こたつバイク

風が冷たくなり、毎朝の道路は街路樹の落ち葉でいっぱいです。

1115_01.jpg

早朝、清掃員さんたちがきれいにしてくれたはずなのに。
賽の河原のような落ち葉地獄。
さてそんな寒い時期の電動バイカーの必須品といえば!

1115_02.jpg

これじゃあ!
バイクにつける、風よけ防寒こたつです。
毎日の通勤の足、電動バイク。
夏は屋根、冬はこたつ完備で、居住性もばっちり!

1115_03.jpg

この日の朝は小雨もよいだったので、カッパ着用の人もいますね。
バイクごとすっぽりいけるポンチョです。
よく見ると、カッパの下に黄色いこたつ布団が。
そして後ろからも、新たなピンクこたつがやって参りました。

1115_04.jpg

「こたつなんて大げさな」と思うなかれ。見よこの分厚さ。
江戸時代のかいまきとも似てますね。
時代が進んでも、人間の欲するものはそんなに変わらないのかもしれません。

1115_05.jpg

このおじさんは安い薄手のでしのいでますな。
安いのは数百円から、こたつ式の厚いやつでも1200円くらいで買えます。
屋根もこたつも、みんなワンシーズンで使い切って変えてくのだと思う。

1115_06.jpg

先週くらいから上海でのこたつ装着率がぐっとあがりました。
11月に入って「そろそろバイク寒くてしんどいな〜」と思い、
みんな一斉にネットでこたつを購入し、装着するタイミングなのかと。
なので、いまの時期のバイクこたつは、
どの人のも新品でぴかぴかでキレイなのです。

1115_07.jpg

これが3月とか4月になると、どの人のこたつも
ぼろぼろで黒くなった布切れとかし、
「なんであのバイク、ぼろきれつけてるんだろう…?」と
観光客に思われる代物に成り下がるのである。

さて、マイこたつ。

1115_08.jpg

くっしー号セカンド、黒いこたつをつけてみました。
これがあったか〜いんだ〜
日本の原付だと、手の部分のみのカバーが売ってたりしますが、
あれで胸から下を覆えると思いねえ。
ぬくぬくですよ。

1115_09.jpg

見た目はそうとうアレですが。

くっしー号セカンドは、ちょっとかわいげのある奴を買ってみましたが、
車体の剛性、安定性、パワー、どれをとっても初代くっしー号の方が上でした。
やっぱり見た目じゃないのな。
初代の車体に書いてある「ファッションパワーNo.1」には
うすうす疑問を抱いておりましたが、
「パワーNo.1」であることは間違いなさそうです。

わかりやすく説明しますと、初代の方は
地下駐車場から出すときに、階段のスロープを人が乗ったまま登れる。
セカンドの方はパワー不足で登れません。
タンデムしたときも、初代の方は車体が長く重心が下にあるので
かなり安定します。雨の日も安心。
セカンドは軽く小回りが効きますが、安定性が悪い。

これから電動バイク購入を考えている方に、
ご参考までに。いないと思うけど。

ちなみに中国人の同僚の人たちは、
BMWとかジャガーとかレクサスに乗って会社に来てますが…。
はは。
こたつをまとっても、心は錦ですよ。

 
  • 2017.11.15 Wednesday
  • -

     



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif