鍋割ってきたー

0505_01.jpg

すっげえええ久しぶりに丹沢行ってきました。
4年ぶりくらい?
上海から帰国時にちょくちょく登山はしてたのですが、
九州とか北海道とか四国の山だったので、丹沢ひさしぶり。

0505_012.jpg

これな!
天候をにらみつつ、大気が不安定になる日は避け、日の出とともに早立ちで
東名高速の渋滞も回避し、ばっちりな山行でした。
東名下りを5時通過、帰りの登りは14時通過で問題なし。

0505_03.jpg

久しく山登りしてなかったので(丸一年前の雲南省の虎跳峡ぶり)
標高差が1,000ないルートを選択。
寄(やどりき)大橋→寄沢→コシバ沢→鍋割峠→鍋割山 のピストンでした。

0505_04.jpg

前日に雨が降ったため、沢の水量UP!
渡渉ポイントもかなりの水量で、靴ぽちゃしました。
ストック持ってってよかったー。

0505_05.jpg

コシバ沢を詰めてるところ、下流に向かって。
やどりき大橋から、雨山峠とコシバ沢分岐までの道は、
崩れかけのところは新しく道が整備されてたり、
看板が新しくなったりで、わかりやすくなってました。

逆に雨山峠への分岐行以降、コシバ沢に入ってからのルートは
以前よりわかりずらくなっているような。。
とりつきは、以前からある5本杉の倒木の上流側すぐの
右岸(下から見上げた場合は左側)にあります。

が、以前よりさらにちょっと曖昧になっているので要注意。

さらに5本杉の倒木より下流側に、
林業の作業道(たぶん)へのとりつき箇所が、
とっても派手にピンクテープでいっぱいマーキングされてます。

★作業道は杉木立ちの中を、杉丸太をつらねた、つづら折りの
登りやすいルート。鍋割峠よりやや西寄りの尾根に出ます。
ロープや鎖はなく、傾斜がゆるく歩きやすい。

★正規ルート(?)と途中で交わる箇所有り。
正規ルートはわかりずらいとはいえ、そこそこ踏まれているので
しっかりルートファインディングすれば大丈夫。
古いロープ箇所有、峠直下の部分で崩壊地の近くの通過あり。

★コシバ沢を詰めていって大岩にはばまれる→とりつきを見逃している可能性有
★崩壊地がざれてて登れない→ルートから外れている可能性有
0505_06.jpg

林業用作業道があまりにちゃんとできているので、
もしや新ルート?とも思ったのですが、どこにもアナウンスがないので、違うっぽ。

0505_07.jpg

このルートは一応、バリエーションルートなのですが、
雨山峠経由より、身体に楽だし短距離なので、4回目。
沢を渡ったり、コースが楽しめて、しかも人が少ないのが魅力。

0505_08.jpg

GWなのに、登り2人、下り2人としかすれ違わない不人気ルートなのでした。。
大倉塔ノ岳のバカ尾根の混雑を思えば、良いルートだと思うんだけどなー。
やっぱり丹沢はコースが豊富でいいな!と思ったしだいでした。

6:15やどりき大橋→9:45鍋割山頂→13:15下山
ゆっくりだったので筋肉痛もそんなになく、よかった〜
 


     
関連する記事



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif