おうちで火鍋ごっこ

0119_01.jpg

無化調の火鍋スープを成城石井でゲットしたので、おうちで火鍋屋さんごっこした。

0119_02.jpg

じょーん。
ちゃんとナツメや八角も入っている。

0119_03.jpg

まずは絶対かかせないパクチーを、隣の農家の産直で買ってきてー。
こんな山盛りで200円。おそるべし産直。

0119_19.jpg

農家さんに聞いたら、秋まきのパクチーで、今が旬らしいです。春蒔きのよりうまくいくって。
香りがたって、ほろ苦くて、柔らかくて、たしかに冬のパクチー美味しい。
いま、パクチーだけじゃなくて、クレソンやルッコラや、香りがあってほろ苦い葉物野菜が
めちゃくちゃ美味しいです。一番寒いときに美味しくなるのなー。

0119_04.jpg

じゅんびでけたー。

0119_06.jpg

火鍋は、つけだれが必要です!
キムチ鍋と似ている赤いスープなので、そのまま食べたくなりますが、つけだれが必要な料理です。
たれは各自ブレンドするのが火鍋の掟。

0119_07.jpg

これは中国の火鍋屋さんの、つけだれブレンドコーナー。
小鉢を持って、自分で好きな調味料や、薬味をあわせていきます。
台湾でもどこでも火鍋屋さんはこんな感じ。

0119_08.jpg

だいたい適当でも大丈夫。大きくわけると
.圈璽淵張據璽好箸泙燭魯乾泪戞璽垢離織譟
▲乾淕ベースのタレ。
9酢ベースのタレ。

な感じ。日本のしゃぶしゃぶでいうと,魯乾泙世譟↓△魯櫂鷽歸な。

0119_09.jpg

△離乾淕ベースというのは日本ではなかなかないタレかも。
火鍋のスープ(鍋底)は、注文時に辛さの選択ができるんだけど、
中国人でも結構辛いときがある。そんなときはゴマ油タレで、鍋の具をすすぎw
辛さをマイルドにして食べる。という技もある。

0119_11.jpg

具はこんな感じ。羊肉、モツが火鍋らしい。普通の牛豚鳥もある。
野菜は無限にあって、自分は冬瓜やレンコン、きくらげ、えのきなんかが好き。豆苗も鉄板。

0119_12.jpg


これはセンマイときくらげ。
美味しいよ〜。

0119_04.jpg

ひるがえって我が家!

0119_05.jpg

お肉は羊の肩ロースがスーパーで売ってたので買ってきた!美味しかったー。
日本でもこんな美味しい羊売るようになったのね。モツは豚ハツ。
それから自家製ぎょうざの冷凍してあったやつ。

0119_13.jpg

タレはピーナッツペースト、すりごま、黒酢、沙茶醤(海鮮うまみ味噌)、醤油、パクチー。
それに鍋のスープを足して割ります。

0119_14.jpg

もうひとつは、ごま油、黒酢、沙茶醤、にんにく、しょうが、醤油、パクチー。

0119_15.jpg

鍋のスープがぐらっときたら具を入れてー。

0119_16.jpg

おお、家が火鍋屋さんのにおいがする!

0119_17.jpg

たっぷりあったパクチーは、東北地方の冷菜、パクチー和えに。

0119_18.jpg

刻んでさらした白ネギ、きゅうり、パクチー、青唐辛子の千切りを
黒酢、ごま油、塩、なんらかの味の素、で和えるだけ!
なんらかの味の素は、鶏ガラスープの素でもいいし、味の素でもいいし、白だしでもいいし。
ナンプラーや沙茶醤、オイスターソースとかだと吉。
中国だとこういう冷菜用の和えるタレが売ってるのだよな〜。
(どんなレシピもそのタレ味になってしまうという欠点があるけど、味はばしっと決まる)

作り方動画あった〜



火鍋すると汗たくさんかいて、汗がほんのりスパイスっぽい。
羊の匂いや、スパイスの匂いは、冬だなーという感じ。
翌日お腹がゆるくなるところまで含めて、火鍋だな。

この鍋底の味はースパイスたっぷりで香りばつぐん。
味はさっぱり系。化学調味料入ってないので。そのぶん苦味がちょっと強いかなー。
自分でスープ足して割ってもいいかも。
どっちにせよ鍋底の味だけでは持たないので、つけだれ必須。

0119_20.jpg

日本にも本格的な海底捞ハイディーラオが池袋や新宿にできたし、
わざわざ中国まで食べにいかなくて良いのがありがたい。
台湾の无老锅もできてくれないかなあ、、台湾の方がマイルド。

0119_21.jpg

こちらも産直で買ってきたターサイ。
ここの農家さんは台湾バジルを売ってたり、パクチーやターサイ売ってたり、
アジア系料理が好きなんだろうか、、
助かるんだけど、謎である。

0119_22.jpg

赤い写真ばっかりだったので、すがすがしい写真でも。寒いと花が長持ちで嬉しい。
 


よもぎしらたま2020

0113_14.jpg

お正月休みの最終日、よもぎしらたまを作りました!
おせち料理が苦手、餅も苦手、という、正月は苦難の季節。
餅を一回も食べなかったので、せめてものしらたま。

0113_01.jpg

まるぞーの散歩ついでに、空き地に生えてたよもぎをゲット。
うちの近所だと、公園の植え込みの下とか、川沿いの土手とかによく生えてます。
犬のおしっこゾーンは避けるべし。これで1人〜2人分です。

0113_04.jpg

よもぎを沸騰した湯で30秒ほど茹でて〜

0113_03.jpg

さっと水にさらし、ざるに上げます。

0113_05.jpg

ジューサーやミルサーなどで、水30ccくらいと合わせて、ガーします。
フープロだと繊維が残ってしまうかも。

0113_06.jpg

こげな感じ。

0113_07.jpg

今日は白いしらたまと、緑のしらたまを作るので、白玉粉を半分ずつに分けました。
悲しいお知らせがありまして、こちらの玉三の白玉粉は、
よもぎ入り粉が売っております。
そちらの粉を使用すれば自動的によもぎ味になるそうで。。

0113_08.jpg

まあ、いいってことよ。粉半分に、よもぎ液を入れます。
捏ねてみて、水が足りなかったらちょっとずつ水を足し、
ぺたぺたすぎたら粉を足します。
白玉粉は結構いいかげんでも大丈夫。
指やボールにくっつかない程度の硬さに捏ねます。

0113_09.jpg

できた。白い方も同じように捏ねます。こっちはちょっと水が多すぎた。
ボールに生地がつくようだと、ちょっと柔らかすぎる状態。(でもまあ大丈夫。。)

0113_10.jpg

したら丸めまして。
本当は、真ん中をくぼめた方が、茹でたときに芯が残らないです。
丸いままだと、芯が残るときがある。
(芯はかすかすして、火が通ってないような部分が出てきてしまう。)

0113_11.jpg

沸騰したお湯に入れて、浮いてきたら2〜3分で茹で上がり。
茹ですぎるとコシがなくなってくる。

0113_12.jpg

茹で上がったら氷水にとって、締めます。

0113_02.jpg

できあがりー!
あんこと栗を添えました。よもぎの香りがいい香りです。
早咲きの梅がもうほころび始めてて、
日が暮れるのが少しずつ遅くなってきている。
蝋梅でも見にいきたいな〜

 


          ↑これな、、

2年前に上海の月湖公園のよもぎで作った記事はこちら〜


夏野菜そうめん

0811_01.jpg

猛暑が続いていて、ぐんなりするが、残念ながら食欲は全く落ちない。
どころか、夏野菜が美味しすぎて、食欲が止まらない。
朝ごはんの揚げ浸し乗っけそうめん。みょうがの甘酢漬けをトッピング。

0811_02.jpg

野菜はまとめて買ってきて、揚げ浸しに。
この日は、茄子、みょうが、ブロッコリー、ごぼう。
ほかにはゴーヤ(ワタごと)、ピーマン(タネごと)、エリンギ、
パプリカなんかも美味しい〜。
冷たく冷やして、大根おろしのっけて、3日くらい保つので
仕事帰りの夕食にぴったり。

0811_03.jpg

こっちは夏野菜の天ぷら。

0811_04.jpg

みょうががいっぱい、、
会社の周りの人でみょうが好きな人がなぜか多く。一時的なみょうがブームが来ております。
天ぷら揚げる前に野菜がなかったので、小銭を持ってマンションの前の産直売り場に。
朝採れの茄子と大葉をゲット。

0811_05.jpg

はー、サクサクで美味しい!みょうがはもちろんのこと、
とくに茄子が、とろけるように甘くて、相変わらず産直の野菜は神がかっている。
(みょうがもご町内産)

0811_07.jpg

まるぞうとばっかり散歩に行って!と不満たらたらのぽんすけ。
ちゅーるでご機嫌うかがい。

0811_08.jpg

三連休はとくにすることもなく、暑いので家で涼みながらカルピス飲んでます。
普段行かないちょっと遠くのスーパーに車で買い出しに行ったり。
お刺身も、お肉も、野菜も、果物も、
全部安くて鮮度が良くて楽しかった〜。(主婦)
お米も佐賀の新米を入手できたし、固くて甘い桃が6個1,000円だったし、
にんべんのつゆの素が298円だったし…!
ものが良くて、普段買うスーパーの7割くらいの値段。。

さらに上海の高級スーパーで買い物してたときと比べると
1/2から1/3くらいの値段なので、本当にパラダイス状態です。
上海で揖保乃糸買うと、一袋900円くらいするのですよ。。

0811_06.jpg

揚げ物は、フライパンか片手鍋でやってます。
いろいろ試したけど普通の鍋が場所も取らず、今のところ使いやすい。
油はねの片付けには劇落ちくんのウェットシートが超便利。



もともとはフローリング掃除用に使ってたのですが、
(界面活性剤ではなく、電解水なので、二度拭きが不要でペットOK)
ふと揚げ物をしたあとのコンロや換気扇周り、調理台を拭いてみたら、
これがすげー便利。。安いし(1パック150円台)。



あとは安いオイルポットで、ある程度汚れたら買い替え。
温度計は7、8年使ってる赤外線のかんたんなやつ。
ボタン一つで瞬時に油の温度が測れます。壊れなくて長持ち。

バター醤油枝豆

家の周りは昔からの農家さんが多く、だいたい畑の横の敷地内に、産直コーナーがあります。
そのときそのときに採れた新鮮な野菜や花が並ぶのですが、
我が家で大ヒットしたのが、これ。

0724_04.jpg

採れたて枝豆!
6月中旬から7月中旬くらいまでが、世田谷の枝豆シーズンらしく、
残念ながら今はもう枝豆は終わっています。
今年は1ヶ月の間に、何度枝豆を産直で買ったことか。

0724_02.jpg

昔ながらの、野菜を並べて、お金を入れる缶が置いてあって、、という牧歌的な産直もありますが、
家の近所はみんなこのコインロッカー型。
決まった金額のお金を入れると、鍵が開いて中の野菜が取り出せる仕組み。

0724_03.jpg

朝に採った枝豆が300円で買えてしまうのです。すげー。
どの野菜も採れたては美味しいですが、枝豆とトウモロコシは、とくに時間が勝負だと思う。
味の濃さ、香りが全然違います。

0724_05.jpg

さやもピカピカで、全体にみずみずしい。
カメムシが枝豆の葉っぱ大好きらしく、たいていカメムシがくっついてます。
枝から切り落として、ざっと洗って、フライパンに入れて火にかけます。

0724_06.jpg

蒸し焼きに。豆だけ入れると焼き枝豆。歯ごたえと香りがある仕上がりに。
水少々を入れて蒸し枝豆でも。ほっこり風味がある仕上がりに。
茹でてももちろん美味しい。

0724_07.jpg

適当に塩をして、全体に味をなじませます。
半量はこのままプレーン味として取り置いて、残り半分をバター醤油味にします。
フライパンの塩を一度洗い流して、もう一度火にかけて

0724_08.jpg

バターを溶かし、醤油を入れます。
そこへ取り置いた半量の枝豆を投入し

0724_09.jpg

ざっと煽って馴染ませたら、完成ー。

0724_10.jpg

朝採れ枝豆のバター醤油炒めと、プレーンの焼き枝豆。
プレーンは鮮度の良い豆の旨味がひきたって、じんわり幸せ味。
バター醤油味は、醤油の香ばしさとバターと、豆の味がお互いを引き立たせて、
無心に食べ続けてしまうやばい味!

0724_11.jpg

週末はたいてい、まるぞうの散歩帰りに産直で野菜買って、つまみにして、昼からビール。
贅沢で幸せな時間なのだった。

枝豆だけでなく、トウモロコシも、トマトもズッキーニも
「ええっ」って唸るくらい美味しい。
ズッキーニはただ焼いただけでも甘くてジューシーで、、
焼いたズッキーニを噛むと、汁がほとばしるのですよ。

いまの家は駅から遠いし、会社からも遠いので、毎日地味に大変なのですが、
それを全部チャラにできるくらい破壊力のある朝採れ野菜たちでした。

0724_12.jpg

まるぞうに絡んでパンチを繰り出す、ごきげんなけろ。
けろは好きな人の前だと、しっぽがくるんと背中につく。

0724_13.jpg

ようやくけろがホットカーペットを使わなくなったので、しまえる。
もう7月も終わりだよー。

0724_14.jpg

ぽんはけろより暑がりなので、6月くらいには卒ホットカーペットしていた。

この家に越してきてびっくりしたのが、電気代の高さ。
60屬曚匹旅さで、部屋のしきりがないので、夏と冬はエアコン2台がフル稼働。
断熱効率が悪いコンクリ打ちっ放しのため、かなり無駄が多い。
しかもアンペア契約が70Aで、基本料金も高い。

ということで先月、アンペアを40Aに落とし、契約内容も変更しました。
結果、ようやく納得のいく料金に。それでも高いけど。。
もっと早く手続きしておけばよかった。

0724_01.jpg

ヤマドリタケモドキ追加ー!このでかさ!ずっしりきます。
1日ですごい大きくなる。きのこの不思議をかみしめつつ。

あ、もちろん昨日食べたあとも体調崩すなどなく、無事で生きておりますよ。
クリームが余ったので、もう一発、食べどきサイズなこちらで、パスタ作ろうかと。

日本のヤマドリタケモドキは厳密には色々な種類があるらしく、
本来のポルチーニであるヤマドリタケより香りは落ちるらしいです。
たしかにそんなには香らないんだよなー。旨味はあるけど。

レストランで生のポルチーニ食べるとすっごいお高いから、
1度か2度しか食べたことないし、酔っ払ってて味の記憶がない。
後学のために今度食べてみようかな。。

上海に住んでたときだったら、雲南省のフレッシュきのこが
淘宝網で買いたい放題だったのにー。残念!
アミガサタケでもトリュフでもポルチーニでも、
フレッシュなものが簡単に手に入る。(ただし近縁種の場合も)

きのこ楽しいよきのこ。
 


そら豆のフリッター

0421_11.jpg

そら豆シーズンに入り、最近よく作っているそら豆フリッターです。
ビールに合うし、ワインにも合うし、そら豆の食べ方の中で一番お気に入り。

0421_06.jpg

そら豆はさや付きで買ってきます。揚げ油を火にかけつつ、さやと薄皮をむきます。
佐島の丸吉で買ってきた小イカもあったので、内臓と目玉とくちばしを取り、スタンバイ。

0421_07.jpg

衣です。小麦粉適当、あとはビールor発泡酒。
ぷしゅっと開けて、まずは一杯。。

0421_08.jpg

一杯飲んだ後に、おもむろに小麦粉にじょぼじょぼとビールを投入。
ホットケーキの生地よりちょっとゆるいくらいに伸ばします。
まぜすぎると粘りが出るので、適当に。

0421_09.jpg

そら豆をばらばらと入れ、衣をつけ

0421_10.jpg

180度の揚げ油に一粒ずつ投入。180度で、そら豆が入ると150〜160度くらいかなあ。
沈んでいたそら豆が浮いてきたら、1分〜2分程度で揚げ上がり。

0421_11.jpg

ざるなどにとって、塩をふりかけ、かるく全体を混ぜます。

0421_12.jpg

そら豆のフリッター、できあがりー!
衣がさくっとして、そら豆の香りが広がり、
甘くてほくほくして、最高!
天ぷらより全然簡単だし、ぜひお試し。

イカや魚を揚げるときは薄く塩胡椒して、小麦粉をはたき、
同じ衣をつけて180度で揚げます。
丸吉で買ってきたヒメジを揚げたら、ふわっとして、
めちゃくちゃ美味かったー。

0421_01.jpg

やい、やい!

0421_02.jpg

イカくれやい!
結構太って、小顔なのに身体マッチョみたいな感じになってきた、ぽんすけ。
抱っこするとずっしりするのだった。。顔は小顔でかわいいのに。。

0421_03.jpg

ぽんと同じ量を食べたり飲んだりしても、ずーっと体重が安定しているけろ。
一体なにが違うんだ。

0421_04.jpg

不沈空母けろ。
 


     



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif