紹興料理ランチ

先週のランチに紹興料理屋さんに行きました。
新天地からてくてく歩いて、老西門まで。

1214_01.jpg

先週は寒くて雨が降った日が多かったので、いちょうがきれいに紅葉しました。

1214_02.jpg

新天地の周りは再開発された場所だけど、すこし歩くと
昔ながらの街並みが残っている。

1214_03.jpg

着いたやでー
ここは、紹興酒の量り売りもしてるよ、と教えてもらい
まずは紹興酒売り場の方へ。

1214_04.jpg

レストランの隣に、紹興酒の売り場が併設されている。
売り場っていっても、紹興酒のかめが雑然と置かれたスペースなんだけど。

1214_05.jpg

もちろん買いましたとも。。
だって500mlで100円ですよ!買わずにはいられない!
1リットル買って、200円!ボトルの代金が20円。

みんな自宅からボトル持参で来るそうです。
大五郎の空きボトルみたいな、大きなボトルを持って。

1214_06.jpg

注ぐだけでも良い香り。うっとり。
紹興酒買ったところで、隣のレストランでランチ。

1214_08.jpg

紹興の名物という、豆腐のおかず。
豆腐か〜、あんまり惹かれないなあ、と思いきや、
この豆腐ふしぎな食感でおいしい。あまじょっぱい味付け。
高野豆腐でもないし、練り物でもないし、
とにかく酒の肴にぴったりの味。

こ、、これは、、

1214_07.jpg

この烏龍茶、色が濃くて、香りがとっても良いなあ。

1214_09.jpg

セロリの炒め物。
西洋からきた野菜は「西」がつく、という(セロリは西芹)
話をききながらセロリを食べる。
胡瓜も同じで、「胡」の字は西方をさしていて、
でも「胡瓜」は昔の言い方でいまの中国では「黄瓜」なんだよね、
という蘊蓄を披露された。

あー、日本ではまだ「胡瓜」と言うよ、
と伝えたら驚かれた。

1214_10.jpg

これは紹興酒で煮込んだ鶏。うまいんだな。。
紹興酒にでら合う味。

幸せなランチであった。

1214_11.jpg

上海は開発が進んでいて、ここらへんも
何年かあとには無くなってしまうかもとのこと。
そうなのかー。
この芸術的な干し方と、色あいよ。 

1214_12.jpg


なんだこの乗り物!
こういうアニメのキャラクターがいるんだって。
おもしろいなあ。

会社に帰ったら日本から送った荷物が届いていた。
12月8日に送ったものが12月10日に届いた。最速である。


Amazonで買ったよつばと(間違って2冊買った、、)
とアサシンクリード、武田花の写真の本。

よつばとの1冊は日本のコンテンツに詳しい人に贈呈しつつ。

台湾ではよつばとが大ブームでしたが、
中国はまだまだそこまで行ってないのです。
ナルトやワンピース、コナンがすごーーく人気。
ベーシックな、いわゆる「漫画」だな。
上海図書館では日本語のナルトやワンピースの
貸し出しもやってます。

大学生で日本語を専攻してる人も多く、その人たちの間口は
日本のサブカルチャーからなんだそうです。
漫画やアニメの力は、国策の情報操作なんてものともしないのだった。

上海に引っ越すときに、漫画も全部デジタル化しちゃったんだけど、
全部そのまま持ってきて、会社におけばよかったと後悔中。


     
関連する記事



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif