セイタカヨモギ

春だし春っぽいものが食べたいなーとあれこれ八百屋で見てたら
これ発見。



芦蒿ルーハオというヨモギの仲間です。
レストランで炒めたのを食べたことあるけど、歯ごたえ以外特徴がなかったような、、
水辺に生える草の茎ですよ、と教えてもらったのですが
自分で調べてみたらセイタカヨモギという草だった。
葉っぱからはヨモギの良い香りがします。
あれ、でも、ヨモギのほかにも知った香りがする、、なんだっけな。



芦蒿は葉っぱをむしって、茎だけ食べます。
八百屋さんではよくこの状態でしばって売ってます。
ずっと水生植物の仲間だと思っていた。
なんで葉っぱを食べないかというと、苦いんだそうな。へー。
葉っぱをむしると、ヨモギの香りがしなくなる。
かんたんに油と、塩、オイスターソース少々で味付け。



できたー。
いっただっきまーす。ぱりぽり。
こ、、これは、、
フキだ!!
めっちゃフキの香りと味がする。すっと鼻から抜ける早春の香り、ほろ苦い味。
まさにフキ。フキのとおおおおーーーーーくにセロリが佇んでいるような香りも。
とにかくヨモギではなく、フキでした。はごたえはぱりぱりしている。



レストランで調理されると、もっとずっと癖を抑えてあるので、全然気がつかなかった。
これは和食にもあうし、なによりフキが大好きなので、発見だー。
味噌汁や、揚げと煮たり、きゃらぶきにしたり、やりたい放題だー。



同じ八百屋で買った野菜を細切れにして。
研いだばかりの包丁なので、気持ちが良く、無心に切ってしまう。

この日見た夢がわりと悪夢で、
夢の中で台所に立ち、ずっと砥石の面直しをしている‥という夢でした。
包丁を研ぐ砥石は、使うと表面が削れて、平面じゃなくなります。
それをさらに面直し用の石で削って、平面に直すのが「砥石の面直し」。
地味に面倒で、苦手な作業なのですが、これをしないと包丁がきれいに研げません。
最近面直ししていないなー、と心のどこかでずっと気にしていたのが、夢に出た模様。

起きてきて「嫌な夢や、、」と思いつつ、
仕方ないので砥石を水につけ、面直しをし、ついでに包丁も研ぎました。



まあ、悪夢のおかげで美味しいミートソースができたやで!!
すごい美味しくできたー。マッシュルーム増量が良かったのか、ひき肉の鮮度が良かったのか。
夢のおつげか。

ちなみに包丁の夢占いは怖いやつばっか出てきますね!
よかったー、砥石ですから、砥石。
(砥石の面直しの方がよっぽど執念深い感じもするが)
あとは自動生成の夢占いが面白いことになっていた。

えっ 砥石って、話せる‥の?



惰眠をむさぼる母娘。
相変わらずの人気スポット。



芋ー。



ダブル芋ー。

     
関連する記事



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif