週末上海その3

3日目の朝ごはん。中華も飽きたなー(早い)ということで
西式早餐、欧米風モーニング。



近所にオーガニックの多国籍料理屋さんができてたので頼んでみた。
生ハムとバジルのパニーニ、ボルシチ、クロックムッシュのクロワッサン、
サラダ、アメリカ風アップルパイ。
メニューにはフムスとかクスクスもあった。

上海はアメリカ式のアップルパイがほとんどで、
日本のようなパリパリのパイ皮のアップルパイがほとんどない。
このアップルパイは甘さ控えめで美味しかったー。



食べ終わったら、地下鉄2号線の上海科技館駅へ!
ここの地下に、巨大なばったもん市場があるというのでやってきたよ。



上海亜太新陽服飾礼品市場。
ちなみに左下のたばこを耳にはさんだおじさんは、客引きです。

上海では不正規品市場は風前のともしび。
昔はもっと繁華街に有名なビルがあったらしいですが(行ったことない)
取り締まりがあり、閉鎖されたそうです。
いまはここが唯一のばったもん市場なんだとか。

そもそも中国人がすごくお金持ちになって
日本や海外や正規ショップで本物をばんばん買うようになったり、
淘宝でかんたんに非正規品が買えるようになってしまったので、
市場の存在意義が薄れてきたのでは。

もともとブランド品に興味がないので行ってなかったのですが、
旅行だし!!ということで初めて行ってみました。



こんな感じ、超広い。
バッグや服、コート、スーツケース、時計、なんでもある。
不正規品だけじゃなくて、外国人向けのお土産もあります。上海Tシャツとか。
ちょっと昔のアメ横っぽい感じもある。

で、不正規品はどうかというと、
これまたクオリティが笑えるほど低い。。
思わず店頭で吹き出すこと数度。
コピー品にもランクがあるそうですが、その一番低いやつなんじゃないかと。
だってp◯adaのバッグが700円とかですよ?!

韓国と一緒で、表の店頭はフェイクで、壁をがらがらっと開けると
裏の店舗(本気非正規品商品)へ、、という仕組みなんだけど。
裏も表もクオリティ低!笑いをとるお土産用って感じ。

中国人が本気だせばスーパー不正規品とか余裕で作れる人たちなので、
上海の公の場では流通させていないのかも。

はー笑った笑った。お腹が減ってきたので、江蘇路へ牛肉麺食べに。



蘭州牛肉拉麺、敦煌楼です。
ここの細麺好きなんだよねー。



入り口で注文して、レシートもらってテーブルで待ってると
お店の人が運んできてくれます。
ガラスケースの一番上が、麺。太さが選べる。



一番太いのは4cmくらいかなあ。びゃんびゃん麺(西方で食べる幅広麺)がこれくらいです。
右にいくほど細くなる。



それぞれ麺の太さがあるので、牛肉麺を頼むときに、麺の太さもオーダーします。



好みなのは、この一番細い、毛細マオシー。
いつもほかの太さを頼んでみよーと思って来るんだけど、結局「毛細」を頼んでしまう。



蘭州は中国のかなり西、甘粛省のあたりです。
回族など、ムスリムの人が多い地方でもあります。
なので本当はこのお店もお酒はNGのはずなのですが、ちゃんとお酒がある。嬉しい。
待ってると、あっという間に麺がきました。



今日は一緒に行った人が「寛」を頼んでました。
具は大根と、牛肉、パクチー、細ねぎ。さっぱりしてうまいんだー。



ラー油や黒酢を入れても味が変わっておいしいです。
「寛」は細めのほうとうって感じで、しこしこして美味しい。
「毛細」は喉越しがすっきりとしていて、さっぱり美味しい。
同じスープと具でも、麺でこんなに味が違うのか!という発見があります。



街中でウスギモクセイが咲いていて、
どこにいってもいい香り。上海だなあと思う。



あ、無患子の実もやっぱりなっていた。たくさん。



あんなに実がぼたぼた落っこちるのに、街路樹にしちゃうあたり
中国人は豪快だなあと思う。

美味しいものもたくさんたべて、買い物もしたし(座布団やユニクロな…)
スーツケースをぱんぱんにして(スーツケースも上海で買った)
夜便で羽田に帰ったのでした。
あー旅行したー。

     
関連する記事



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif