高松行ってきた その2

金比羅さんへの参道は、宿の庭から入っていける。

0212_08.jpg

あそこも泊まれるんだってー。外から見られまくりだな。
裏参道の山道をとことこ行くと、しばらくして

0212_09.jpg

大門下の参道にワープ!良い眺めじゃ。

0212_10.jpg

あとはひたすら階段登ってくと、いくつも社がある。これは旭社。
これだけ登りやすい階段があるということは…
やはりトレーニングしている人がいる!羨ましい。

0212_11.jpg

奥社にワープ!
だいたい40分くらいで下から登ってきた。
標高差が390mらしいので、塔の岳の1/3くらいです。もっと登りてえ〜

途中、書院の丸山応挙に激しくひかれたが、日没が近づいてたので泣く泣くスルー。
帰り道は本宮で絵馬を書いたり、おみくじひいたりまったりと下りました。

0212_12.jpg

大門まで下ってきたときには、すっかり夕暮れ。

0212_13.jpg

行きは通らなかった参道を、ぶらぶらと。

0212_14.jpg

名物、灸まんの看板が、街中いたるところにあって、良い味を出している。

0212_16.jpg

宿に帰ってきて、至福の一杯。いいなー、日本のコンビニ最高。

0212_15.jpg

暮れ行く。
夜は温泉に入り、おいしい和食を食べてご満悦でした。

つづく!
 

高松行ってきた その1

春節休暇中です。9日から11日まで高松行ってきました。いつもの春秋航空。
でも普段より3倍くらい、春節価格で高かった。↓普段



普段は脅威の、上海から往復13,880円。
東京から新幹線で行くより安いのだった。
上海9時発の便で、高松に着くのが11時半。ちょうど小腹が空いたな〜
と思っていたところに、このレンタカー屋さん!!

0212_01.jpg

どーん!
うどん意識高い!しかもレイアウトや文字がとっても見やすいし、雰囲気ある。

0212_02.jpg

横からも。
うどん県の情報はあふれるほど豊富で、逆にどこに行ったらいいかわからない。
だからこうやって、絞ってオススメされると、とてもわかりやすい。
ありがたや〜 ありがたや〜 しかも

0212_03.jpg

この手作りうどん店MAP!るるぶと共に貸し出し無料だった。

0212_04.jpg

中がシンプルでわかりやすい!これ欲しい!
では出発〜。まずは名店、山越うどんから。

0212_05.jpg

ワープ!なんだなんだ。うどん屋なのにこの面積の駐車場!しかも2面もある。
行列かな〜と思いきや、回転が早いのと中が広いので、待たずに食べられました。

0212_06.jpg

いっただっきまーす。かまたま。
ずるずる、おいしいな〜。実は以前出張で徳島来たことあるので、
四国のうどんは2回目。
神保町の丸香のおいしさも知っているので、味は想像の範囲ではある。
これが近所にあったらな〜幸せだなあ。

そんなこんななうちに、うどん屋の平均閉店時間13時を過ぎてしまう。
(大体営業時間が10時-13時)
まだやっている宮武に行くことに。

0212_07.jpg

ワープ!
麺がねじれてて小麦の味がしっかりする。出汁も香りがたっていて、
山越と比べると、全体に少し強い感じ。これもおいしい。

流れてたテレビのワイドショーで
清原の元同僚、野村選手の衝撃映像を見て
うどんが鼻から出そうになる。

鼻をおさえつつ、宿へ移動。



金比羅さんのふもとのお宿に到着ー。
よく晴れて、町と讃岐富士が一望!荷物置いて金比羅さんへ。

つづく!

 

九州温泉の旅その3

買ってきたもの。

1026_38.jpg

今回はこれがほぼ目的。けろぽん用のドライフード。
上海でもロイカナ買えるんだけど、EU版の並行輸入品、中国生産品がある。
そして偽物も存在している、らしい。
何が本物で、何が偽物なのか、判断できる根拠が全くないので、
日本で買ってくることにした。

1026_39.jpg

それからスーパーで買った、細々とした、でも欲しいものたち。
鍋キューブとか、ダマにならないで振りかけられる小麦粉とか、
同じく片栗粉とか、かゆいところに手が届く系のTHE日本製。
あとは缶つまシリーズ、ぎんなんとか、おつまみ系。

1026_40.jpg

ぶどうの種のとなりのショップで買ったもの。
乾物好き。あとはアルミニウムフリーのベーキングパウダー、布巾とか。

1026_41.jpg

パッケージ買い。お、おいしそう…。

1026_42.jpg

職場へのおみやげに、ぶどうの種の「まめたん」。キャラメル最中。
そういえば前回の佐賀銘菓、逸口香は、職場で意外と好評でした。
素朴でしょうがの味がして、良いのだろうか。

1026_43.jpg

器たち。
小鹿田焼と、うなぎの寝床で買った染め付け。

1026_44.jpg

良いたわしと、はとぶえも買った。
つぼは、砂糖と塩を入れようかと。スプーンが立てられる。

1026_45.jpg

か、かわいい!

1026_46.jpg

鳥コレクションに加えてやる。
(まわりの鳥は沖縄のロードワークスの)

1026_47.jpg

それからタコウィンナーTシャツ!かわいすぎてぴったりサイズが売り切れだった…。
でも欲しかったので、サイズがあわないけど買ってきた。

1026_48.jpg

ぎゅーん!

1026_49.jpg

台所の備蓄棚があふれている。

1026_50.jpg

日本に帰任する人から貰ったものもあって、すごい日本製率である。
そして今晩はお好み焼き。あー我が家。


九州温泉の旅その2

1026_12.jpg

2日目。いつもよりすこし早く出発。
昨夜は暗くてまわりが全然見えなかったけど、こうなっていたのか。

1026_14.jpg

もう紅葉が始まっているのだった。

1026_13.jpg

これで「うけのくち」と読む。

1026_15.jpg

朝の光がきれいだなー。
9時半なのに、もうドライブに来ている日帰り入浴の人が続々と到着していた。
なんて人気がある温泉なんだ。
まわりにやまなみハイウェイがあったり、ドライブにはぴったりなところにある。

1026_17.jpg

秋です。

1026_18.jpg

近所にあるから見ていきなさい、と教えてもらった九重夢大橋。吊り橋。
橋渡るのにお金とられるのである!
見るだけにしました…。

1026_20.jpg

山の中の道をぶーんと、一路日田方面へ。

1026_19.jpg

空は良く晴れて、ほかに走る車の無い道は快適である。

1026_21.jpg

お昼前に着きました!

1026_22.jpg

小鹿田焼の集落です。
ここも前回来たかったけど、来られなかったところ。
集落の中に、小鹿田焼の窯元が沢山あるのです。

1026_23.jpg

全部小鹿田焼なんだけど、窯ごとに異なる特徴があるので
ゆっくり見てまわるのが楽しい。

1026_24.jpg

集落のいたるところに唐臼があって、水路を利用して陶土を細かく砕くために搗いている。
この唐臼がたてる「ばこーん」って音が日本の音風景100選に入っているそうです。

1026_25.jpg

工房。ほかにも登り窯が至るところにあったり、本当に「焼き物の里」である。
波佐見も良かったけど、ここも良いな〜。

1026_26.jpg

名前は「皿山」という。…そのままやんけ!

1026_27.jpg

特徴的なとび鉋の模様。
おされセレクトショップとかでもよく見かける小鹿田焼きですが、
こうして来て見てみると、本当に民陶なんだなーと納得できます。
洗練されているようでざっくりしていて、値段も手頃。

1026_28.jpg

普段使いにできそうな容器や皿をかいました。
いやー良いところだった!来て良かったです。
しかしどこの窯の直売所も無人で、呼び出しボタンがあるのみ。
これは日本だからこそだな…

満足したところで、こんどは南下して、うきは市を目指す。

1026_30.jpg

こちらもチェックしていたセレクトショップ、ぶどうの種。
器系をメインにそろえてある。
柿畑が広がる丘の中腹に、カフェやギャラリー、
セレクトショップ数件が固まってて、地元の人も沢山来ていた。

1026_32.jpg

昼どきで1時間待ちで入ったカフェのテラス席。
待ち時間にショップの方を回ればよいので、ちょうど良かった。

1026_31.jpg

これは食べ物系を集めているショップ。
ぶどうの種自体は、最近人気の若手系の作家さんの器がそろえてあって、
そんなに目新しくもなかったような、、
千鳥で良く見る作家さんのものとか。

1026_33.jpg

ようやっとご飯にありつけるー!
薬膳カレー。たまにはこういうオシャなものでも食べないと。
ロケーションとか、沖縄の花人逢とすこし似てます。

あーゆっくりできて、お土産も買えたし、
満足満足ー。
今日のゴールの佐賀駅を目指して、ふたたび大分道へ。
佐賀大和でおりて

1026_34.jpg

やはりイオン!通りがかりにあったので、喜んで立ち寄り。
サランラップとか、暖かい靴下とかを買う。安いな〜。

たった2日の買い物で、荷物が20kg近く増えました。
どっさりの荷物をかかえ、佐賀駅前でレンタカーを返却し、
駅前のビジホへ。

1026_35.jpg

夜は寿司屋で土瓶蒸し!やら

1026_36.jpg

ひもきゅう!やら、満喫いたしました。

前回の九州旅行が、移動距離が多すぎて
まったくもってゆっくりできなかったので、
今回はルートを絞り、ちゃんと計画したのでばっちり楽しめました。

しかし、いままで旅行でこんなに買い物したことなかったなあ。
ずっしりと重たくなったスーツケースに難儀しながら、
翌日はバスで佐賀空港へ。

1026_37.jpg

8kg超過の33kgで、エキストラチャージを支払い。
満足のチョコパフェと、これから乗る予定のボーイング。

飛行時間は1時間半なので、缶ビール飲んで一眠りすると、もう上海です。
近くて楽しい九州でした。


九州温泉の旅その1

また行ってきました。だって往復で、サーチャージ税込みで15,000円ですよ。
東京から行くより、上海から行く方がだんぜん安い。
土曜の朝便で、佐賀空港に11時くらい着。

1026_01.jpg

今回はスズキのスイフトでした。ちゃきちゃき走って良い車。
まずはセブンイレブンへ行って、ATMで日本円をゲット。

1026_02.jpg

お弁当も〜。
上海は和食系は食事に困らないのですが
唯一食べたくなるのは日本のコンビニ弁当&コンビニスイーツ。
あーこの赤ウインナーと唐揚げよ。

前回の失敗をふまえ、今回はさっさとコマを進めます。
まずは八女市のセレクトショップ「うなぎの寝床」へ。
前回行きたかったけど行けなかったのだ。

1026_03.jpg

こんな町並み。
ちょうど良く晴れた土曜日で、静かな街の中に、観光客がそぞろ歩く。

1026_04.jpg

古い町並みが残っていて素敵です。

1026_05.jpg

うなぎの寝床。地元の作家さんのものや、くらし系アイテム、器などがある。
さくさくお買い物。隣も雑貨屋さんで、庭でコーヒーを出したり、野菜を売っていた。
町並みも素敵だし、うなぎの寝床は下調べして好みにばっちり合ってたので満足!

今度は北上して、鳥栖に移動します。

1026_06.jpg

九州一大きい、鳥栖プレミアムアウトレットに到着!
本当に何度も何度も書くけど、まだ(2ヶ月たつのに…)船便の引越荷物が
届かないのである。上海は南とはいえ、もう朝と夜は寒い。洋服を追加で購入。
アウトレット用の作りの服なんで安っぽいといえば安っぽい。

1026_07.jpg

そのあとは近所のフレスポ鳥栖へ!
ここは猫用のロイヤルカナンを売っているのだ。下調べ済。
ペットショップへ直行し、ロイヤルカナンをお買い上げ。

日が暮れかけてきたので、急いで今晩の宿へ。
今晩は、うけの口温泉、新清館です。
夕日が差す大分道を東に走り、九重でおりて、山道を走ることしばし。
真っ暗な山の中にぽつんと温泉宿があり、それが新清館。

1026_08.jpg

宿のなかはこんな感じ。

1026_09.jpg

部屋。夜は寒い!石油ファンヒーターつけると、石油の良いにおい〜。ふがふが。
全体に古い風で新しい作りだった。きれいだし。

1026_11.jpg


九州の秘湯の中でも割と高ランキングに入る温泉なのである。
もちろん掛け流し。温泉が濃すぎて、湯船の形が変わるくらい析出物がたまっている。
水道の蛇口にいたっては古代遺跡から出土した物体みたいになっている。

石けんもシャンプーも持ってなかったんだけど
これまた古代出土物的なシャンプーが置いてあって、
使ってみたら中身はちゃんとシャンプーだった。
露天と共同浴場もあって、どっちも良かった!

1026_10.jpg

ご飯はザ山の宿。業務用のでき合えのものが多い。
(その中では美味しいものチョイスされてる)これに、天ぷらと、馬刺がついた。
鯉の洗いとか、酒飲みにはばっちこい!コースである。
ゆっくり飲んで食べてご満悦。

部屋に戻って、つげ義春読みながら就寝。

日本から引っ越すにあたって、本棚の本を全部
デジタル化したので、iphoneでいつでも読めるようになった。
旅先での楽しみが増えました。




     



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif