げこげこ

カエル美味しい、というネタなので、苦手な人はそっ閉じ推奨です。



上海は早くも梅雨っぽい天気になってきました。
先週末はずっと大気が不安定で、激しい雷雨になったり。
上海は東京と比べると気候が安定してるので
(大雨や大雪、台風、地震がほぼない)
久しぶりの雷の轟音に、犬ともどもびびりました。

梅雨っぽい、、といえばカエル!
ということでカエル食べるよー。(以下、カエル捌く写真有り)



まるぞうの散歩にいったあと、汗だくになったのでシャワーを浴び、
洗い髪で部屋着のまま、いつもの市場へバイクでGO。
髪も乾くし、夕風が涼しいので、大変気持ちが良いのである。ノーヘル万歳。



久しぶりの魚やさんである。
上海蟹や冬のすっぽんシーズンにはよく来たんだけど最近ご無沙汰でした。
ウシガエルくださいなー。ウシガエル=牛蛙ニョウアー



この魚屋さんはスッポンでもウシガエルでも、
全部キッチンバサミでちょきちょき締めて捌いてゆく。合理的である。
捌き方は簡単で(見るだけなら)
首をちょきっと落とし、身体を縦に切って内臓を出し、皮をぺろんとめくる。
あっという間である。



八百屋も寄って、買い物おわりー。
まあこんなもんかな、という値段。
八百屋の夫婦が上海弁で掛け合い漫才をしていて
言葉はわからないけど楽しい買い物でした。

ほかに必要なパセリは、欧米人向けの小さなグロサリーで購入。
1パック120円でした。上海人はセロリ食べるがパセリ食べないのだ。



帰宅ー。髪も乾いた。
つながってたカエルの前足と後ろ足を、ハサミでちょきちょきとバラす。
これに塩こしょうをして



小麦粉まぶして、今日はカエルのソテーであります。
もちろん白ワインはばっちり冷やしてあるぞよ!



オリーブオイルしいたフライパンで、しっかり火を通し
いったん皿にあげたら



バター溶かして、ニンニク投入。



バターを絡ませて、かりかりに仕上がったら、最後にパセリ!
うううバターとにんにくの香りが う・ま・そ・う!



できあがりー!
レモン絞るとまた美味しい。
ビールにも合うし、白ワインにも合うやで。

味は、ジューシーな白身魚とぷりぷりとした鶏ササミを足して2で割った感じ。
淡白なんだけど、ちゃんと旨味があって、なにより臭みが全然ないのです。
ちなみにこのときは、和風の唐揚げでやんした。

中華だったら、近年はやっている麻辣香锅マーラーシャングオに
カエルを入れるのが美味しいと思う。



こういうのです。
野菜や白身魚、肉、モツ(センマイ)、カエルなんかを、スパイスと一緒に炒めた料理。
これがピリ辛で、白いご飯にあって、美味しいのだな。

今回はフレンチ風ソテー。
フランスで食べるのはトノサマカエルの一種で、もっと身がしまってるみたい。
ああそれも美味しいだろうな〜。
こんな感じらしいです。美味しそうだなあ。
ホヤやナマコを食べる日本人がカエルを食べないのは不思議である。



雨続きで雷も鳴ったので、公園の芝生にきのこがいっぱい出ていた。



ここに生えてる樹はムクロジの樹。



実がたくさん落ちていた。



中の種はこんな感じ。羽根つきの羽に使う、アレです。ぴかぴか光って綺麗だなー。



このムクロジのあるところの近くで、よくサックスの練習をしているおじさんがいる。



夕暮れ時はムーディーなスタンダードナンバーを吹いてくれるので、
川風に吹かれながら散歩するBGMに最適なのである。



先日、お昼前に通りかかったら、なんか聞いたことある曲を練習していた。
これはー、これはー、なんだっけー。
えーと、、あれだ!



ピコーン!!
瀬戸の花嫁!!!



まさか上海で聞くとは思わなかった。
瀬戸の花嫁の次は、北国の春を吹いていた。
う〜ん、昭和歌謡も上海にあうねえ。




 

     
関連する記事



S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif