鍋ご飯弁



いよいよ8年使った炊飯ジャーが調子が悪くなり、使用することを諦めました。
・いくらメンテしても、ご飯の炊き上がりが茶色っぽい
・味もまずい
・米の洗い方や水を変えても改善されず
・ためしに鍋で炊いてみたら、米と水は問題なし

という経緯があり、炊飯ジャーがダメになったのだなーと。
新しかったときは本当に美味しくお米が炊けて感動したものでした。
こういう電化製品の寿命はだいたい5〜8年で、
ある日いきなり壊れるのではなく、
じょじょにじょじょに調子が悪くなる。と書いてある記事を見て、
まさにその通りだ、、と納得した次第。しくしく。



つーことで、ニトリのフッ素加工の文化鍋買ってきて、鍋で炊いたら
美味しいご飯が炊けたよー。
鍋は炊飯用の土鍋や、おしゃなお鍋やら、圧力釜など、迷いに迷ったあげく
オーソドックスな文化鍋になりました。吹きこぼれないし。
かき混ぜやすいしくっつかない。



ソーセージ、ほうれん草の胡麻和え、いんげんとにんじんと揚げの炒め煮、
だしまき卵、梅干し。

ずーっと1度に炊くのは2合で炊いてたんだけど、
ためしに3合炊きにしてみたらこれまた上手に炊けた。
嬉しいのである。



日本のSNSの桜がうらやましく、上海の写真に桜を合成する日々・・↑東平路に桜出現
だったのですが



先週一週間、雲南省に旅行に行ってきまして、たっぷり桜を堪能してきました。



雲南省の麗江という街です。1ヶ月くらい前のイッテQでイモトが行ってた。



わー八重桜やら他の桜やらが満開で、超きれいでした。



バラもー



桜もー



なんでも満開!
雲南省は四季のうちの3つが春、常春の地とも言われていて、
気候はおだやかで花が咲き乱れ〜という都市伝説(?)があります。
まっさかーw と思っていたのですが、割と本当だった。



行き先は麗江、虎跳峡、シャングリラで、
麗江は初夏の気候、シャングリラは雪が降っておりました。
麗江の標高は2200m程度、シャングリラは3300mです。
バカは高いところが好きというが、
やはり高いところは面白いなーと思った次第です。

 

     
関連する記事



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif