大楠山

0501_09.jpg

昨日は休みだった。早起きできたら、塔ノ岳に行こうと思っていた。
朝4時。目が覚めたら雨の音が…
朝5時。目が覚めたら風の音が…
朝8時。快晴。やっちまった…今日は8時から晴れる予報だった。

自分の意志の弱さにがっかりしながら、家事や猫の世話をして、11時。
山に行くには遅すぎる。ずっと家にいるには時間がありすぎる。

0501_10.jpg

横須賀の大楠山に行くことにしました。
ちょうど新しいシューズを買ったので、試し履きもかねて。
大楠山までは車で40分ほど、ふもとにある菖蒲園に車を置きました。

0501_13.jpg

菖蒲はまだ咲いてなかったけど、小高い斜面にたくさん植えられた藤が満開。
うぐいすの声に、藤の花の香り。蜂の飛び回る羽音、蛙の声、超のんびり。

0501_11.jpg

日差しは強いけど、風も気持ちよく、新緑がきれいで絶好の散策日和。

0501_12.jpg

オオデマリも満開だった。

0501_14.jpg

さー藤も見たことだし、腹も減ったわいなー、と当初の目的をすっかり忘れ、
売店でおにぎりを買ってしまう。だってこのビジュアル!うまそう。
むしゃむしゃとたいらげ、お茶を買い、
そういえば大楠山の登り口を探していたことを思い出す。いかんいかん。

登り口は、菖蒲園の中ではなく、外の駐車場の脇の道を行くのでした。

0501_15.jpg

わっせわっせ。
住宅地の間の道を登っていく。鳥の声や伸びすぎた筍、ノビルなんかが生えてて
ちょっとした伊豆みたいだ。

0501_16.jpg

すこし登りがゆるやかなところは、ゆっくりジョギング。
今日は手ぶらなのだ。(水、お金、携帯、鍵のみ)

0501_17.jpg

日陰は涼しく、木漏れ日の道をとことこと進む。
しばらくすると住宅地から抜けて、横浜横須賀道路(高速)の下を抜けると
大楠山の登り口に到着。

0501_18.jpg

ほおお!(感動の声)
すげえ!ちょっとした山みたい。

大楠山は三浦半島にある標高242mの低山。
ハイキングコースが有名なのは知っていたけど、こんなに
良い雰囲気のところだったなんて。来てよかった。

0501_19.jpg

沢伝いに細い道。全然人がいなくて、結局この日すれ違ったのは
トレッキング姿のご夫婦だけ。

0501_28.jpg

コンクリの一本橋。マリオみたいで楽しい。ちょこちょこと走って通過。

0501_20.jpg

沢から離れて、登り始める。朝まで降ってた雨で、下はぬかるみ気味。

0501_21.jpg

しばらくすると階段になって、ごんごん山を登っていく。
途中ゴルフ場の際を抜けて、20分くらい登ると、頂上。

0501_22.jpg

はあはあ。息はきれるけど、空身だとやっぱり楽だなー。
距離は2km、標高差160mくらい。菖蒲園から30分〜40分。

0501_23.jpg

頂上は広場になっていて、風が良く抜けること。
一組のグループが宴会をしていた。いいなあ。
今日の天気は不安定で、風が強く、低い位置を雲が
すごい速さで走っている。丹沢行かなくてよかったかもな。
雷雨の予報が出ていたし。

0501_24.jpg

昭和のハイキングセンターみたいな売店で一休みして、景色を楽しみ
(主に自分ちが見えないか探した)下山することに。

0501_25.jpg

しゅたたー。帰りは少しだけ違うルートを通る。
こんな道をゆっくり走るのは気持ち良いの一言。シューズも足にぴったりだった。

0501_26.jpg

ひとけのない山道の際には、ミツバがわっさり生えていて、食べごろ。
母だったら摘みまくっているに違いない。どこを通っても生えていた。

0501_27.jpg

しばらく進んで、行きのルートと合流。あとは来た道を戻るだけ。
ところどころに出てくる粘土質の岩肌は、雨に濡れるととても滑りやすい。
子どもの頃よく遊んだ実家の裏山も同じ地質だった。
ビーサンで駆けまわって滑りまくって遊んでました。
粘土質なので、削って粘土にして、土器とか作ってた。

0501_29.jpg

ふもとに降りてきて、谷戸の合間にある畑のわきの道。
ここは鳴き方が一等上手なうぐいすがいて、しばし堪能。
自動車の通る道に出て、菖蒲園の駐車場に戻って、
さて車に乗って帰ろうかなー。

エンジン…

エンジン…!かからんがな!

ライトがつきっぱやがな!

しょんぼりしながら保険のロードサービスに電話をし
30分ほどで着きますよ〜と言われ、駐車場の警備員さんに
その旨を伝えにいくと

0501_31.jpg

まかせろ!
と警備員さんがすごいテンションでご自分のデミオのバッテリーから
ブースターケーブルつないでくれたのでした。神!ありがとうございます!
助かった〜…
タイヤも早く履き替えないとな。

というわけで横須賀の菖蒲園は、自然が素晴らしく、花もみごとで
駐車場の警備員さんがすてきなため、とてもおすすめスポットです。
ぜひ大楠山にも登ってみてください。


鳥ノ胸詳細

金曜日、ゆっくり出発の14時過ぎくらい。
津久井のマルエツで買物をして、道志みちへ。
普通のスーパーなのに、薪が山積みになっているキャンプ仕様。

0427_02.jpg

道志みちを走っている最中からぱらぱらと雨が降り出す。天気予報どおり。
16時半に到着、貸切状態。まじか…。冬来たときより空いている。
タープ持ってないのでシートとロープで雨よけ。自在結び超べんり。

0427_03.jpg

しばらくしたら雨もやんできたので、ゆっくりと夕ごはん。
ローストビーフ、クリームチーズ、マンゴーのジャム、ホテル食パン。
微発泡の赤ワイン。いただきもので一本飲んだら美味しかったので
自分で何本も取り寄せて飲み続けている。ごちそうさまです。

今回は省エネで、着火剤付き炭を買って持っていったら
火起こしが超らく…感動。放おっておいても消えないし。
安心してワインを飲めるのだった。

0427_04.jpg

シメはうどん!ごぼ天と小松菜、冬に作ったのと同じです。
これが飲んだ後だとうまいんだー。
日が暮れると肌寒くなってきて、フリースと薄手のダウンでちょうど良い。
冬の朝霧と比べたら全然寒くない。

このキャンプ場は標高が800mくらい。
モクレンや桜が咲いていて、フキノトウも出ていました。
横浜より3週間遅れくらいかな?
新緑にはまだ早い、冬の装備でちょうど良い感じの夜です。

0427_05.jpg

なんでもないうどんなのに、外で食べるとなんでこんなに美味しいのだ。
ビール飲んでワイン飲んで楽しくなってきたので歌など歌いつつ
周囲300mに人はいないしで楽しい。
夜に巡回に来た管理人さんに、鳥ノ胸への登り口の場所を聞いて、
チェックアウトの時間を確かめつつ、ほぼ酔っぱらい。
ぬくぬくと寝たのでした。

0427_06.jpg

おはよー。翌朝は日の出で目が覚めたけど、二度寝で7時起き。
7時過ぎたら今日チェックインのキャンパーの車が続々と。
今日からGWだからだー。
とにもかくにも朝飯。良い天気だ!

0427_07.jpg

顔洗ったり着替えたり朝飯の用意をしている間に、
隣のサイトやその隣のサイトも人がきて、設営タイムに。
うっかりパンこげた。

装備確かめて、靴履いて、ストック持って、いざ鳥ノ胸へ。

キャンプ場を横切るんだけど、一夜明けたらすごい人出!
タヌキに化かされたみたいだ。
テント張る場所を探す車がたくさんなのと、
どの場所も家族連れでにぎやか…
テントやタープ、ハンモックで百花繚乱っす。
気が早い人はもうBBQ始めててたり。ほえー。

0427_08.jpg

子どもたちのきゃーきゃー楽しそうな声を背に、急な登り口から
無理やり尾根に登る。あとはずっと尾根伝いのはず。
尾根道は眺めが良いし、風が通るし、気持ちが良い。
気温はじっとしてると寒いくらい、でも登ってるとちょうど良い。

0427_09.jpg

ミツバツツジ。

0427_10.jpg

山桜…にしては様子が違う、桜の仲間。これが満開で、
山肌のところどころが、ぽわんと薄ピンクになっていました。
帰ってきて調べたら、フジサクラかな?
富士や箱根周辺で見られる、野生のサクラの一種だそうです。

ひーひー言いながら頂上に着いた!と思ったら
南峰の方で、ものすごくがっかりする。
(鳥ノ胸はピークが2つある)
だましやがって〜、と文句を言いながら、頂上へ。

0427_11.jpg

はあはあ。
やっと本当の頂上。道志みちが見えるぞー!と道志みちを撮ってたら
肝心の富士山の存在を忘れていた。左端に見切れている。
慌て者で不注意、後悔ばかりの人生、
まさに自らの本質を突きつけられた登山であった…。
(日本百名山のテーマ曲)

0427_13.jpg

これは山頂のマメザクラ。かんわいい。
マメとフジは一緒らしい。違う花なんだけど。。

0427_12.jpg

下りもひいひい言いながら降りてきて(下りのが筋肉使うのです)
ようやく我が家に戻ってきた12時。すっかり良い天気で、
シートもテントも良く乾いたであろう。
黄色いテントは羽虫が寄ってくるな。そろそろインナーネット出さないと。

今回は三脚は持っていったのに、一眼を忘れるという
ものすごいうっかりっぷり。あとヘッドライトも忘れた。
ヘッドライトは潮干狩りの時に失くしたくさい。
最近忘れっぷりや無くしっぷりに、加齢を実感するのだった。

そしてジョギングの成果、筋肉痛はこなかった!


鳥ノ胸山

0426_01.jpg

今晩は山菜の天麩羅。とはいってもコシアブラだけ今日買ってきて、
うどとフキノトウは先週末に食べた奴の残り。古い。
コシアブラうめー!

0426_02.jpg

コシアブラ。道志で買ってきた。あと若いわらびとノビルも売ってたので
実家に持っていったら留守で誰もいなかったの巻。
山菜シーズン終わりにして、ようやく山菜の天麩羅を
まともに揚げられるようになってきた。。

0426_03.jpg

金曜日に、フライングして休日をとりました。そんでこの時のキャンプ場へ。
GWは激混みとの情報を得たので前日から。
タオルが干してあるというこの生活感…
夜に通り雨があったので、急遽レジャーシートで覆いを。

0426_04.jpg

目的はこれだ!あのおじさんが行ったと思われる鳥ノ胸山、登ってきました。
ひいひい。

0426_05.jpg

急斜面を尾根に出て、尾根伝いにずーっと行く、難易度の低い山。
だと思ってたら!なんだこれ大変じゃん!!
わ〜足がバキバキだよー。

0426_06.jpg

3食作ったのですが、一番おいしかったのは
下山してから食べたカップラーメン…。うまいうまい!
山登った後は炭水化物が至福の味になる。
しょっぱいものと甘いものがしみる〜

0426_07.jpg

猫はお留守番。今日は暑かったけど、先週の寒かった土日は、
最後の石油ストーブを堪能しました。けろが。
石油ストーブは一酸化炭素と、猫が溶けるガスを放出しているに
ちがいない。

明日の筋肉痛が怖い。


     



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif