層の雲がかかっていて、地上は見えず。

0802_02.jpg

思わず笑ってしまいそうなほど良い天気。
だが暑い!
富士山は多少雨降ってるか、曇りの方が登りやすくて好きだ。
ピーカンは一番辛い…

0802_03.jpg

富士宮ルートの山小屋は大体南向きなので、暑いのだった。
でもたまにアイス売ってるー。

0802_04.jpg

途中から雲があがってきて、エアコンをかけたように涼しくなってきた。
助かる〜

0802_05.jpg

頂上到着ー。
天気の良さもあいまって、この日は富士宮ルートも大盛況。
先週空いてたのは、やっぱり悪天候だったからか。

0802_06.jpg

お鉢を回って、吉田口と須走口の山頂方向へ。
こうやって見る山小屋群は、溶岩の石垣や屋根の感じが
日本じゃないみたいだ。

0802_10.jpg

中はTHE日本なんだけどねー。山口屋のメニューです。迷う〜
名物、ピリ辛うどんもあります。

0802_11.jpg

味噌ラーメンを選択!ちゃんと生のネギやしなちくが乗ってるだよ。
富士山はやっぱり変な山だ。

好天で登山客が多い週末なこともあり、登山道脇のブルドーザー道を
せっせとブルが往復してました。
この日は富士山往復マラニック、翌日に富士登山駅伝を控えてたこともあり
にぎやかな週末だったのでは。

0802_08.jpg

先週、買い忘れたお土産も買ったどー!(正確には、お土産の数が足らなかった)
このあとお鉢をまた半周して、測候所のところに行ったけど
すごい行列で、断念して下山してきました。

下りもかなり暑くて、途中熱中症気味に。
暑さに弱すぎる…体力自体は先週登ったときより楽でした。
荷物の重さは3.5kg。

帰りはびゅーっと東名を。
足柄SAの温泉入ったら、空いてて大当たり。
なんか見たことある、と思ったら去年須走で行った
温泉天恵の系列だった。

0802_12.jpg

下山して、温泉入って、おいしいもの食べるのが至福。
毎週末富士山行ったら、間違いなく太りそうである。
帰りは渋滞もなく、すい〜っと横浜まで帰宅できました。
やっぱり富士山は行き帰りがらくちん!
あー楽しかった。


富士山2015帰ってきた

富士山登ってきた〜 やっぱり去年秋より体力落ちている。

0726_01.jpg

登山前日、須走の街。虹発見!副虹も見える。
前日から激しい通り雨で、不安定な天気でした。
夜も雨が降り、登山日もぐずつき気味。

0726_02.jpg

案の定5合目から上は雨やら風やら。だびだびである。
去年の一発目に登ったときよりかはだいぶましだけど、
それでも他の登山客はほとんど見ず。
今年は噴火の影響もあって、登山客少なめだそうです。

0726_03.jpg

7合目から上はほぼ全部雲の中。
出発の前夜眠いのを押して、上下の雨具を洗濯→撥水処理したので
雨でも上機嫌である。ゴアテックスの撥水は最後に乾燥機かけるので、
わざわざコインランドリーまでいった。やっといて良かった〜

雨と風が強いとはいえ、個人的には
ピーカンで6合目より下の暑さにバテ、熱中症っぽくなるより
(日焼けもかなりするし)曇りや雨の方が登りやすい。

0726_05.jpg

頂上到着!4時間10分から20分くらい。
4時間切れると思ったのにな〜後半へばった。
そのままお鉢をまわって、
浅間大社奥宮へ玉串をおさめに行くのにくっついてく。

0726_06.jpg

玉串よりお守りや手ぬぐいを選ぶのに余念がない面々。
ちなみに皆さん2時間〜3時間半くらいで登ってる人々です。
おーHENJIN!

郵便局寄ったりして、また久須志神社前に戻りました。
風が強くて、飛ばされるかと思った〜

0726_07.jpg

雨と風で、ほとんど補給食食べなかったので、山口屋ぴり辛うどん!
うましうまし。いつも味噌ラーメンと迷うが、やはりここはぴり辛で。
ちなみに今年は2時間半の先輩は、偉い人のお付きだったので
7時間半くらいかけて登られていました。

0726_08.jpg

夕暮れどき、一瞬、雲が切れた。ようやく景色が見える〜

0726_09.jpg

だいたい、見えてる8.5合目から1時間くらいかかります。
目で見ると近いんだけどな〜。

早めの夕飯を16時ころに食べて、あとはお仕事お仕事。

0726_11.jpg

影富士と、謎の放射状の影現象。

0726_10.jpg

また雲のなか。夕日が反射して、あたりがピンク色に。
この日はずっとガスの中で、霧雨と風で体感温度低かったです。
ダウンやフリース着て防寒。
夜は19時過ぎにいったん撤収。翌日1時頃起きて、またお仕事。

結局日の出までずっと天気が悪く、今年はご来光なしと相成りました。
全員無事下山できればそれで良い。

0726_12.jpg

そして下山時になって、このピーカン。
7時には撤収準備終えて、8時くらいから下り始めます。
途中サポートしたりして、2時間ちょいで登山口へ到着。
前夜までの雨のおかげで、下山道が歩きやすい!砂も舞わず。

0726_13.jpg

登山口のところの売店で、今年も乾杯ビール。
そしてメニューがリニューアルして、超充実していた!!やるな!
地元でとれたきのこ、フレッシュな山椒を使ったパスタやピザの数々、、、
うみゃーでよー!

須走ルートのすばらしいところは、
この売店のビールにあると言っても過言ではない。
そして宿に帰っても飲んで食べる。
結果的に太るのだった。



富士山2015

01.jpg

浮かれまくりである。
今日は前入り、明日の朝から登山。明後日下山。

02.jpg

出張申請は、富士山で出します。

03.jpg

うお、いまご本人↑がやって来たので
びびってphotoshopのウィンドウ閉じてしまった。
久しぶりの山だ〜


夕暮れ塔ノ岳

23日、塔ノ岳行ってきました。
家を出たのが10時半、登山口着が12時という激おそ。

1227_01.jpg

逆算して、4時間で登って下りられるので、本当にぎりぎりです。
自分のタイム通り、14時半きっかりに山頂到着。

1227_02.jpg

こんな時間に登る人いるのかな〜と思ってたら、
ほかに2人ほど。トレランの人と、早足の人。
2人とも、1時間40〜50分台くらいで登頂してました。
(戻ってくるところとすれ違って、逆算したらそんくらい)

1227_06.jpg

結局、大倉尾根を登る、一番最後の人になったみたいだ。
下界は晴れてるけど、山頂付近はめまぐるしく雲が湧いて、
ちょっとあやしい雰囲気。

1227_07.jpg

補給、おやつ以外、何も持ってなかったので尊仏山荘でカップラ。
350円と、お安いのですよー。
ちょろちょろとかきこみ、服を調節して、さっさと下山〜。
時間は15時。1時間半で下りないと、真っ暗だ。

1227_08.jpg

暗くなってきてるし、このガスの中に突っ込むのかと思うと、ちょっと憂鬱。

1227_09.jpg

冬の夕暮れでガスってて、樹は裸だし、寒々しい。

1227_10.jpg

絵本に出てきそうな空の色。
日が暮れるぞ、急げいそげー。
とはいいつつ、ヘッドライト2個持ってるので、大丈夫といえば大丈夫。
途中、下山者を20人くらい抜いて、ビリ挽回。

1227_11.jpg

見晴らし茶屋のところでほぼ日没!
あ〜

1227_12.jpg

いやまだ試合は終わっていない!残照があるんやでー
ダッシュダッシュ。

1227_13.jpg

やれやれー。
なんとかぎりぎり登山口着。下山つかれたー。

1227_14.jpg

ここまでくると街灯があるし、バス停すぐだし、安心。

1227_16.jpg

なんか良いにおいがする、と思ったら、もう蠟梅が咲いていた。
蠟梅見ると、センター試験と、冬の上海を思い出す。
冬だなー。

1227_15.jpg

忘年会続きで体重が2kg増えたので、登るときは結構からだが重かった。
絞らないとなー。

1227_17.jpg

と思いつつ、翌日は食い放題飲み放題クリスマスだったのでした。
うわーん!


     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif