台湾駆け足の旅その1

今週末から秋の大型連休(9連休)の国慶節が始まるのですが、
その前に金土日と台湾に遊びに行ってきました。
国慶節だと飛行機のチケットがばか高くなるのだ。

0925_35.jpg

上海から台湾までは飛行時間1時間半くらい。九州よりもっと近いのだ。
朝8時台初の飛行機に乗れば、昼飯から台湾で楽しめる。

0925_01.jpg

ということで、ホテルに荷物を置いて、金峰ルーローファンに直行。

0925_04.jpg

すんごい久しぶり!
今回は台湾初めての友人と一緒なので、2泊3日で台湾ダイジェスト版やったら
こーなるかなという感じの詰め込み旅であります。

0925_03.jpg

しかしやっぱり台湾料理も甘いな〜。上海と同じくらい。
金峰ルーローファンは、個人的にはスープがいけていると思います。
右上は苦瓜と豚のスペアリブスープ。右下は鶏肉とハマグリのスープ。

0925_02.jpg

相変わらずの行列だったけど、2人だと待たずに間に入れた。
からの、すぐそばの中正記念堂へ。

0925_05.jpg

蒋介石ゆかりの観光地です。
それにしても、暑い!死ぬほど暑い!
早くも死にそうになる。
テレビのニュースでも「秋分の日なのにくそ暑い」といういのがニュースになるほど。

中正記念堂のなかで涼んだあとは、晴光市場へ。

0925_06.jpg

わー懐かしい。
台湾がすごいのは、4年たっても店がほぼ変わっていないこと。
上海は商店の栄枯盛衰が激しく、4年経つと不人気店も人気店も結構入れ替わる。

0925_07.jpg

変わってない晴光意麺。

0925_08.jpg

台湾は上海に比べて、時間の流れがゆっくりしている。
扇風機にあたりながら、小吃をぼーっと食べてると、旅情に浸れるのだった。

そのまま足マッサージへ。足が軽くなったところで、故宮博物院へ。
自分も初めて行くであります!

0925_09.jpg

あれでしょ?
豚肉と白菜があるところでしょ?
と思っていたら、ほかの展示物や特設展示も結構気合入っていて面白かったです。
豚肉は公開していなかった。

0925_10.jpg

白菜というより、使いかけの娃娃菜(小型白菜)ですな。

漢字の源流展が面白かったです。
漢字は生まれたときから今までずっと形を変え続けているというくだりがあり、
台湾、日本、中国の漢字が違うのも、その延長線上なのかと思うと趣深い。

2年以上簡体字の中国で暮らしていると、台湾の繁体字の中国語は、
ぱっと見た時に「むむっこの字なんだっけ!?」となって面白いです。
それでも、展示物の原始的な漢字を見ていると、意外と理解できちゃうので、
表意文字のすごさを思い知る。

0925_11.jpg

からの、林森北路でエビ釣り!

0925_12.jpg

なんかエビ飼育の安全性の問題で、閑古鳥らしいですね!やったぜ貸切。

0925_13.jpg

お店のおじさんも、超丁寧に教えてくれます。閑古鳥効果かなあ。

0925_15.jpg

餌もスペシャル餌をただでサービスしてもらいました。
これは…ともぐい?

0925_14.jpg

じゃんじゃん釣れるでありまーす!
ビール飲み飲み、1時間で7、8匹釣って終了。これはイージーすぎるな、、。
友人と合わせて10匹以上あったので、6匹だけ焼いてもらうことに。

0925_16.jpg

いっただったきまーす!
エビ釣り楽しいなあ。上海にもあればいいのに。
エビのあとは鉄板の小籠包を食べにいき、
1日目の夜が暮れていったのでした。

つづく!


     
関連する記事



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif