新橋七蔵風、稲庭うどん弁当

新橋サラリーマンのランチで大人気、
七蔵」という店があります。
そこの稲庭うどんが、つけ麺で、おいしい。
七蔵風の稲庭うどん作ったよ。



冷たい、水切りした麺を、温かいつけ汁で食べます。
これを弁当にすると、こうなる。



うしろの水筒に、熱々のスープを入れてあります。
食べるときは、おもむろにサラダをばりばりと食べ尽くし、
空いた小丸に、スープを注ぎます。
そこに麺をつけて食べるだよ。麺にかけてもいいし。

こんなにするんなら
七蔵に食べにいった方が早いよ!と思った春の一日でした。

   

4年前の一時期、
超絶貧乏に陥ったことがあり、毎日
すいとんか、加ト吉の冷凍うどんを食べていました。
(見かねた次長が、米を5kgめぐんでくれた)


そんなとき、どうしても七蔵のうどんが食べたくて
七蔵風のタレなんとか自分で考えて作った、
といういわくつきのタレ。



鍋に
①水 ②麺つゆ ③鶏スープの素 ④白ごまペースト
⑤みりん を入れて煮立たせます。そこに
⑦味噌 ⑥薬味(ネギのみじん切り)を入れます。

七蔵は、春はふきのとう、夏はみょうが、秋はなめこ と
トッピングが季節によって変わります。
ふきのとう、美味しいです。が、今日はみょうが。

だしのもとは、本だしでも、白だしでも。
カツオ系だしと、鶏スープの素、2種類使います。
白ごまペーストがなければ、白ごまとみりん、
鍋の中のスープを少量ミルサーに入れて、
とろとろにしたのを使います。
鶏皮があるときは、最初に鳥皮を鍋で炒めて、
それもミルサーにいれると、こってり感が出て
さらに本物に近づきます。

濃さはお好みで。七蔵のスープは濃いです。
私は麺をじょっぷりスープにつけたい派なので、
少し薄めにして作ってます。

稲庭うどんは、うちはお金がないため「かんざし」。



茹でればとぅるっとぅるー

貧乏なときに必死に考えた、七蔵風のスープでした。

※このタレは、私が記憶をたよりに、独断と偏見と曖昧さで
作ったものです。本物はもっとおいしいのです。
ぜひ一度食べに行ってみてください。

お昼時は行列なので、外した時間に行くのがよいです。

- - - - -
新橋 七蔵
港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2F
03-3571-5012
烏森口改札を出て、新橋駅前ビルに入ります。2階。



     
関連する記事



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif