親子丼弁

1116_01.jpg

ひょええ〜今朝は寒い。8度とか。
寝ているときは、ぽんをお腹に、まるぞうを足元に配置して、ぬくぬく。

1116_02.jpg

買ってあった鶏肉で、親子丼。ちょっとめんつゆ入れすぎたので、色が茶色い。
親子丼、切り昆布、白菜漬け、梅干し。
切り昆布は好物なので、ちょくちょく作り置きします。

1116_03.jpg

Amazonフレッシュのおかげで、ブルジョワもち麦ライフである。
(白米に対して、もち麦多め)
もち麦高いので、なかなか量を増やせないのである。

- - -

二子新地の鮮魚店「魚市」ブームが止まりません。
昨日も行った。
原付で行くと、夕飯時は環八瀬田交差点から二子橋の渋滞がひどくて難儀だなー。
田園都市線の各駅で、電車で行った方がいいのかも。


1116_04.jpg

昨日はお刺身がたくさんあった。

1116_06.jpg

貝がどれも美味しそう〜。
白子の塩炙りですと!
魚市の隣で酒屋を開いて、そこを角打にすれば良いと思う。

1116_05.jpg

あとはえぼ鯛刺しとか、甘鯛とか。
魚市、お刺身はもちろん美味しいのだけど、つけあわせのワカメが
むちむちして肉厚で、味が濃くてこれまた美味しい。

1116_08.jpg

昨日は甘鯛推しでした。魚市はその日に良い塩梅の魚を仕入れるので、
ひごとに推し魚が異なるそうです。
しかし2尾で500円って。鱗活かして揚げ物とか、アクアパッツァとかでもいいなあ。

1116_07.jpg

あんこう!安い!鍋か…鍋もいいよねえ。魚市で鍋の具材全て揃うし。
右奥のずわい蟹も安かった。

1116_09.jpg

ああ牡蠣のコンフィもあるで。残ったら牡蠣のパスタにもなるなあ。
とレシピ妄想が止まらない魚市ショッピングではあるのですが、
さすがに仕事終わりで疲れて空腹なので、さっと食べれるものの方がありがたい。

というときでも魚市はぬかりなく攻めて来る。

1116_10.jpg

この豊富な魚のお惣菜ー!
もちろん定番のフライとかもたくさんある。
ホイル焼きだけではないのだ。
白子のとろろ昆布揚げだしですよ!自分じゃ絶対作らない。

1116_11.jpg

あーでかい牡蠣のグラタン180円〜。

そんな「魚市」レポートでした。

50代以下の世代が魚を食べなくなってるのは
,瓩鵑匹さい
⊃べたいメニューが思い浮かばない
H味しい魚が売ってない(定番のスーパー切り身しかない)
という理由があると思うので、
そこらへんを全力でカバーしていく魚市は天才と思うのです。

魚市のお惣菜は下町風の味付けなので、
薄味好みだったり、こだわりがある人は、素材を買って
自分で作るのが良いかも。

魚市でたんまりお買い物をして外に出ると、
近所のもつ焼き屋から良い匂いなどがしてきて、
本気で次回の引っ越し先候補に
二子新地を入れようと誓うのだった。
 


     
関連する記事



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif