孔已己コンイージーのあの鶏その2

前回からの続きです。
※丸鶏が出てくるので、苦手な方はそっとじ推奨



これを自分の家で再現してみたい〜

鶏肉はジューシーで柔らかく、タレは甘め。
そして紹興酒の香りがどーんと。アルコール分も残っている。

実は以前にも1回チャレンジしていて、
そのときは圧力鍋で煮込みました。あれ、美味しいけど、
肉のテクスチャが違う、、かも?
という訳で再度挑戦です。



丸鶏スーパーで買ってきたでー。
予算の都合上、年老いた雌鳥(老草鸡)です。
結論からいうと、脂がこってり乗ったブロイラーが良かったな。



お腹の中を軽くあらって、ネギと生姜スライスを。
中を見たら、ハツとレバーが残ってました。
問題ないのでそのまま続行。



コンビニで買ってきた安い紹興酒。
本当は量り売りの奴が激安なので(2リットルで200円とか300円とか)
それが良かったんだけど、なかったので。



1瓶、どぼどぼと注ぎます。さらに水も足した。



塩きつめ、ざらめたっぷり、醤油、鶏ガラスープの素を入れて、
炊飯ジャーにセット。保温で!


この日は叙々苑(にせもの)に焼き肉を食べに行ったので
その間、保温で3時間くらい放置。
そののち常温に冷まして、冷蔵庫で1日放置。
温めなおしたものがこちらです!



お、、近い、、けど、肉の質感が違う〜!
タレの味は近づいてきたぞ。
でも肉が締まっちゃってるな。
元の肉質もあると思いますが、やっぱなんか違うな。



頭と足いり。
日本人だと苦手な人が多いですが、中国人でも苦手な人はいます。
頭、頚、足は美味しいんだけどなー。
とくに頚が好きです。
頚と比べると、モモや胸肉の味が単調に感じる。

なんで違うんだろう〜と思い、
绍兴醉鸡(紹興風のよっぱらい鶏)の作り方を調べたら、
鶏は最初そのまま茹でて冷まして、
その後醤油や紹興酒のつけタレに漬けるみたい。
なるほど〜?
だから柔らかいのかな。
でも孔已己のは熱々で出てくるんだけど、、
タレに漬けたあと、蒸してるのかな?

まだまだ探求が必要なり。


     
関連する記事



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif