ぎゅうにく弁当

火曜日の弁当です。いただきものの今半のぎゅうにく飯〜



前の日の夜に家呑みをして、
メニューは冷しゃぶ、唐揚げ、だし巻き、浅漬け、ぎゅうにく飯でした。
つまみは四国の姫貝と、塩竈で買った干し蛍イカ。酒は清水清三郎商店の作。
日本にいたときより、各地のおいしいものを食べている気がする。。



その残りでお弁当。
唐揚げは、鶏肉に下味をつけて冷凍しといたものを
解凍して、揚げました。味がしみてておいしい。

翌日も翌日も弁当で写真も撮ってあるのだが
家のネット回線が繋がらず、アップできず。
(これは会社から)
悪名高い中国の「金盾」ですが、
これがなかなか面倒な邪魔をしてくれるのです。

繋げようとしているインターネット会社ごとに
フィルターが違ったり、フィルターが日によってあったりなかったり、
回線自体が遅かったり。
VNPもつながったりつながらなかったりで複数契約が基本です。

どういうことかというと、
まるべんを自分でみようとしたときに
・中国移動のスマホからだと、見られる日と見られない日がある。
・会社の回線だとVPN経由で見られる。
・家の回線だとそもそもVPN業者にすらつながりずらい。(前はできた)

ただし中国国内のサービスを使う分にはさくさくなのが
そこはかとなくイラっとするのだった。
(たおばおや、百度、たくさんある便利アプリなんか)

これは中国で暮らす以上、イラっとしたら負けなので
黙々とDNSキャッシュクリアやVPNサービス変更なんかで対応してます。

そしてまた明日から九州。わーい
 

花と九重連山



土日月で、また九重連山行ってきました。
上海浦東を9時フライトで、佐賀空港に11時半着、12時に佐賀の菊やで刺身定食。
これは黄金コースなので外せない…。菊やは今日も大盛りでした。
(板長が休みの日は小盛りになるらしい)

長者原に車を置いて、雨ヶ池コースで坊がツルをめざします。



前回は寒波が来たあとだったので真っ白だったけど、
今回は新緑である。15時くらい。良い天気〜。



はじめの樹林帯は、ブナやミズナラ、クヌギや広葉樹の新緑がとてもきれい。
ホトトギスも鳴いています。



今回の目的、ミヤマキリシマ。
だが超絶うっかりミスにより、満開の時期を一ヶ月間違え
(オンシーズンは5月末から6月中旬)
頂上付近はほとんどつぼみばかりでした。
いやー、きれいなんだけど、ぱっと見、街路樹のサツキと
あんまり差がないような、げふげふ。
でもこれが場所によっては斜面に、一面に咲くとのことで、
満開のときはすごいと思います。



気持ち良い山歩きを終え、坊がツルで鹿を見て、本日のお宿
法華院温泉山荘へ。



この山荘は居酒屋山荘と行っても良いほどの
酒飲みウエルカムな山荘である。
鹿肉とか、鶏モモ炭火焼きとか、やまめの薫製とか、
各種お酒とか、やばいのだった。



鶏天、おでん、わさび和え、なます、ポテサラ、味噌汁。至福である。
鹿の角煮もおいしかった〜。

しかもしかも、ここは山関係の漫画がすっごいそろっているので、
ご飯食べ終わったあとに、お酒片手に満喫状態が楽しめるのである!
もちろん温泉もある!
谷口ジローの「K」を読みながら夜更かししたのでした。。



翌朝は残念ながら、曇り。でも肌寒いくらいで、登りにはちょうど良い!
ばてない気温なので、さくさく登れます。中腹から、坊がツル。



緑が目にしみる。



頂上付近はガスがずーっとかかってて、そのおかげで
高山植物がしっとりと、良い色に。イワカガミ。



久住山、中岳、御池をまわり、スガモリ越、硫黄山道路経由で下山しました。
うーん、2回目も眺望ゼロか。もう一度行かないとだなー。



長者原から黒川温泉までは、車で20分くらい!
これは行くしかない。
ふもと旅館で気持ちの良い露天風呂を満喫しました。



2日目のお宿は、星野村のバンガロー。
キャンプしたいが道具がない、というジレンマをかなえる、バンガロー。
夜はスーパーで買ってきた鶏肉などを焼き、
たき火をし、お酒を飲み、大変楽しかったのでした。
カエルの鳴き声が非常にうるさいが、良いとこだったー。



上海はたき火禁止なんだよねえ。キャンプ場もいいとこないし。



3日目は佐賀空港までひとっぱしり。
空港で佐賀ん麺(というオリジナルちゃんぽんがある)をシメに食べ、
旅は終わったのでした。
特性ちゃんぽんより、絶対この佐賀ん麺の方がおいしいと思う!
透明なのはコラーゲンです。

おしまい。
昨日の夕方、上海に帰ってきて、今日はこれから東京出張で
明日から東北ロケ、土曜日に上海に帰ります。
 

サンドイッチとおむすび

先週のをまとめて。

0509_01.jpg

チェダーチーズとハム、きゅうりのサンドイッチ。全粒粉パン。メロン。

0509_02.jpg

コールスローとハムのサンドイッチ。普通のパン。ミニトマト。

0509_03.jpg

おむすび!日本のあきたこまち、ゴマきなこふりかけ、糸島の梅干し、
青じそ、有明の海苔。おいしいに決まってる〜。

0509_04.jpg

翌日は手抜きで、カップヌードル。
これを取り出して、お湯を注いで一人でずるずる食べてたら、
周りの人がドン引きしていました。。
・お金が無いのか(大事なランチをそんなもので凌ぐなんて)
・身体に悪いぞ
という意見多数。

みかねたルルちゃんが、翌日のお弁当を持ってきてくれることに。
ルルさま・・!

0509_06.jpg

翌日はルルちゃんのお父さんのお弁当!
ありがとうございます!
相変わらずのハイクオリティーすぎるお弁当。
イカとか、これ、生のイカをちゃんと自分で切れ目入れて
炒めてあるのですよ!シーフードミックスじゃなく。すっげー。

0509_05.jpg

この青い卵は、あひるの塩卵。立夏に食べるものなんだそうです。
二十四節気が食べ物とともに、しっかり根付いている中国。
味が濃いので、ご飯やお茶漬けとともにいただくそうです。

エビの右横の黒いのは、きゅうりのお漬け物。
そのしたの茶色いのは、豚肉味付きフライ。
おなかいっぱいじゃ〜

0509_14.jpg

日が長くなって、しかも先週は仕事が暇だったので、
仕事さっくり終わらせて上海ブリュワリー。くあー。

0509_09.jpg

外で飲むビールや鍋がうまい季節になりました。
老北京羊しゃぶ鍋の、外席。一席だけ。

0509_10.jpg

右においてある野菜は、奥側から、
豆苗、中国春菊、香菜、きくらげ。
テーブルの上は奥から、腎臓、たけのこ、東北酸菜。

0509_11.jpg

東北酸菜は白菜の酸菜で、うまいんだな。
ただの酸菜、というと、高菜が出てくることが多し。
あーこのジューシーな羊ちゃんよ・・。

0509_12.jpg

なんせ、店先で羊の塊から切り出してて、注文すると
あらよっと、皿をこっちによこしてくれるのだった。
老北京涮羊肉。
涮シュアン、は「すすぐ」という意味だそうで、
しゃぶしゃぶのことですな。
ほかにも熱汽羊肉、という名前でも、だいたい同じ鍋です。

しかし羊の旬は寒い時期だそうで
(そもそもくそ暑いときに、この暑い鍋は地獄だろうに)

暑くなってきた最近は、ざりがにのシーズン!



道端のテーブルで、ビール飲みながら、ざりがに食べるよー。
スパイシーピリ辛味で旨いんだな。
ざりがにもしゃこも、手がびしゃーっとなりますが、おいしさに変えられない。



これはしゃこ!
あー、みてるだけでビール飲みたくなってくる。。



よく頼む、おつまみセット。
きくらげ和え物、よだれ鳥。
これにキュウリのにんにく香菜和えがあると、青島神をまつる三種の神器。



そんなつかのまの、過ごしやすい季節な上海でした。

0509_07.jpg

猫も元気ですよー。

0509_08.jpg

不満げなぽんお嬢様。
先生を家に呼んで中国語の授業をしていると、ぽんが出てきて、
にゃあにゃあ鳴いて真似をし、膝の上でぐねぐねするので
授業にならないのだった。
 

     



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>


上海に住んでます。
サラリーマンです。
趣味はカメラとゲーム。
     


マガハから〜。


0530_07.jpg
banner_22.gif
レシピブログバナー.gif