げこげこ

カエル美味しい、というネタなので、苦手な人はそっ閉じ推奨です。



上海は早くも梅雨っぽい天気になってきました。
先週末はずっと大気が不安定で、激しい雷雨になったり。
上海は東京と比べると気候が安定してるので
(大雨や大雪、台風、地震がほぼない)
久しぶりの雷の轟音に、犬ともどもびびりました。

梅雨っぽい、、といえばカエル!
ということでカエル食べるよー。(以下、カエル捌く写真有り)



まるぞうの散歩にいったあと、汗だくになったのでシャワーを浴び、
洗い髪で部屋着のまま、いつもの市場へバイクでGO。
髪も乾くし、夕風が涼しいので、大変気持ちが良いのである。ノーヘル万歳。



久しぶりの魚やさんである。
上海蟹や冬のすっぽんシーズンにはよく来たんだけど最近ご無沙汰でした。
ウシガエルくださいなー。ウシガエル=牛蛙ニョウアー



この魚屋さんはスッポンでもウシガエルでも、
全部キッチンバサミでちょきちょき締めて捌いてゆく。合理的である。
捌き方は簡単で(見るだけなら)
首をちょきっと落とし、身体を縦に切って内臓を出し、皮をぺろんとめくる。
あっという間である。



八百屋も寄って、買い物おわりー。
まあこんなもんかな、という値段。
八百屋の夫婦が上海弁で掛け合い漫才をしていて
言葉はわからないけど楽しい買い物でした。

ほかに必要なパセリは、欧米人向けの小さなグロサリーで購入。
1パック120円でした。上海人はセロリ食べるがパセリ食べないのだ。



帰宅ー。髪も乾いた。
つながってたカエルの前足と後ろ足を、ハサミでちょきちょきとバラす。
これに塩こしょうをして



小麦粉まぶして、今日はカエルのソテーであります。
もちろん白ワインはばっちり冷やしてあるぞよ!



オリーブオイルしいたフライパンで、しっかり火を通し
いったん皿にあげたら



バター溶かして、ニンニク投入。



バターを絡ませて、かりかりに仕上がったら、最後にパセリ!
うううバターとにんにくの香りが う・ま・そ・う!



できあがりー!
レモン絞るとまた美味しい。
ビールにも合うし、白ワインにも合うやで。

味は、ジューシーな白身魚とぷりぷりとした鶏ササミを足して2で割った感じ。
淡白なんだけど、ちゃんと旨味があって、なにより臭みが全然ないのです。
ちなみにこのときは、和風の唐揚げでやんした。

中華だったら、近年はやっている麻辣香锅マーラーシャングオに
カエルを入れるのが美味しいと思う。



こういうのです。
野菜や白身魚、肉、モツ(センマイ)、カエルなんかを、スパイスと一緒に炒めた料理。
これがピリ辛で、白いご飯にあって、美味しいのだな。

今回はフレンチ風ソテー。
フランスで食べるのはトノサマカエルの一種で、もっと身がしまってるみたい。
ああそれも美味しいだろうな〜。
こんな感じらしいです。美味しそうだなあ。
ホヤやナマコを食べる日本人がカエルを食べないのは不思議である。



雨続きで雷も鳴ったので、公園の芝生にきのこがいっぱい出ていた。



ここに生えてる樹はムクロジの樹。



実がたくさん落ちていた。



中の種はこんな感じ。羽根つきの羽に使う、アレです。ぴかぴか光って綺麗だなー。



このムクロジのあるところの近くで、よくサックスの練習をしているおじさんがいる。



夕暮れ時はムーディーなスタンダードナンバーを吹いてくれるので、
川風に吹かれながら散歩するBGMに最適なのである。



先日、お昼前に通りかかったら、なんか聞いたことある曲を練習していた。
これはー、これはー、なんだっけー。
えーと、、あれだ!



ピコーン!!
瀬戸の花嫁!!!



まさか上海で聞くとは思わなかった。
瀬戸の花嫁の次は、北国の春を吹いていた。
う〜ん、昭和歌謡も上海にあうねえ。




 

日本のSNS上で満開の桜写真が乱舞している。
うらやましい。

描き足したろ。



さくらぁ〜



さくらやで〜

えらい便利な桜ブラシなのでした。(お絵かきソフトのブラシ機能)



昨日の3匹。



けろが迷惑そう。まるが「敵意はないでござんす〜」とボディランゲージ。



「ま、、私も、、」とつられる、けろ。



しかし君たち、寝る以外にやることないのか!毎日積極的に寝すぎじゃないのか。

またまた夏日がやってきたので、ようやっとこたつをしまいました。
日中はもう半袖で大丈夫です。春到来〜
 

セイタカヨモギ

春だし春っぽいものが食べたいなーとあれこれ八百屋で見てたら
これ発見。



芦蒿ルーハオというヨモギの仲間です。
レストランで炒めたのを食べたことあるけど、歯ごたえ以外特徴がなかったような、、
水辺に生える草の茎ですよ、と教えてもらったのですが
自分で調べてみたらセイタカヨモギという草だった。
葉っぱからはヨモギの良い香りがします。
あれ、でも、ヨモギのほかにも知った香りがする、、なんだっけな。



芦蒿は葉っぱをむしって、茎だけ食べます。
八百屋さんではよくこの状態でしばって売ってます。
ずっと水生植物の仲間だと思っていた。
なんで葉っぱを食べないかというと、苦いんだそうな。へー。
葉っぱをむしると、ヨモギの香りがしなくなる。
かんたんに油と、塩、オイスターソース少々で味付け。



できたー。
いっただっきまーす。ぱりぽり。
こ、、これは、、
フキだ!!
めっちゃフキの香りと味がする。すっと鼻から抜ける早春の香り、ほろ苦い味。
まさにフキ。フキのとおおおおーーーーーくにセロリが佇んでいるような香りも。
とにかくヨモギではなく、フキでした。はごたえはぱりぱりしている。



レストランで調理されると、もっとずっと癖を抑えてあるので、全然気がつかなかった。
これは和食にもあうし、なによりフキが大好きなので、発見だー。
味噌汁や、揚げと煮たり、きゃらぶきにしたり、やりたい放題だー。



同じ八百屋で買った野菜を細切れにして。
研いだばかりの包丁なので、気持ちが良く、無心に切ってしまう。

この日見た夢がわりと悪夢で、
夢の中で台所に立ち、ずっと砥石の面直しをしている‥という夢でした。
包丁を研ぐ砥石は、使うと表面が削れて、平面じゃなくなります。
それをさらに面直し用の石で削って、平面に直すのが「砥石の面直し」。
地味に面倒で、苦手な作業なのですが、これをしないと包丁がきれいに研げません。
最近面直ししていないなー、と心のどこかでずっと気にしていたのが、夢に出た模様。

起きてきて「嫌な夢や、、」と思いつつ、
仕方ないので砥石を水につけ、面直しをし、ついでに包丁も研ぎました。



まあ、悪夢のおかげで美味しいミートソースができたやで!!
すごい美味しくできたー。マッシュルーム増量が良かったのか、ひき肉の鮮度が良かったのか。
夢のおつげか。

ちなみに包丁の夢占いは怖いやつばっか出てきますね!
よかったー、砥石ですから、砥石。
(砥石の面直しの方がよっぽど執念深い感じもするが)
あとは自動生成の夢占いが面白いことになっていた。

えっ 砥石って、話せる‥の?



惰眠をむさぼる母娘。
相変わらずの人気スポット。



芋ー。



ダブル芋ー。

キムチおいしいよキムチ

0305_20.jpg

朝ごはん。
美味しいキムチと卵かけご飯、青ネギ乗せ。
この前浮気をした市場の漬物屋のキムチがうまい。

0319_01.jpg

ここが漬物屋やで。

0319_02.jpg

わー。ザーサイ以外わからん!
高菜漬けっぽいのや、豆の漬物、右下は青梗菜かなあ。
右奥のは切り干し大根の漬物。

日本では中国の漬物=ザーサイですが、
上海ではザーサイはお粥と食べる漬物でもありますが、
肉と炒めたり調味料として使われる場面が多いです。
高菜も同じくで、中国パンに入れたり、麺の具にしたり。
切り干し大根の漬物も良く食べられています。

0319_03.jpg

こっちはきゅうりのきゅうちゃん的なものがあるぞ。
真ん中下の黒いきゅうりがものすごく!怪しいですが、実はこれは食べると
とても懐かしい日本の東北にありそうなお漬物でございます。
一気に秋田県にトリップしそうな味でございました。(当社比)

んで目的は、真ん中のツボのキムチー。

0319_04.jpg

この韓国風キムチ、ちゃんと発酵してて、美味しいのです!
乳酸菌がすっぱーくて、スーパーで売ってる「キムチ調味液漬け白菜」とは全然違う。
しかも買う日によって微妙に味が違うのがリアル。発酵が進んでると結構すっぱい。

韓国のキムチは泡菜パオツァイというのですが
そもそも、中国の四川にも泡菜というお漬物があります。
野菜を塩水で漬けて乳酸菌発酵させるという中華風ピクルスなのですが、
最近は中国内でも韓国のキムチがメジャーになって、いつしか
泡菜=韓国キムチ(および四川泡菜)になってしまったのだとか。
面白いな。

そのほかに東北地方の名産、白菜の酸菜スワンツァイもあります。
上海の酸菜は高菜。
白菜の漬物は、どうしたってうまいよなー。
で、ここのキムチを使って納豆キムチやら
キムチ鍋やらをせっせと作る日々。
もうどこの国に住んでるのか曖昧になってきた。



ついでにワンタン屋さんでナズナワンタンも買う。
注文するとその場でしゃしゃっと包んでくれます。



手前のは鮮肉ワンタン。
ここの市場の豚ひき肉は挽きたてで美味しいのです。
ミートソースとか餃子の具とか、肉でこんなに味が違うのか!とびっくり。

- - - 

ベトナムの漬物もそうだけど、
米文化圏で野菜の発酵食品作ると、どこも似たような味に落ち着くのですかねえ。



↑お茶漬けならぬ、スープ漬けによく合う、ベトナム小茄子漬け。

最近老化現象か、漬物が前に増して好きになっているので、
市場の漬物屋さんは発見でありました。
 


お寺麺と猫

0308_01.jpg

弁当ない日は外食もしますよ。
会社から歩いて5分くらいのところにある、お寺ふぞくの食堂レストラン。

0308_02.jpg

名物、羅漢麺。もちろんベジ、精進料理です。
やんわりとして疲れた胃に美味しい。
味はラーメンというより、蕎麦より。汁の味はけんちん汁。
けんちん汁ももともとは精進料理なので、似てるも当たり前かも。

0308_04.jpg

お寺が春節の飾り付けで華やかになってました。
あー初詣でしとけばよかった。忘れた。

0308_05.jpg

お寺に至るまでの道のりが、なかなかに上海っぽくてお気に入りです。
向こうに見えるビルから後方は「新天地」と言われる、超都会観光地ゾーン。
ビルから手前側は、昔ながらの上海の街並がぎりぎりで残ってます。
ここらも再開発の波が来て、左側の住宅区は全て取り壊されたあと。
数年のうちに、高層ビルがじゃんじゃか建つことでしょう。

0308_16.jpg

晴れた日は洗濯物の満艦飾というのも上海風。そして赤い下着。
年女は赤い下着を着る風習があるので、おばちゃんの
赤パンがおしげもなく干されているのを良く見ます。

0308_15.jpg

壁には必ず、スローガン絵巻が。
デイリーポータルでこのプロパガンダを取り上げた記事が面白かったです。
たしかにどこにでもある!
ていうか和諧とかどうでもいいから、
いきなり主席の任期が無制限に憲法改正とか、将軍様並みだなこの国、、

0308_06.jpg

猫や犬が自由に飼われてるのも、この通りの楽しいところ。
雑貨屋さんで店番をする三毛さん。

0308_07.jpg

さーせん。
あ、猫の餌も売ってる。

0308_08.jpg

このわんこはいつも寝ている。猫もよく寝るけど、犬もよく寝るなー。
つやつやでかわいいですね。

0308_09.jpg

あ、この雑貨屋さんにも猫が。

0308_10.jpg

わー中猫でかわいい。

0308_11.jpg

そんなところでごろごろすると、汚れちゃうよー

0308_12.jpg

びしっとした。くるみちゃんを思い出すなあ。美人ですね。
背景の壁沿いにあるのは全部シェアバイク。
昨年、台数が天文学的に増え、いまや街中にあり余っている状態。
このずらっと並んだシェアバイクも上海というか、中国の都市らしさかも。

0308_13.jpg

さよ〜なり〜
煙草屋さんの猫でしたか?右端のサントリービールは、完璧ローカライズされていて
青島よりさらに薄く、安い。日本のサントリーのビールのイメージと全然違います。

0308_14.jpg

ふ、この煙草屋さんも猫好きだな。洗面器の柄も猫でした。

一般庶民は猫好きが多く、追い払われたり、邪見にされているのを
見たことはありません。餌やりもゆるいし。
そういう意味では飼いやすい、、かな?

ただし一方では、業者が毛皮目的で猫狩りをしたり、
犬肉目的で、犬狩りをしたり、
身代金目的で犬の誘拐なども実際あるそうです。
なので買い物時に店の外につないでおく、などは誰もしません。

中国が豊かになったのでペット市場も急速にのびているのですが
社会全体がまだそれに追いついておらず、
また格差が非常に大きな国なので、ひずみが出るのかなーとも。



ペット市場の消費総額グラフです。
2010年から2017年まで、ありえない勢いで増加している。。
さらに伸びるであろうと予測されてますね。



左側が、犬一匹を飼っている人の、月平均ペットの支出額。右は猫。
どちらも月平均8,000円前後と、結構高額だというのがわかります。
日本だとざっくり、犬9,000円前後、猫7,000円前後くらいみたい。

そーかそーか、じゃあうちは犬1の猫2なので、
年間28万くらいかー。わあ!そんなかかってる印象ないですが、
ペットホテルとかシッター代をいれたら、もっとかかってるかも。
10年で280万円ですね。20年で…

今日も犬と猫のために、奴隷は働きに出ますですよ…とほほ。







 

     



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif