そら豆のフリッター

0421_11.jpg

そら豆シーズンに入り、最近よく作っているそら豆フリッターです。
ビールに合うし、ワインにも合うし、そら豆の食べ方の中で一番お気に入り。

0421_06.jpg

そら豆はさや付きで買ってきます。揚げ油を火にかけつつ、さやと薄皮をむきます。
佐島の丸吉で買ってきた小イカもあったので、内臓と目玉とくちばしを取り、スタンバイ。

0421_07.jpg

衣です。小麦粉適当、あとはビールor発泡酒。
ぷしゅっと開けて、まずは一杯。。

0421_08.jpg

一杯飲んだ後に、おもむろに小麦粉にじょぼじょぼとビールを投入。
ホットケーキの生地よりちょっとゆるいくらいに伸ばします。
まぜすぎると粘りが出るので、適当に。

0421_09.jpg

そら豆をばらばらと入れ、衣をつけ

0421_10.jpg

180度の揚げ油に一粒ずつ投入。180度で、そら豆が入ると150〜160度くらいかなあ。
沈んでいたそら豆が浮いてきたら、1分〜2分程度で揚げ上がり。

0421_11.jpg

ざるなどにとって、塩をふりかけ、かるく全体を混ぜます。

0421_12.jpg

そら豆のフリッター、できあがりー!
衣がさくっとして、そら豆の香りが広がり、
甘くてほくほくして、最高!
天ぷらより全然簡単だし、ぜひお試し。

イカや魚を揚げるときは薄く塩胡椒して、小麦粉をはたき、
同じ衣をつけて180度で揚げます。
丸吉で買ってきたヒメジを揚げたら、ふわっとして、
めちゃくちゃ美味かったー。

0421_01.jpg

やい、やい!

0421_02.jpg

イカくれやい!
結構太って、小顔なのに身体マッチョみたいな感じになってきた、ぽんすけ。
抱っこするとずっしりするのだった。。顔は小顔でかわいいのに。。

0421_03.jpg

ぽんと同じ量を食べたり飲んだりしても、ずーっと体重が安定しているけろ。
一体なにが違うんだ。

0421_04.jpg

不沈空母けろ。
 


アマトリチャーナ3連発

0421_05.jpg

土曜のランチはアマトリチャーナ。
チーズがパルメザンなので正確には違うのだけど、、
金曜日に来客がありサルメリア69の生ハム盛り合わせを用意したら、結構残ってしまった。
パンチェッタがあったので、にんにく玉ねぎなんかと合わせてアマトリチャーナ風。
トリュフ入りサラミとかも入ってて、でら旨くできた。
先週はトリッパも煮たので、フレッシュのタイムとセージがあり、何に入れても旨い。

0421_04.jpg

金曜日のランチに、葉山のラ・マーレで食べた春野菜のアマトリチャーナ。
アマトリチャーナなのに鷹の爪入ってピリ辛!美味しいかったー。

0421_01.jpg

これは木曜日のランチで食べた、東銀座のシチリア料理のお店のアマトリチャーナ。
麺が生パスタだった。
シンプルでトマトのうまみが強い。

0421_02.jpg

金曜日はラ・マーレも混んでなかった〜。

0421_03.jpg

良い天気でした。佐島まで遠征して丸吉も行った。

0421_06.jpg

土曜の朝ごはんはトマトの冷製パスタ残った生ハム添え。
この生ハムはコッパ・ディ・パルマ、豚肩の生ハム。

0421_07.jpg

残ったサラダも入れたので、なんかさっぱりと、美味しかった。
もう冷製パスタとかそうめんが美味しい季節になってきた。
冷蔵庫の製氷機がフル稼働です。

0421_13.jpg

天気が良いと、まるぞうが散歩に誘ってくる。

0421_14.jpg

「こんなにいい天気なのにどこも行かないでやんすかー」

0421_15.jpg

「ごろごろしてないでー」

0421_08.jpg

しょうがないなー。
アミガサタケパトロールをしつつ、まるぞうの花見散歩へ。

0421_10.jpg

ご近所のフラワーガーデンが死後の世界のようにきれいになっている。

0421_12.jpg

わお!先週見た黄緑色の八重桜は、ピンクがさしていた。
ウコンかと思ったら御衣黄なのかなあ。

0421_11.jpg

ピンクが渋いピンクで、黄緑と黄色も浅く、和風の色の取り合わせで
すごく素敵なのだった。染物みたいな色。

0421_09.jpg

モッコウバラも咲き出したし、どこを歩いても花盛りで幸せ度が高い毎日でした。
 


野草のおかず

0414_12.jpg

摘んできた葉っぱをおかずにします。

0414_17.jpg

のびるは、土を洗い流しながら剥がれてきた薄皮を剥いて、
根っこと葉先を落とし、さっと湯通しします。10秒〜20秒くらいかなあ。

0414_18.jpg

適当な長さに切って、酢味噌(砂糖、味噌、酢)で和えれば
酢味噌和えの完成〜。魚介を添えればヌタになります。

0414_19.jpg

野蕗は、葉っぱを落として茎の部分だけにし、ビニール袋につっこみ、
塩を大さじ1ほど入れて、もみもみします。
鍋にお湯をわかし、塩ごと蕗を投入。この太さなら2分程度で茹で上がり。
水にとって、煮物にするなら薄皮をむきます。
キャラブキにするならそのままカット。
白だし、酒、みりんで煮ればあっという間に煮物完成ー。

0414_16.jpg

柿の葉っぱは、天ぷらにするだけ!
清涼感のある香りで、甘く、食べやすい。
クセがないので、ちょっと物足りないかな。。
蕗やウドの天ぷらと一緒に盛るといいのかも。

以上、今週の金欠おかずでした。

もつ焼き

横浜から引っ越してしまい、
宮川橋もつ肉店からも遠ざかり、(車橋はオーナーが替わり)、
もつ放浪中。

0304_01.jpg

先週行ったもつ焼き屋さん。
美味しいモツ料理は世界にあるけれど、生でとか、
香辛料使わないで、というところが日本は特徴あるなーと思う。
(味噌煮込みやもつ鍋とかもあるけど)

0304_02.jpg

もつ焼き食べながらカイジとか黒沢とか読むのが至福。
古いラーメン屋で餃子ビールを片手に、置いてある古い六平太とか釣りバカとか読むのも最高である。
ラーメン屋の漫画は味を増幅させる機能があると思う。

0304_02.jpg

ヴィンランド・サガとかキングダムが全巻揃ってたら毎日行っちゃうのになあ、、

0304_02.jpg

呑兵衛の定番、麺料理の麺抜き的なものは
上海の麺屋さんでもあります。
お酒飲みの考えることは国境越えるなーと思う。
蕎麦やの天抜き、リンガーハットの野菜たっぷり食べるスープとか
美味しいですが、このメンマと煮卵も美味しかった!

麺の具はたいていおつまみにもぴったりなのだな。


鯛茶

0213_01.jpg

昼が外食になると、魚のことが多い。もしくは七蔵。
3年間ずーっと七蔵が食べたかったので、そのブランクを埋めるごとく通ってます。
14時すぎだと空いてるし。

0213_02.jpg

三つ指をついて待っているお嬢様方。
待っているのは

0213_03.jpg

たまごパン。

0213_04.jpg

ゆで卵は猫も犬も大好きなので、いつも多めに茹でて、猫と犬にもおすそ分けをするのですが
それだけでは足りなかった模様。
落ち着いて食べられない。。

0213_05.jpg

1月中旬くらいから換毛期が始まったので、家が毛だらけです。。
猫がいつも寝ているちゃぶ台の簡易こたつの下のカーペットに
ぱくぱくローラーをかけたら、
超ごっっっそり猫毛がとれて、ため息が出つつ、ちょっとすっきりして嬉しい。

0213_06.jpg

春は嬉しいけど、抜け毛が難儀だなー。
砧公園の菜の花スポットがきれいで、毎回行ってしまう。

0213_07.jpg

菜の花も好きだし、菜の花の辛子和えも好きです。
ふきのとうも、菜の花も、上海で食べられなかったので、今春は思い切り食べている。

0213_08.jpg

花の写真撮ってると、しょーがないなーって顔をして待っててくれるまるぞう。


ぱくぱくローラーとはこれでございます。
ファブリック類についた犬や猫の毛が、永遠ととれる。
こたつとかソファとかクッションとか布団とかカーペットとか。


 


     



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif