4月の雲南旅行その4

4/3 上海虹橋 - 麗江
4/3 虎跳峡トレッキング 前半 後半
4/4 虎跳峡 - シャングリラ 前半←ココ
4/4 シャングリラ(天候予備日)
4/5 シャングリラ
4/6 シャングリラ - 昆明 - 上海虹橋



あさー。心配してた雨も止み、今日も快晴の予定。
おとといから晴れ続きで、よかったよかった。
明日以降のシャングリラが雨の予報だけど、なんとかなるだろ。



朝ごはんはヨーグルトと紅茶、



大盛りチャーハン!どーん。
丼に入ったチャーハン初めて見たぞ。
もくもくと食べていると、隣のテーブルで家族がミーティングしている。



父「今日はここから6km歩いて、景色が良いところを通るぞ。次のゲストハウスまでだ。」
息子「………(無言)」
ああ、がんばれ息子よ。出発前からパーティーの危機を感じる。



東側に玉龍雪山があるので、実際に太陽の光があたるのはずっと遅い。これで9時半くらい。
食堂の雲南コーヒーはいまいちであったので



自分で持ってきたモンカフェ。モンカフェ信者としては旅先にも欠かせない。



9時45分出発〜。
集落の道を抜けていくと、トレッキングルートへの分岐がある。



こんな感じの道をひたすら平行移動。



ところどころにワラビの原が広がっている。この葉っぱは全部ワラビ。
雲南省は松茸だけじゃなく、ワラビも産地だったりします。



ひたすら山肌につけられた平らな一本道を歩いてゆく。



太陽が上がってくると標高の分だけ日差しが強い。風は涼しく25度前後だけど、
日差しが強い分暑く感じる。日焼けどめとサングラス、帽子は必須。



上から見るとこんな感じ。山肌の上にトレッキングルートがあって、
川沿いに車道が伸びている。その間をちょこちょことつなぐ道がある。



標高いれたイメージ。
茶馬客桟から中途客桟までは平らなので、子供連れでも大丈夫。
両方とも車道が伸びてるので、登りも下りも車。
山のトレッキングルートとは別に、川沿いにもルートがあったり、
川下りのボートがあったりもします。

今日歩いてるのは茶馬客桟からTINAゲストハウスまでの
4時間あまりの道のり。



しかしなー。いくら景色がいいとはいえ、単調な一本道は飽きてくるな。



と思った頃に、次の集落に辿りつく。またヤギか!



中途客桟がある集落。トレッキング客もおらず、静か。



集落にはだいたいお墓がある。日本の紙垂(しで)と似ている紙の飾りが。
竹についてるところも同じだなー。
たぶん由来が違うのにこんなに似た形になるなんて不思議。



スタートしてまだ2時間もたってなかったので、休憩せずにそのまま進むことに。



途中の滝。まだ乾季なので、水量は少ないみたい。



この滝の水がですねーこのまま下の金沙江に流れてくのですが、
金沙江は長江(揚子江)の上流部にあたります。
長江は中国大陸をずーっっっと東に流れていって、
上海のとこで東シナ海につながります。

つーことは、この滝の水が、上海まで流れてくってことか!

やべー 中国でかすぎるー
ゲストハウスで流したトイレの水もいつかは上海に届くのかなー。



あーなんか、想像してたら、疲れてきた。
美男美女カップルに抜かされる。
スタイルの良い欧米人がアウトドアウェア着ると本当に素敵だなー。
と悲しくモンベル上下の自分を見るのだった。



がっくりしてたらようやくゴール見えた!
やったー!
と思ったけど、これって富士山下山ルートの8合目から見る5合目的な…
見えてるけど、遠い〜〜〜



ヤギが麓からここまで崖を登ってきている。
四つ足動物って斜度があっても移動が安定しててすごいなーと思う。



また抜かされた…白目。足元がちょっとざれてて、
すべりそうですべらなそうで、ちょっとすべる。すなわち面倒くさい。
正午が過ぎてさらに強くなった日差しの下を、黙々と下る。



ああああやっと やっとー



ついた〜。へろ〜。13時すぎ。
暑さでバテたのか、ちょっと高度障害が出てるのか、頭がぼーっとする。



下山口すぐ目の前のTINAゲストハウス。お昼過ぎにもかかわらず盛況。
手足と顔を洗って、荷物をピックアップに。
「荷物どこですか」って聞いたら教えてもらった部屋が



NOー!ごちゃごちゃSUGIRU!
部屋全体にこんな感じでデポの荷物が置かれている。
預けたトートバッグは地味で小さいので、全然見当たらない…と思ったら



あったー!
すみっこのすみっこに置かれておりました。よかったよかった。。
この荷物部屋の隣が空き部屋だったので、着替えを済ませました。



さてとー飯だー の前にビールだー



昼ごはんも。
チャーハンはコショウが効いてて美味しい。
うーん、でもなんか体調が悪い。熱中症か高山病かなあ。
これから移動するシャングリラの標高が3,600m近くと、さらに上がるので



持ってきてたダイアモックス飲む。
食べ終わっても体調が戻らないので、空き部屋のベッドで横になる。
シャングリラへのバス(55元、940円)は、15時に出発。
具合が悪いのに、標高上げていいものかどうか激しく迷う。
シャングリラの宿もまだ決まってない。
でも15時のバスに乗らないと、次は翌日の15時までない。

14時45分くらいにバス第1便が出発することに。 
迷っている時間がない〜、
具合悪いまま、乗ってしまいました。

つづく!
 


     



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif