陽春麺



上海料理は日本ではほぼ知られておらず、
日本から来た人を上海料理のお店に連れていくと
頭の上に「?」マークが浮かぶこと、しきり。

日本人の中華料理=広東料理なので、
それから外れる上海料理は受けがイマイチです。
なので夜のレストランに連れていくのは二の足なのですが
これならどーかなー、というランチ向け上海風麺屋さん。

0731_20.jpg

場所は以前書いたお寺麺の、すぐ向かい、吉安路です。
昔ながらの上海の下町が残るエリアなので、
ちょっとした町歩きもできます。
上の写真は、たらいで洗濯するお母さん。

0731_19.jpg

こういう感じが「いわゆる中国」だと思ってたのですが、
上海ではもはや絶滅寸前、、三丁目の夕陽的な場所かもしれません。

0731_21.jpg

こちらの麺屋さんです。逸桂禾イーグイフー。
こんな場所なのにレクサス停まってるやし。。

0731_22.jpg

店内はこんな感じ。
ここの売りは「上海なつかし伝統の陽春麺」。
陽春麺は上海や蘇州などの江南地方でよく食べられる
細打ち麺+澄んだスープのかけそばのような麺です。
昭和の中華料理屋さんであった「支那そば」みたいなもの。
ほかのメニューも「上海風」を押し出している。

0731_15.jpg

お決まりの2品プラス、スープを頼んでみました。

0731_16.jpg

テーブルに唐辛子タレと黒酢があるので、それで好みに味を調整できます。
これがー、すごく美味しいという訳ではないのですが、
普通に美味しくて安心する感じ。
こういうお店の中ではジャンク度が抑えめなのも、個人的に助かります。
陽春麺はやや軽め、麻醤麺は結構重いです。

0731_17.jpg

冷やし麺はいかがかな、と思って食べた冷麺と冷やしワンタン盛り合わせ。
こちらはちょっと幅広麺で、胡麻だれが合います。
黒酢好きなので、黒酢がんがんかけて、唐辛子タレも入れて、無心に食べる。

0731_23.jpg

メニューはこんな感じ。
「伝統の」とか「上海昔風」とか「郷土風」とか、とにかく上海押しである。
カレー味というのも、中華圏では結構昔からあるそうです。
和訳すると大体こんな感じ。間違ってたらすまぬ。

0731_24.jpg

左側が麺、右側はサイドメニューというか、おかずです。
麺しか頼まないとお店の人が親切に
「うちの麺は具がないから、サイドメニューも頼みなさい」と
アドバイスをくれました。優しい!

冷麺(日本の冷やし中華とは全然違います)や、
冷やし上海ワンタンが、とても夏らしい。

0731_18.jpg

とはいいつつ、朝から34度超えで、あんまり食欲がわかない猛暑の日々でした。
早く涼しくなってくれぇ〜


 

     
関連する記事



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif