残りもの弁



正しく全部のこりもの。前回とほぼ中身が変わっていない。。
ソーセージの代わりに、久光のできあいの鶏唐が入りました。
久光というのは、有名な日系スーパーです。

アピタ、久光、高島屋、伊勢丹は、魚介類が「おお」というものが
入ってることがあって、なかなかなのだった。
先週は伊勢丹の地下で、生本マグロのすき身が600円くらいで
売られてて、うはうはー。
生だ〜、しかも本マグロだ〜。
とろとろで美味しかったです。

上海に入ってくる海の魚は、個人が買える店では
たいてい冷凍になって売られています。
生で、鮮度が良い海の魚は、なかなか無いのだった。

中華料理で使う淡水の魚や海老は、活きたまま
路上の魚屋さんなどでも沢山売られています。
しかし匂いがあるので、ちょっと料理のハードルが高い。
淡水魚よりかは、蛙やザリガニの方が
美味しいし、食べたいと思うな〜。



意外と手に入りやすい食材は、
ぜんまいや、ネマガリタケの水煮。
日本輸出用の商品がそのまま安く売られています。
あ、冷凍食品とかも日本向け商品が安く買える。

それからキノコ類は、日本より全然豊富です。
雲南省は、四季のうち3つの季節が「春」といわれ
山菜やきのこにぴったりの気候!
なので、きのこのメッカなのだそうです。
キノコ狩り二ストには天国なんじゃないだろうか。
行ってみたいなー。
 

     
関連する記事



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif