4月の雲南旅行その1

家のVPNとjugemの相性が悪く、間が空いてしまった。
忘れないうちに4月にいった雲南旅行です!

4/3 上海虹橋 - 麗江
4/3 虎跳峡トレッキング
4/4 虎跳峡 - シャングリラ
4/4 シャングリラ(天候予備日、3日と4日が雨の場合ここにずれこむ)
4/5 シャングリラ
4/6 シャングリラ - 昆明 - 上海虹橋

雲南省はじめて、どんなところだろー。



地図でいうとこんな感じ。チベットまではいかないけど、かなり西側です。
西はミャンマー、南はラオス。
上海から麗江まではフライト時間が3時間半近く、
九州が1時間半なので、九州の方がだんぜん近い。

ちなみに自分の頭の中の中国のイメージはこんな感じ。



異論は受け付けます。中国人民10億人から突っ込まれそうだ。
つーか島国の日本人からすると、でかすぎて、多彩すぎて、把握できんつーの。



朝の便で上海虹橋空港発だったので、7時くらいに空港でご飯。水餃子とビール。
3時間半、中国東方航空で寝ると



麗江空港に到着ー。
昆明を経由するルートがメジャーですが、上海から直行便が1日2便出てるので便利。
値段も片道25,000円弱と、まあそこそこ。
(ちなみに上海-佐賀往復がいま22,000円くらい)

空が青い!山がでかい!ここで標高が2,400m。高いのである!



空港内の広告でも、高山対策エナジードリンクが。
えー、てことは結構高山病なる人がいるってことだよな。高山病なりやすいので心配。



空港からバスで麗江市内まで移動。春まっさかりの田舎道。
遠くにすげー高い山が見える!あれが玉龍雪山か、、。
ちょっとまってー、ここの標高が2,400mで、さらにあんなでかいとは。
市内から15kmほどのところにあり、頂上は5,596m、未踏峰なんである。
え、街からすぐ近くやん。
しかも4,506mまではロープウェイでいける。いいのかそれ。



市街地のバスターミナルで唐突に降ろされた。
空や太陽の光がきれいだー。そして空気薄い。



ここから観光スポットの老街まで、歩きたくないのでDDする(タクシー呼ぶapp)。
いまの中国都市部ではなくてはならない滴滴打車appですが、
こんな都市までカバーしてるのかと思うと本当すごい。
美団デリバリーのバイクも走りまわってて、10億人の市場の底力を改めて知る。



老街到着ー!

こ、これは!日本でいうと妻籠や馬籠的な、
古い建物が保存されている地区なのだけど(火事でかなり消失したらしい)、
規模がすっげーでかい。街がまるごと一個、整備された観光スポットになっている。

いいねえー しかし腹が減ったな。



てけとーにそこらの「名物 豚骨スープ鍋」と書かれたお店に入る。
中国も台湾もどこ行っても鍋が人気だなー。



塩漬け豚ベースのスープに、鶏肉が入った鍋にしました。
野菜はセロリとか白菜、茎レタス、水菜、トマト。あとは春雨のびろびろしたでかいやつ。



味付は、鍋のスープをちょっととり、この3つで調整します。
左上は唐辛子、右上は腐乳みたいなの、右下はうまみ調味料入りの塩。
全部を良い塩梅に混ぜると、豚骨らーめんのスープみたいにコクがある!
まあすごく美味しいって訳ではないなー。
なにより、値段が観光地価格で、高すぎる。

お腹もいっぱいになったので、宿探し。



天気はすかっと晴れ、至るところに花が咲き、観光地化されているとはいえ
本当にきれいな午後でした。



空気もきれいなんだよなー。



暑いので、いちご入りヨーグルトアイス購入。食べ食べ歩く。
お店の感じは、中国のほかの古鎮と同じかな。観光客向けのお店ですね。
個人的意見ですが、中国の観光古鎮はどこも差不多了、飯がイマイチ〜



とはいえ街並みが本当にきれいで、光が明るく、風が気持ち良く、
四季のうち3つが春、という雲南省常春伝説を実感したのでした。



てけとーな客桟をみつけ、値段をきいたら、なんと100元(1,700円)。



バストイレもある個室だし、ここに決定ー。
今回の荷物はこの山用ザック1つ。山に行く予定なので、着る服も全部山仕様。
気温も28度から-3度くらいまでカバーできる組み合わせで持ってきました。
6kgくらいかな。



翌日は玉龍雪山の裏側にあたる、虎跳峡という峡谷まで行く予定。
荷物を下ろして、宿の人に峡谷までのバスを手配してもらう。
トレッキング中には必要ない荷物をどうすれば良いか相談したら、
そのままバスに乗せてゴール地点まで回送してくれると!超便利!
ここの宿は英語が通じず、中国語オンリーでした。

「やっとくから観光しといで〜」と言われ、街をぶらつく。



しかし春とはいえ、いろんな花が咲きすぎじゃないか!



高地のため、夜間温度が下がるからか、花保ちが良いそう。この八重桜ずっと咲いてるって。



ちょうど柳が新芽どきで、光が透けて風にゆれて、なんともきれいである。

0503_23.jpg

そして高地なので雲が低い。
こんな街中なのに、乗鞍や焼岳と同じ標高なのである。

0503_24.jpg

日が暮れてきたので夜飯。これで夜8時くらい。
中国は国内に時差がなくて、麗江は西側にあるので、かなり日の出と日の入りが遅い。
入ったお店は大衆点評(中国の食べログ)で高評価のお店だったのに…!

0503_25.jpg

美味しくない!がーん。唯一おいしいのはきゅうり和えだけ。
左上は、名物の水草の茎炒め。とろっとしてるけど味付けがいまいち。
右下の四川風肉炒めもいまいちのレベルにも達せず、まずい。
これはセレクト間違ったか、と思い外れなさそうなのを追加発注。

0503_26.jpg

ああー。これもいまいちだー。
実はこの店に来る前に、老街の外の小さい四川料理食堂に
入ろうかと思ったのだけど、せっかく観光地に来たのだからと思い直し
老街に戻って、評判のお店に(行列までして)入ったのに…。
どこの古鎮も、高くてうまいものなし、である。

0503_27.jpg

大量にあまりそうなので、打包ダーバオ容器をもらい、明日の朝食に回す。
明日は6時半起きなので外に食べに行く時間がないから、ちょうどいい。
なんで雲南省まできて弁当詰めてんだっつの…ぶつぶつ。

最後は傷心の1日目でありました。

つづく!

 

北京行ってきた

1203_01.jpg

木曜日から出張で北京行ってました。
天気予報で見てはいたけど、夜になると氷点下で寒い!-6度とか。
日中は3度くらいなので、そこまで寒くはなかったです。

1203_02.jpg

なにより建物の中がどこもあったかくて…というより、暑すぎる!
仕事中はTシャツでした。でかいスタジオ中が床暖でほかほかだった。
冬の北海道ってこんな感じなんだろか。

1203_04.jpg

夜はヤンジンビール。北京といえば燕京啤酒。

1203_05.jpg

同じく名物のジャージャン麺。っぽく発音すると、ヅァージャンミエン。
ここの店のはひら打ちの縮れ麺で、味噌(炸酱)も素朴な味で美味しかった。

1203_06.jpg

北京はじめての人がいたので、大衆点評(中国の食べログ)の
北京ダック特集で1位のお店へ。まずいわけがない。美味しい。
だいたい人気店はどこも同じような味なので、どこで食べても良いような…

90年代初頭に北京で食べたダックは
もっと薄餅や味噌が素朴だった記憶があります。
全聚徳の味が近いかな。

1203_03.jpg

お昼に食べた四川料理。これが安うまかったー。
上海で食べるのは上海風四川料理、ここは北京なので北京風四川料理。
両方とも四川の四川料理とは違うんだけど、
個人的に「北京風四川料理」はかなりツボでした。
「上海風四川料理」はイマイチなんだよなー。
北京は上海より食事が安いので、
「この味でこの低価格!」という喜びもあります。

仕事も無事終わり、今朝の早い便で上海に帰ってきました。
上海あったけ〜。

1203_15.jpg

木に葉っぱついてるし。
うちのマンションの前の通りです。ナンキンハゼがきれい。
北京と上海は同じ大都市でも、街並や文化が全く違うので面白い。
広州やウイグルや雲南、内モンゴルとか、
中国はあまりに風土も文化も多彩すぎて、
ひとつの国という感じがしないのである。

1203_13.jpg

3日間留守にしていたので、むっすーとしている、ぽん。
ペットシッターさんに沢山遊んでもらったくせに…。

1203_12.jpg

「お詫びのしるしにカリカリ大盛りよこせー!」

1203_11.jpg

よこしません。というか、ルスモの上から降りなさい!

1203_09.jpg

ぬくぬくと眠る母親。

1203_10.jpg

起こしたら不機嫌に。
せっかく毛だらけの毛布を洗濯して干したのに、また上で寝られてしまい元の木阿弥。

1203_14.jpg

まるぞうは明日帰ってくるので、人間も猫ものんびりしている。
まるぞうがいないと静かだなー…。
そんな週末でした。
 

台湾駆け足の旅その3

あっという間に帰国日の、3日目。

0925_36.jpg

行きは上海-台北で、帰りは高雄-上海でとったので、
3日目は新幹線で高雄へ移動です。

0925_34.jpg

駅弁はやっぱり台鉄弁当!
高い奴が売り切れで、安い方の豚スペアリブしか残ってなかった。

0925_34.5.jpg

ので、コンビニのおでんを急遽追加。
この肉団子、つみれ系の怪しいまでのQQさ(モチモチの弾力感形容詞)が台湾だな!
2時間ほどで、終点の高雄へ到着。

今回は高雄の海側にある、旗津島という観光地を回ることに。

0925_37.jpg

台北よりさらに暑い高雄。
天気はピーカンで、じりじりと肌が焼けていくのだ。

0925_38.jpg

まずは陸側の西子湾の駅前で、レンタル電動バイクゲット。
暑い中歩くのは自殺行為である。

で、そのレンタルバイクで、フェリー乗り場まで行き、そのままフェリーへ乗船。

0925_40.jpg

やっとることが上海と変わらんな…。

0925_39.jpg

このフェリーが、旗津島と陸側の西子湾を5分くらいで結んでいる。

0925_41.jpg

さくっと島側へ到着。
いくやでー!びゅー!
勝手知ったる電動バイクを駆り、旗津島に走り出すのであった。

0925_42.jpg

とは言っても、こんな感じでかなりな観光地。

0925_44.jpg

気持ちのよい海沿いの公園があったり。

0925_43.jpg

はー、久しぶりの海ですわ。
高雄は港が世界的にも有名で、海面にはタンカーがすんごいたくさん浮かんでいる。
電動バイクでふらふらと食堂を探し、適当な1件に入ることに。
メニューは主に海鮮。

0925_45.jpg

バイ貝の茹でたの。

0925_46.jpg

ハマグリいため。

0925_47.jpg

牡蠣の唐揚げ。
うーん、まずくないし、美味しいけど、なんか普通。と思ったら

0925_48.jpg

オオタニワタリの炒めものがうまいー!
シャキシャキして、癖がなく、すこしトロっとしている。
水曜どうでしょうの西表島で、ロビンソンが頑張って採ってたアレです。

0925_51.jpg

この茶色い木の実がアクセントになって、うまい。
「破布子」という、とくに台南で有名な特産品だそうです。
ケイパーみたいな感じ。
植物の実を塩ゆでにして、醤油などで漬けるのだとか。

はまってしまい、おかわり発注。

0925_50.jpg

美味しい…ぱりぽり。
満腹になったところで、フェリーに乗り陸側に戻る。

0925_52.jpg

丘の上にある、旧イギリス領事館へ。

0925_54.jpg

おー、高雄の港が一望できる。
ちょっと横浜を思い出すような感じ。

0925_53.jpg

高雄もいいとこだなー。面白かったです。
あれだな、自分は電動バイクに乗ってればそれでご機嫌だからかもな。
オシャ女子旅!とかで来ちゃうと、ちょっと困る街かもしれない。

それにしても、3日間とも晴れて、ビールが美味しい旅でした。
残念ながら、今日から上海で仕事です。
 

台湾駆け足の旅その2

2日目は、平渓線に乗って十分へ。

0925_17.jpg

台北駅から瑞芳駅経由の平渓線ですが、これまたものっすごい混んでいる。
みんな行楽が大好きなんだけど、行き先がかなり限られてるので、
休日はどこに行っても大混雑、というのは台湾も上海も同じ。

0925_18.jpg

人混みに唖然とする友人。十分は3回目だけど、休日はいつもこんなで、
九份はもっとすごいことを伝えると絶句していた。

0925_20.jpg

まあそれはそれとして、晴れて、色がすごくクリアに見える。南国だなあ。

0925_19.jpg

線路の上でのランタン飛ばしも、青空によく映える。
かるく昼食を食べて、お土産屋さんをひやかして、ランタン飛ばして、
海を見に九份に行くことに。
時間がもったいないので、タクシーでぴゅーである。

0925_25.jpg

九份到着ー。相変わらずの混み方なので、空いている九份茶坊の下の店へ。

0925_21.jpg

空の色と海が真っ青で、風が気持ちよく、静かで、ほっとする。

0925_22.jpg

初めて台湾に来たのが10年前で、そのときからほとんど変わらない。

0925_23.jpg

2007年の来台時には、北埔の水井茶堂も行ったのですが、
あまりの素敵さにくらくらしたものでした。

0925_24.jpg

茶梅やおつまみ黒胡椒枝豆をぽりぽりしながら、お茶をすすって海を見る幸せ。
人混みにやられた友人は「ここが一番気に入った」と。
そうなんだよねー、九份も夜市もあまりの人混みで、人混み苦手な人は
楽しくもなんともなかったりするものな。

0925_26.jpg

階段をさらに登り、いもだんごかき氷、芋圆ユーユエンを食べに。
これは好評でした。よかったー。
帰りは九份のタクシー乗り場から、タクシーで台北市内にぴゅーと帰還。
瑞芳周りの電車の旅は旅情があっていいんだけど、休日はいかんせん混むし、
時間を買ったと思って今回の旅はタクシー活用しまくり。

0925_27.jpg

九份や基隆方面からだと近い、饶河街夜市ラオハージェ夜市の前でタクシーを降りました。
台湾といえば夜市でしょう。
ちなみに九份帰りだと、基隆の夜市でもいいですね。

0925_28.jpg

日本人の間で評価が高いイカフライ。

0925_29.jpg

夜市に着いたのが17時前くらいだったので、いつもは大混雑のあの店も、この店も、
まだまだがら空きでした。胡椒餅も全然列がなくて、別の店かと思ったくらい。

0925_31.jpg

うーん、うまいけど甘いな〜。薬膳スペアリブスープ。
せせりながら食べる肉が美味しいです。

0925_30.jpg

牡蠣オムレツ。タレが甘い。

0925_33.jpg

あとは、台湾といえば麺線ですかね。

0925_32.jpg

この、のびのびの素麺と、とろみスープ。
何度食べても謎の食べ物、麺線。だがなぜかはまる味なのだった。
そのあとはまた足マッサージに行き、2日目の夜が暮れていったのでした。

夜市を歩いていると、日本人で、どこの屋台で食べたら良いか、
どんな物なのかわからず、決めかねて端までいっちゃう人を見かけますが、
それでいいと思います。
屋台はあくまでB級グルメ(小吃)なので、
ここで食べなかったら一生後悔する、というものでもないし。
金額的にしょうがないですが、
どれ食べても化学調味料の味が激しい感じだったりする。
今回の旅行は小吃メインで食べて回ったのですが、
味精ストームがすごすぎて、ちょっと気持ちわるくなった。。

もちろんそうじゃないお店もあるし、家庭料理は違うと思いますが。
上海もそうなんですが、リーズナブルに中華のメニューを
作ろうとすると、科学調味料が必須になってくるのかと。
日本も同じだけど。
なんて言うのは野暮なんかな〜。
 

台湾駆け足の旅その1

今週末から秋の大型連休(9連休)の国慶節が始まるのですが、
その前に金土日と台湾に遊びに行ってきました。
国慶節だと飛行機のチケットがばか高くなるのだ。

0925_35.jpg

上海から台湾までは飛行時間1時間半くらい。九州よりもっと近いのだ。
朝8時台初の飛行機に乗れば、昼飯から台湾で楽しめる。

0925_01.jpg

ということで、ホテルに荷物を置いて、金峰ルーローファンに直行。

0925_04.jpg

すんごい久しぶり!
今回は台湾初めての友人と一緒なので、2泊3日で台湾ダイジェスト版やったら
こーなるかなという感じの詰め込み旅であります。

0925_03.jpg

しかしやっぱり台湾料理も甘いな〜。上海と同じくらい。
金峰ルーローファンは、個人的にはスープがいけていると思います。
右上は苦瓜と豚のスペアリブスープ。右下は鶏肉とハマグリのスープ。

0925_02.jpg

相変わらずの行列だったけど、2人だと待たずに間に入れた。
からの、すぐそばの中正記念堂へ。

0925_05.jpg

蒋介石ゆかりの観光地です。
それにしても、暑い!死ぬほど暑い!
早くも死にそうになる。
テレビのニュースでも「秋分の日なのにくそ暑い」といういのがニュースになるほど。

中正記念堂のなかで涼んだあとは、晴光市場へ。

0925_06.jpg

わー懐かしい。
台湾がすごいのは、4年たっても店がほぼ変わっていないこと。
上海は商店の栄枯盛衰が激しく、4年経つと不人気店も人気店も結構入れ替わる。

0925_07.jpg

変わってない晴光意麺。

0925_08.jpg

台湾は上海に比べて、時間の流れがゆっくりしている。
扇風機にあたりながら、小吃をぼーっと食べてると、旅情に浸れるのだった。

そのまま足マッサージへ。足が軽くなったところで、故宮博物院へ。
自分も初めて行くであります!

0925_09.jpg

あれでしょ?
豚肉と白菜があるところでしょ?
と思っていたら、ほかの展示物や特設展示も結構気合入っていて面白かったです。
豚肉は公開していなかった。

0925_10.jpg

白菜というより、使いかけの娃娃菜(小型白菜)ですな。

漢字の源流展が面白かったです。
漢字は生まれたときから今までずっと形を変え続けているというくだりがあり、
台湾、日本、中国の漢字が違うのも、その延長線上なのかと思うと趣深い。

2年以上簡体字の中国で暮らしていると、台湾の繁体字の中国語は、
ぱっと見た時に「むむっこの字なんだっけ!?」となって面白いです。
それでも、展示物の原始的な漢字を見ていると、意外と理解できちゃうので、
表意文字のすごさを思い知る。

0925_11.jpg

からの、林森北路でエビ釣り!

0925_12.jpg

なんかエビ飼育の安全性の問題で、閑古鳥らしいですね!やったぜ貸切。

0925_13.jpg

お店のおじさんも、超丁寧に教えてくれます。閑古鳥効果かなあ。

0925_15.jpg

餌もスペシャル餌をただでサービスしてもらいました。
これは…ともぐい?

0925_14.jpg

じゃんじゃん釣れるでありまーす!
ビール飲み飲み、1時間で7、8匹釣って終了。これはイージーすぎるな、、。
友人と合わせて10匹以上あったので、6匹だけ焼いてもらうことに。

0925_16.jpg

いっただったきまーす!
エビ釣り楽しいなあ。上海にもあればいいのに。
エビのあとは鉄板の小籠包を食べにいき、
1日目の夜が暮れていったのでした。

つづく!


     



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif