ソーセージ弁

昨夜は結構雨が降ってたので、帰りにスーパーに寄れず。
あるもので弁。

0911_01.jpg

シャウエッセン弁でした。シャウエッセン神。
シャウエッセン、満願寺唐辛子、しめじ、出汁巻き卵。

0911_02.jpg

出汁巻きの味付けはいままでいろいろ試してみて、
卵+だし+砂糖+塩とか、みりんとか、めんつゆ+水とか、
やったあげく
卵+白だし+水 がいちばん楽で味が落ち着く、、という
「そんなん誰でも知っとるわ!」という無難なところに落ち着いてます。

0911_03.jpg

白だし買うと、冷蔵庫にめんつゆと白だしとボトルが2本あって邪魔なので
いままでなるべく買わないようにしてたのですが、
あるとやっぱり便利なんだよなー。負けた感。

ボトル問題でいえば、Panasonicの洗濯機乾燥機、洗剤が自動投入式です。
買うときは「んな機能いらないでしょ」と鼻で笑ってたのですが
いざ使ってみたら、えらい便利で、すごくびっくりした。

なにがいいって、洗濯機の周りに洗剤と柔軟剤のボトルを
置かなくて良いこと。両方とも詰め替えようパックを買ってきたら
そのまま洗濯機の洗剤ケースに投入すればいいので、
ボトルで保管しなくて良いのです。見た目すっきりー!
もちろん洗剤を入れる手間もなく、予想以上に便利。



↑洗濯機の上に洗剤入れる部分があって、ここに詰め替えボトルで
じゃばーっと一本分入れられる。
あー日本の家電便利。

- - - -

土日にダイニングテーブルの修繕などしておりました。

0911_04.jpg

こんなん。横浜にいたときから使ってる、中古の折りたたみテーブルなのですが
(いつものようにヤフオクで買った)表面塗装が剥げてきておりました。

0911_05.jpg

色もなんていうか、古い木材の味のある色というより、ただの疲れた中古家具風な色に。
捨てるのもしのびないし、かといって表面再塗装に出すと
買った以上の金額がかかるので、自分でやることに。

0911_06.jpg

じゃーん。
youtubeで見た再塗装動画にならい、ケンマロンとセラックニスを買う。
リベロンワックスが売ってなかったので、
BRIWAX買ったが、これは使えませんでした。注意。

0911_07.jpg

まずは表面をまんべんなくケンマロンでやする。古いニスの表面を取り去り、平らに。

0911_08.jpg

したらセラックニスを準備し、タンポでまんべんなく、何度も層を作るように塗っていく。

0911_09.jpg

じゃーん。つやぴかー。
動画のように塗れた。一箇所失敗してる部分がありますが。

うーん、でも、セラックニスだけだと、熱いお茶碗を置いたときに白くあとがついたり、
人間のひじとかの皮脂とも反応しちゃうのよね。。
つやぴかすぎるし。
てことで、セラックニスが完全に硬化したあとに、もう一度ケンマロンかけて

0911_10.jpg

みつろうクリーム塗ってみました。

0911_11.jpg

こんな感じ。
セラックニスの色と滑らかさは残しつつ、表面がマットですべすべな質感になりました。

0911_12.jpg

方法はこれでよかったんだろうか?と思いつつ、まあ仕上がりは良いし、使うのは自分だし。
ダイニングテーブルは、熱いものを置いたり、水や油分がこぼれたり、人間の手が触ったりで
なかなか塗装が難しいのだなあ、と学びました。
おいおい、アーコールをそんな素人仕事で塗るなよ!という
ツッコミはあると思いますがどうかお目こぼしをー。

どうせテーブルクロスかけちゃうんですよ。。


 

     
関連する記事



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif