日本のシャウエッセン弁

0131_01.jpg

またソーセージか!
ですがこれはいつもと違うのでえす。

0131_04.jpg

買ってきたー。じゅわ〜(喜びでよだれが出るの効果音)

0131_03.jpg

中国版のシャウエッセンと食べ比べてみたところ、やっぱり全然違うのだった!
だし巻き卵、ズッキーニとベーコンとしめじの炒め物、シャウエッセン。

0131_02.jpg

だし巻き卵は、卵2個分で巨大化しました。

日本と中国のシャウエッセンを比べると
・日本の方がスモーキーな香りがシャープ。袋を開けた瞬間香る。
・日本の方がさわったときにぷりぷりして弾力がある。軽い。表面が張っている。
・日本の方が食べたときに、皮と肉の歯触りが軽い。はじける感じがある。
・日本の方が味わいが軽い。ジューシーだけど軽い。肉の旨味が軽すぎる。脂の味はする。

まとめますと、
日本のシャウエッセンの方が、味や歯ごたえが軽く、
結果的にジャンクフードっぽい感じがする…
香りがいいんだけど、ともすればわざとらしく感じ、
ぷりぷり感も味もちょっと不自然。

でもジャンクフードだと思えば軽くて美味しい!
発泡酒と合う〜

やっぱり一番美味しいと思うのは、
ヨーロッパから輸入してるソーセージかなあ。
肉の味がしっかりして、黒ビールと合う重さ。
シャウエッセンは日中ともに、ご家庭の、
軽いお惣菜ソーセージのポジションなのかもしれません。

赤いウィンナーも、シャウエッセンも、本格ソーセージも
どれも良いところがあって比べるものではないかもですね。
 

     
関連する記事



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif