アンズタケ

1008_01.jpg

休日の午前中、全員やることがない。ガンのつけあいをする、ぽんとまるぞう。

1008_02.jpg

そんなに?そんなに??
このあと、ぽんがまるぞうの鼻をぼかすか殴って、だいたい終わる。

1008_03.jpg

なもんで、まったりしたいときは、けろのそばが好きなまるぞう。
最近まるぞうは、ますます猫のことを学んで、猫のプロフェッショナルになっている。
猫式の挨拶もできるし、猫のテンションに合わせることができるし、犬って頭いいなあ。

犬は猫のカーミングシグナルを読めるようになるし(犬と共通のも多い)、
猫は猫で、犬に対して猫式の伝え方をするので(諦めずに)、
なかなかすごいなあと思います。

変わって、今日のきのこはこちらです!

1008_05.jpg

アンズタケ…ヒナアンズタケにしてはちょっと大きいので、多分アンズタケ。
ヨーロッパではメジャーなキノコらしく、ヨーロッパ産のものはまさにアンズの香りがするそう。
でも日本のはそんなに香らないんだってー。

1008_06.jpg

以前から何度か見ていて、においを嗅いで確認してたんだけど、
アンズのにおいは一向にせず、、。
でも見た目はアンズタケ。
似た種類のきのこで毒きのこもないので

1008_08.jpg

試してみよー。ちょびっとしか採れてないが。
オムレツがメジャーらしい。

1008_09.jpg

バターで炒めて

1008_10.jpg

卵1個でミニオムレツ。

1008_11.jpg

うーん。。
卵とバターは美味しいなあ。
アンズタケは香りもわからないし、きのこがあるなあ、くらいの感じしかしない。
残念。

1008_04.jpg

公園は、この前の台風の影響で、巨大な倒木がたくさん!
吹き飛ばされた落ち葉で地面が厚く覆われてて、
きのこも全然わからなくなってしまった。。

1008_07.jpg

この前のカニノツメが確認できました!
カニノツメー。
きのこ奥深すぎだろう。
 

チチアワタケ

0930_02.jpg

今日も雨の予報だったけど、朝に晴れ間が出たので、きのこパトロール。
まるぞうは朝の散歩も行って、2度目の散歩。つきあわせてすまぬ。。
でも犬連れてないと、ビニール袋を手に藪をあさる、変な人に見えちゃうのだよ!
(犬連れてても変だという話は置いておき)
似た人はいるもので、銀杏拾いの人や、どんぐり(トチノミ?)拾いの人もいた。

0930_03.jpg

ヌメリコウジタケが出ていたところに、同じようなヌメヌメきのこ発見!

0930_04.jpg

これは…?

0930_05.jpg

持って帰ってみた。
あ、左と右できのこの種類違う。

0930_06.jpg

右のきのこは青変する種類だった。同定できず。
左上と下は同じ種類で、よくよく見ると下の若いきのこ、裏に液体がついてる。
傘は超ぬめぬめしていて、柄につばがない。


出典:山渓カラー名鑑「日本のきのこ」より

これじゃな?
ふむふむ、、

0930_01.jpg

さくーん。昼飯に。みょうがと油揚げとチチアワタケ。
で、この味噌汁飲みながら、他の本やネットを調べてみたら、

ネット→以前は食べられていたが、体質によって中毒するので、今は毒菌扱い
本→2冊は食菌扱い、1冊は食べられるけど中毒すること有

どっちじゃー。
味は全く癖がなく、ふわとろさくっとしてて優しい口当たり。味が薄い。
中毒するリスクを冒してまで食べるような
美味しさがあるかというと、ないと思う。
中毒とはいっても、量を食べるとお腹下す、ということだそうです。

スギヒラタケもそうなんですが、昔は食べたけど、
今は毒扱いのきのこって結構あるなーと思いました。
スギヒラタケも子供のころ採って食べたことがあります。

ほかに今日みつけた面白いきのこは

0930_11.jpg

ぽつぽつと落ちてるうずらの卵

0930_12.jpg

カニノツメかな?サンコタケかな?
誰かに蹴られて壊れてしまっていました。

0930_15.jpg

ここらへんはスッポンタケの仲間の幼菌だらけで、
同じ種類のきのこが出てくるかと思ってたら、こっちはツマミタケだった。
スッポンタケかと思ってよくよく見たら、柄が違う。

0930_17.jpg

断面は、星型のスポンジ。
スッポンタケの仲間には高級食材のアミガサタケがあって、
なるほど構造が似ておる。


0930_08.jpg

肌寒いので、昨日から猫の福利厚生としてソファ用のホットマットを敷きました。

0930_10.jpg

しあわせ〜

0930_13.jpg

犬猫ほいほいの出来上がりである。



昨夜、とろけながらシンクロ寝をする母娘。
手足のポジションが一緒すぎてすごい。



ほかほかにゃ〜。

この母子はある程度広さがある快適な寝場所を用意しとかないと、
親子ゲンカが勃発するので難しいのですよ。。
 

ウラムラサキシメジのクリームパスタ

0929_01.jpg

今日も雨かー。さすがにちょっと鬱々とする。
ブランチにウラムラサキシメジのクリームパスタを作りました!

0929_02.jpg

午前中から雨が降り出す予報だったので、早めの7時に、まるぞう連れて公園へ。
昨日は快晴だったのできのこ無いと思いきや、
おお!立派なフェアリーリング!

0929_03.jpg

これは、、

0929_04.jpg

やっぱり!おとといも見たウラムラサキシメジでした。
ちょうど出る条件がそろったみたいで、離れた場所で何箇所かたくさん生えてるのを発見。
0929_14.jpg
出典:『おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑』主婦の友社



食べれるとは書いてあるけど、味については言及なし。
じゃあ今日は味をたしかめよー。

0929_05.jpg

もりっと。
流水でよく洗って、じゃぶじゃぶ、とやってたら、
触ってる指の先がぎしぎしして、うす青く染まっている。
アクがあるのかも。フキとかごぼうとかのアクみたい。
こいだけアクがあれば、えぐみもあるだろうなあ、って感じ。

0929_06.jpg

1回茹でこぼして、味をみてみたら、きのこの味のほかに、
最初に少しだけ渋みがきて後味がややえぐい。なるほどー。

えぐみはすこしだけど、ずっと口に残るので、
このえぐみを取らないと気になるかも。

でもえぐみを取ろうと思えば茹でこぼしたり、さらしたりで、
旨味も抜けてしまう。そこまでして食べる意味を考えさせられる。
ま、やってみましょー。

えぐみをしっかりとるために、
3回茹でこぼして、水を替えながら20分ほどさらしました。
くせを抑えこむために、今日はクリームパスタにしよー。

0929_07.jpg

オリーブオイルでたまねぎスライスを炒め、ベーコン少しと
焼いた塩鮭を1切れ分ほぐして、しめじを加え、さらに炒めました。
そこに水を切ったウラムラサキシメジ も投入。
バターひとかけらを入れ、さらに小麦粉大さじ3を加え、炒めます。

0929_08.jpg

牛乳1.5カップくらい加えて塩こしょうで薄めに味付け。
濃い味がお好きならコンソメキューブを一個投入。
これで2人分くらいのソースです。

0929_09.jpg

茹で上がったスパゲティと、茹で汁を加えて、まじぇまじぇ。
スパゲティは茹でるときにしっかりめに塩味をつけて、
クリームソースは薄めの方が、全体に馴染みやすいです。

0929_10.jpg

できたー!



うっふぅ、うめえ。
比較のためにスーパーで買ってきたブナシメジ入れたんだけど、
ウラムラサキシメジがうまい。
乳脂肪とも相性いいなー。
さらしたおかげで味や香りは薄まったけど、
じゃくじゃくした歯ごたえ、
傘にたっぷりソースの旨味を吸ってるのがたまりません。。

ただやっぱり旨味自体が減ってしまってるので
コンソメキューブとか、旨味を足すことが必要かも。
えぐみと一緒に出汁も流れちゃうのがよくないけど、
この歯ごたえと香りは面白いので、悲しむ(?)こともない感じ。

0929_12.jpg

雨降ってるし寝るしかないか、、な、まるぞうとけろ。

0929_13.jpg

でべし!
けろはまるぞうが好きだねえ。

 

ウラムラサキシメジ

0928_17.jpg

昨日いつものごとくまるぞうの散歩で公園歩いてたら、
こんなきのこが生えてた。ぱっと見、またヌメリコウジタケかなーと思って裏を見たら

0928_16.jpg

むっ むらさきっ!!

0928_15.jpg

傘側はこんなん。
iphoneのkindleのきのこ図鑑で調べたら、載ってない。
ネットで調べたらウラムラサキシメジで、2000年代くらいから認識されたきのこで
載ってない図鑑もあるんだとか。(2015年の『比べてわかるきのこ』には掲載)
食毒不明で、食べた人もいるし、
大丈夫ともだめだとも、まずいともうまいとも
評価がまだあんまり定まっていないみたい。
でもこちらのレポートがとても興味深い!ので

0928_18.jpg

やってみましょー そーしましょー (真似しないでね!)
とりあえず、茹でこぼして

0928_19.jpg

お湯が黄色くなった、色素かな。

0928_20.jpg

えぐみが少しある、とのことで、このあと流水で30分ほどさらしました。

0928_21.jpg

そのあとお出汁と醤油とみりんで味付け。味見したら、、
あ、おいしい。
傘はぬめりがあって、くきはしゃくっとしてて、
茹でこぼしてさらした割にはちゃんと旨味も残ってる。
あとこのひだのところがお出汁を吸うのが地味にうまい。
傘の表側も紫になりました。アントシアニンかな。

とはいっても
自分で山のきのことって食べたことがあるのは数種類しかないので
比べようがないですが、、ジコボウよりかは美味しい。
ジコボウたくさん採れるけど、そんなに旨味がない気が。

0928_22.jpg

夕飯は天然ぶりの味噌漬け、満願寺とミョウガの味噌焼き、すぐき、
ウラムラサキシメジのお味噌汁。

大丈夫、生きてますよー。

たしかに後味で、しばらく口の中に違和感というか、
なにかがある気もする。ない気もする。うすーいえぐみなのか、、

そういえば前回きのこ狩りに行ってから、もう6年もたつのであった。
早いなあ。
ハナイグチとりにいきたいなー。
そんな秋の日でした。

 

きのこきのこ

0923_01.png

そうなんです!今朝はじめてイグチを発見しました!
(イグチというのはどら焼きみたいなキノコで、食べられる種類が多い。毒もある)

0923_01.jpg

おー!イグチは目立つので興奮する。

0923_02.jpg

これはー、、残念ながらヌメリコウジタケ、酸っぱいので不食のきのこだそうです。

0923_03.jpg

じゃーん。きもい。ノウタケ(脳茸)もたくさん生えてました。

0923_04.jpg

割るとこんなん。一応食べれるけど、美味しくないみたい。
まわりの銀杏拾って食べた方が美味しいですね。

0923_05.jpg

キツネのシリーズ、キツネノハナガサ。



キシメジ(たぶん)がめちゃくちゃ群生してる。

0923_07.jpg

キシメジは日本では食用として食べられてきたのですが
近年、毒があるのでは、とされていて、食べることはおすすめできないそうです。

0923_09.jpg

こちらはおなじみ、キクラゲ!
調布の家の庭にアラゲキクラゲが発生して、食べたのも良い思い出です。
死ななくてよかった。



これはツチグリ。エリマキツチグリかな?
ツチグリはタイ料理の食材として、缶詰入りのが売ってるそうです。

0923_10.jpg

オオシロカラカサタケ、かな?ソフトボールくらいのサイズでした。
傘が開いたらすごく大きいと思う。

いかがでしょうか。
公園なのにこんなにきのこがある!とちょっとびっくりしました。

同定できないものが大半で、この何倍も種類がありました。

ひと雨ごとに、温度が下がるごとに、違うきのこが出てくるのも
とてもわくわくして面白いです。
図鑑でしか見たことがなかったきのこが見られて幸せ。



 


     
1



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


東京に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif