休暇

01.jpg
02.jpg
03.jpg


上海-羽田-佐賀-上海で、今回は天草を回りました。
7月上旬は、杖立温泉いったり八女で渓流釣りしたりで、
相変わらず九州満喫してます。
7月上旬はふっこう割を使いました。
今回も佐賀宿泊だったので、レンタカーが48時間2000円という破格。
九州たまらん。。
昨日上海に戻ってきて、今日は家で超ゆっくりして疲れを癒してます。

 

西安行ってきた

金土日と西安に出張でした。
最終日の今日、時間があったので始皇帝陵の兵馬俑へ。

0821_01.jpg

テレビや教科書でよく見るやつ!
なんだが

0821_03.jpg

で、でけええええ!
そもそも始皇帝陵もでかいし、
兵馬俑にいたっては遺構が3箇所発見されていて、
それ以外にもまだあるらしいのだけど、もう手つかずで放ってあるらしい。
掘り出したら掘り出したで、空気に触れて保存が難しいのだとか。

0821_02.jpg

壁際のありんこみたいのが生きている人民であります。
兵馬俑も、国民も、この国は本当に人が多いな。

0821_04.jpg

ここは一番見応えのある1号溝。
ばらばらで発掘された兵士像をちゃんと復元して、並べてある。
途中にばらばら状態のかけらや、
復元中の状態も展示してあるんだけど、
永遠に終わらないジグソーパズル地獄のようだった。

0821_05.jpg

近くで見ることもできる。
この一体は本当にすごいのだ。

0821_06.jpg

この髪の造形とか。
髪や生え際の表現細かさにうなる。
非常にオシャレである。

0821_07.jpg

ソールの模様もめっちゃ凝ってるし。
ちなみに同時期に、日本は弥生時代であったのであります。
中国は紀元前の歴史もばっちり残っているので、
歴史の授業がかなり広範囲なのでは。1年で終わるのかなあ?
国も、昔から近代まで、分裂したり広がったり狭まったりで
覚えるのが相当大変そうである。
日本は島国で良かったな。

0821_08.jpg

兵馬俑自体は広大な敷地に、いくつかの体育館的な建物があって、
その中に遺構ごと入ってるのだった。

0821_09.jpg

今日の西安は、風は涼しかったけど、空気が汚い!空が真っ白だ。
やっぱり内陸は厳しいな。

0821_10.jpg

そして西安といえば、びゃんびゃん麺の本場!
食べてきましたよ。
幅が5〜6cmある麺です。麺かこれ?いや、ちゃんと麺の味です。
日本で近い食べ物がありますね。
ひもかわうどん
夕方の便で上海に帰ってきて、空気のきれいさや
街並みにほっとしました。交通ルールも比較的良いし。
やっぱり上海いいな。


バナトー



金曜日の朝ご飯、バナナトースト。ハイカロリーである。
トーストにバター塗って、バナナのっけて焼いて、シナモンとメープルシロップ。
コーヒーにあうのだった。



うちの前の通りです。うちは左側の建物。
7月の前半はむしむしとした梅雨、7月の後半は湿度と殺人的な暑さ、
8月に入ってからは暑いけどからっとした暑さに変わりました。
空も高くなり、日中は暑いけど、朝晩は涼しい。
このまま秋になるのかなー。



暑い日は外に出ないで、家で出前。
これは麻辣香鍋という、具材をピリ辛スパイス味で炒めた料理。
火鍋の汁が無いバージョン。
流行っているらしく、フードコートとかでも良く見ます。
店先に具材を並べたケースがあって、自分が食べたい具材を選んで
炒めてもらうという形式。
数人で頼んで、これ一品にご飯をつけて食べる。
これが美味しいのだ。

今回は出前なので、スマホのアプリで具材を選ぶ。
エノキ、茎レタス、鴨の血、レンコン、ミニ白菜、
ジャガイモの澱粉麺、カリフラワー、センマイ、キクラゲ、
鶏手羽、ネマガリタケ。

ほかには牛肉や羊肉、ソーセージ、豆腐、油揚げなど
いろいろな具材を選べます。鍋に近いかな。
炒める辛さも自分で選べて便利。



深夜の夜食。
肉じゃが卵かけご飯。禁断の味である。
今月末、健康診断なんだよなー。遠い目。


     



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif