野蒜とタコのぬた

0305_16.jpg

野蒜とタコのぬたを作りました。春やでー!
野蒜の出所は、いつものところです。

0305_21.jpg

まると月湖公園行ってきたー

0305_23.jpg

超暑い!26度!ちょっとした夏日である。
冬の格好していったので、人間もあやうく熱中症になるところだった。
昼間はTシャツでも全然OKな感じ。

0305_22.jpg

梅が満開で、いい香り〜。桜はまだつぼみも出ていなかった。
今年はすごい寒くて、急に暖かくなったので、ちょっと花の時期もずれている。

0305_24.jpg

まるもバテ気味だったので、休憩多めで、水を飲ませつつ遊ぶ。

0305_25.jpg

日陰は風も涼しくいい塩梅。

0305_26.jpg

それはまる毛だって抜けるよね〜、こんな天気で毛皮なんて着てられっかい!だよなー。

0305_27.jpg

で、いつものヨモギポイントへ向かう。相変わらず不人気な荒れ地。

0305_28.jpg

おうう!ヨモギも育ってるー。
ヨモギは地下茎で増える多年草で、地下茎からは他の植物の発芽を抑制する成分を出すそうです。
…この周辺見る限り、あまり役に立っていないようではある。
若芽は草餅のほかに、干してお茶にしても良いそうな。

0305_29.jpg

野蒜も大きくなってました。ちまちまと移植ゴテで、1人分を掘り起こす。
通りすがりの中国人の兄ちゃんが「何とってんのー」とのぞきに来た。
これこれ、と見せると「あ〜これね!すごい美味しいよね」
と納得してました。「なんて言うの?」と聞いたら「野葱イエツォン」と。
あ、たしかにワイルドオニオンって感じもする。
正確には「山蒜シャンスアン」です。

0305_30.jpg

相変わらずまるが一番お気に入りなのは、廃墟ゾーンであった。
このあとまるにつきあって山を3往復し、
暑くていいかげん疲れたので、タクシーを呼びつつ、時間つぶし。

0305_31.jpg

かわいいねー。連れているのは日本語と中国語バイリンガルの方でした。

0305_32.jpg

か、かわいい

0305_33.jpg

ハイテンションお転婆ガールのミンキーちゃんでした。かわいい〜
まるはまだ子供だなーと思ってたけど、やっぱり大人だった。

タクシーで爆睡して、1時間ほどで家に到着。

0305_19.jpg

よもぎー。草餅くさもち。

0305_17.jpg

のびるー。2個くらい生で食べたら、フレッシュで甘みがあって美味しいんだけど、
胃がしくしくしだしたので、茹でてぬたに変更。

0305_16.jpg

タコがあったしちょうど良かった。普通の味噌に、つけてみそかけてみそを混ぜて、
砂糖少し、お酢で割りました。野蒜、火を通しても歯ごたえがよくて、美味しい。

上海近辺は、どこの土を見ても、粘土質でべちょっとした土です。
花壇とか、畑とか、鉢ものとか。
来た当初は「こんな水はけ悪そうな土で、よく植物が育つなー」と
思ってましたが、むしろ全然元気。
学生時代に地理で「デルタ地帯の肥沃な土壌」という言葉を習いましたが、
これがそうなのかーと初めて理解したのでした。上海は長江デルタです。
日本は火山灰地が多く、畑の土質が全然違うので、面白いなあと思います。
 


     
関連する記事



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif